2015/03/18
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「赤川次郎の盗みは人のためならず」 (1989年)  

category - 土曜ワイド劇場
2015/ 03/ 18
                 
●「赤川次郎の盗みは人のためならず・
熱愛カップルは女刑事と大ドロボー!?」 1989年3月18日
原作: 赤川次郎  盗みは人のためならず (徳間文庫)
脚本: 吉田求
監督: 井上梅次
出演: 杉良太郎、烏丸せつこ、宮川一朗太、
谷幹一、八木さおり、南原宏治ほか



盗みは人のためならず


富豪宅から時価二億円という名画が盗まれた。


警視庁から手配中の怪盗十三号の仕業とにらんだ
女刑事・高条真弓(烏丸せつこ)はその線で捜査を始めた。


真弓はこの富豪の家で開かれたパーティーで知り合った
医科大学神経外科助教授・今野淳一(杉良太郎)に一目ぼれ
ふたりは恋仲となった。
ところが、目撃者の証言をもとに作成されたモンタージュ写真は
今野そっくりだった。


今野は盗んだ名画を古美術商の米田(南原宏治)に売りつけるが
実はニセものだった。


本物は富豪の家に隠されてあり、今野が盗みを働いていないと知った真弓は
安心して今野と結婚する。










杉良太郎はこの放送時の前年のNHK大河ドラマに続く
テレビ界復帰第二作で、現代ドラマへの出演は十年ぶりということだ。





関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント