2015/03/07
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

ロイヤル・アカデミー展グッズ

category - 美術・展覧会レポート
2015/ 03/ 07
                 
去年の10月八王子の美術館で
「ロイヤル・アカデミー展」が開かれましたが
その時に購入をしたグッズをご紹介します。


「ロイヤル・アカデミー展」へ行った時の記事は
コチラです。

⇒ http://loveantlers.blog31.fc2.com/blog-entry-1052.html


美術館へは企画展を見に
コンスタントに足を運んでいることもあり
よっぽどお気に入りのものでないと
グッズは買わないんですよね。


以前は図録も買っていたのですが
今は場所を取るので、購入しません。


と言いつつも
「VICTORIAN  PAINTING」という
昔、美術書専門店で購入した
ヴィクトリアン絵画集の大型の洋書はお気に入りで
本棚の場所を取っています(苦笑)


今はアルマ=タデマの画集が欲しいなぁと思っているので
買ってしまうかも。

6年前から目をつけていたものの
断捨離のようなことを始めていたもので
購入する決心がつかなかったんですよね。



話はそれましたが
「ロイヤル・アカデミー展」では
家で気軽に飾れるグッズを何点か購入しました。



私はイギリス美術が大好きなので
ついつい財布の紐も緩んでしまいました(笑)


先日も書きましたが
今年の終わりから来年はじめにかけて
ラファエル前派展がザ・ミュージアムで開催されるので
そちらも今から心待ちにしています。


確か購入したグッズは5,6点ほどでした。
その一部ですが・・・



ベラスケスの想い出

「ロイヤル・アカデミー展」のポスターにもなっていた
ジョン・エヴァレット・ミレイの「ベラスケスの想い出」の
ミニフレームです。

やはりメインの絵として選ばれただけあって
買ってしまいました。


ミニフレームなので
飾る場所を気にしなくて良いのがいいですね。


1875年度のロイヤル・アカデミー展出品審査会

チャールズ・ウェスト・コウブの
「1875年度のロイヤル・アカデミー展出品審査会」です。


そんなに大きくもない額装品で
現在は我が家の玄関に飾っています。


せっかくのロイヤル・アカデミー展ですので
ベタではありますが、額装品の中でも
こちらの作品を選びました。


携帯用ストラップ

購入したまま開封してませんが
ミレイのベラスケス・・・の携帯ストラップです。


他にクリアファイルなども買いました。


今年は初夏ごろ
ル・シネマでジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの
「ターナー、光に愛を求めて」
http://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/15_first/ci8.html
という映画が公開予定です。

こちらもとても楽しみですね。






関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント