A D M I N
topimage

2017-09

最新記事一覧  

豪華絢爛 鏡の間の美しさ ヴェルサイユ宮殿見学 - 2015.01.28 Wed

私が泊っていたパリのホテルからは
少し遠かったですが
イル・ド・フランスにある
『ヴェルサイユ宮殿』まで
ちょっとした列車の旅を楽しんできました。


とはいえ、ホテルから乗るメトロはまだいいんですが
RERに乗り継ぐと噂通りちょっと客層が微妙な感じになってきました。


私はRERのC線の「Versailles Rive Gaucheヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ)」駅で
下車して徒歩で行きました。


ヴェルサイユ宮_13


『ヴェルサイユ宮殿』というと
日本人の私は
「ベルサイユのばら」を思い出します。


子供の頃父にベルばらのコミックを買ってもらい
捨てられずに未だに所有しております(苦笑)


そういや、何年か前に日テレプラスで
アニメのベルばらが放送されたんで
こちらも全話DVDにおとしてあります。



ヴェルサイユ宮殿外観

駅から宮殿はすぐわかる位近いんですが
なんせデカイ宮殿ですので
入口に辿り着くまでが長い。


ヴェルサイユ宮殿門

ようやっと門の辺りまで来ました。


ヴェルサイユ宮殿案内

駅から宮殿までの間にあった案内所(?)

最初ここを覗いて
日本語ガイドをもらえばよかったんですが
なんとなく入るのが怖かったので
スルーしてしまい、宮殿の入り口を探すのに
迷いに迷うこととなってしまいました。

(狭い所と空気が停滞している所が苦手なんです)



ちょうど私が宮殿に着いた時には
いくつかあった宮殿見学のツアー客たちが
ツアーを終えて帰るところで

出てくる人の列は見えるものの
入る人たちの姿がなく
出口(進入禁止マーク付)だけは見つかるものの
入口が全く探し出せずにいました。



ガードマンに入り口を聞いてその方向へ行っても
入口が見つけられず途方に暮れていたところ
ちょうど建物に入ろうとしていた
見学ツアーではない中国人二人組を発見し
彼らの後ろについて無事に入る事ができました!


そしてこの建物を見学してから
他の建物も見ようと歩いていたところ
大きな入口を自力で見つけることが出来
見学半ばを過ぎていましたが
そこで日本語ガイドもゲットできた私でした。


ふぅ。。。


と、いうことで・・・


ヴェルサイユ宮_1

ドタバタしたもののなんとか見学ができることとなり
最初は「ヴィクトワール王女の居室」から。


ヴェルサイユ宮_2

淡いグリーンが女性的な優しさを
表現しているようでいいですね。

以下は、素敵だなと思ったお部屋の
写真をいくつかご紹介。

(本当はもっといっぱいあるのですが
FC2へアップすると何故か横に向いてしまう画像が多いため
予定より画像少なめです)


ヴェルサイユ宮_3


ヴェルサイユ宮_4


ヴェルサイユ宮_17

ヴェルサイユ宮_14





ヴェルサイユ宮_7

宮殿の模型です。


ヴェルサイユ宮_5

これだけの大きな彫刻を置いても
余裕の広さ。



ヴェルサイユ宮アントワネット肖像画

アントワネットの肖像画


ヴェルサイユ宮_10

馬に乗ったナポレオン


ヴェルサイユ宮_6

ヴェルサイユ宮_8

広い宮殿内これでもかというくらい絵画もてんこ盛り。


ヴェルサイユ宮_11

ヴェルサイユ宮殿と言うとテレビなどでは
この「鏡の間」が映し出されているので
なじみの場所だと思います。


確かに、その豪華さは圧巻でした!


ヴェルサイユ宮鏡の間

上部だけですが・・・

行ったのが日曜日と大変混むときだったので
人が多かったのと
全体像移った画像が
編集してもまた横を向きそうなので
全体の画像は掲載しませんでした。



ヴェルサイユ宮_12



ヴェルサイユ宮_9

ヴェルサイユ宮_15

ヴェルサイユ宮_16

ヴェルサイユ宮殿吹抜

私は入場券となる
パスポートを日本で手配していたので
入場するのにも時間がかからず。

このパスポートは宮殿だけでなく
離れた頃にもある
「マリー=アントワネットの離宮」なども
見れたのですが、今回はパスしました。


まぁ、宮殿と近くの庭園だけでも
充分な内容です。


庭園は寒くて風も強かったので
さらっとです。


で、最初入口が見つからず
庭園近くのトイレを利用した時のことなのですが
お外にあるトイレはとても汚かったです。
絶対に中のトイレを使った方が良いです。


それとこのトイレの付近
庭の方からは
犬か猫のおしっこのような匂いがあり
寒いだけではなくそれもあって
お外の見学はざっとで済ませたんですね。


とはいえど、あれだけ豪華な宮殿内を
見学できたので良かったです。


私は個人でヴェルサイユ宮殿を観に行きましたが
現地の日本人向け「ヴェルサイユ宮殿見学ツアー」も
いくつかあるので効率的に周りたい方は
そちらにしてみるのもいいかもしれません。



だいたい半日(4時間程度)のツアーで
宮殿内見学時間が1.5~2時間位だと思います。
ヴェルサイユ宮殿を単に見てみたいだけなら
これくらいの時間で充分だと思います。



■ヨーロッパ旅行記

フランス 小鳥のマルシェ(市場)

ベルギー アントワープ旅日記

フランス ルーブル&オルセー美術館見学

ベルギー ブリュッセル旅日記

オランダ アムステルダム&キンデルダイク旅日記

フランス ヴェルサイユ宮殿見学

ベルギー ブルージュ旅日記

フランス パリ旅日記





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ベルギー 水の都ブルージュの美しさ «  | BLOG TOP |  » アムステルダムの運河クルーズと世界遺産の風車

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (274)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (69)
ライフスタイル (661)
土曜ワイド劇場 (125)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (59)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (184)
格闘技・プロレス (445)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「私は殺される」 (1987年) 探偵神津恭介の殺人推理第6弾 Sep 26, 2017
「変装探偵Ⅱ殺人鬼の赤い靴が歩く」 (1982年)  変装探偵シリーズ第2弾 Sep 25, 2017
2017リーグ 第27節 ガンバ大阪戦 Sep 25, 2017
「女弁護士朝吹里矢子・レイプされた恋人」 (1982年)  夏樹静子 『親告罪の謎』 Sep 24, 2017
美女シリーズ9 赤いさそりの美女・江戸川乱歩の「妖虫」 (1979年) Sep 23, 2017
「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」 (1982年) フルムーン探偵シリーズ第1弾 Sep 22, 2017
「35年目の亡霊・学童疎開殺人事件」(1980年)  斎藤栄 『運命の死角』 Sep 20, 2017
「悪魔を見た家族・運命の糸にあやつられる妻」 (1981年)  斎藤栄 『悪魔を見た家族』 Sep 19, 2017
「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾 Sep 18, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、 Sep 18, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる