2015/02/03
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

大人気 映画 英国の至宝

category - 映画(洋画)
2015/ 02/ 03
                 
この間は映画を2本見たが
2月の映画の日は日曜日とも重なり
どちらも大盛況だった。



去年予告編を見てから
絶対見に行こうと心に決めていた
映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」を
渋谷のル・シネマで見てきました。


この映画はイギリスのナショナル・ギャラリーに
3カ月潜入して美術館を裏舞台を描いたというもの。


普段は見られない絵や額縁の修復や
予算についての会議の模様など現実的な側面や
X線分析によるレンブラントの絵画から
浮かび上がってきたもうひとつの絵などなど
興味深い映像が盛りだくさんでとても楽しめました。


その浮かび上がったもう一つの絵の分析や
下絵の部分がうまく利用されているかと思われている
表絵のある部分の解説もあります。



上映時間が3時間というのは
ちょっと長かったですが
その絵が描かれた時代の状況をイメージしながら
光と影にも注目して見るという見方も面白かったです。


あとは絵画を前に専門家たちが
お客さんに解説する内容も
日本人とはまた違った感覚だったので
改めて感じる事の大切さを実感しました。


次回美術館へ行く時には
私も心を空にして
思いっきり感じるということを
意識してみようと思いました。

普段は観に行く時間からも年配の方が多かった
ル・シネマですが
この日は日曜日ということもあり
若い女性も多かったです。


3時間の映画なので1日に3本だけでしたが
いずれも満員になっていました。

14227829610.png


美術好きは必見の映画です。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント