2015/03/19
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「瀬戸内海殺人事件・女28歳の疑惑」 (1983年)  草野唯雄 『瀬戸内海殺人事件』

category - 土曜ワイド劇場
2015/ 03/ 19
                 
●「瀬戸内海殺人事件・女28歳の疑惑
″殺人現場は瀬戸内?東京?″」  1983年3月19日
原作: 草野唯雄  『瀬戸内海殺人事件
脚本: 高橋稔
音楽: 三枝成章
監督: 松尾昭典
制作: 東映
出演: 浅茅陽子、原田大二郎、水野久美、
穂積隆信、下川辰平、池波志乃ほか


瀬戸内海殺人事件・女28歳の疑惑



大学の地質学教授・重枝昌光(穂積隆信)は
お手伝いの宮本園江(池波志乃)と深い仲になり
妻・恒子(水野久美)の殺害計画を練っていた。



恒子は派手好きで夫など眼中になく
重枝は離婚するとしても一銭の慰謝料もやりたくなかった。



重枝の殺害計画は完成し、園江の他にもサラ金に追われている
知り合いの出版社員・和久秋房(原田大二郎)を協力者に加え実行された。


重枝の出張中に、園江と和久が恒子を殺害し庭へ埋めた。
その後、園江が恒子に変装して瀬戸内海の大三島へ行き
重枝に別れの電話を掛けた後に、断崖から飛び降り自殺を図ったように工作した。


その後、園江と和久は金を受け取って姿を消してしまう。


計画はうまくいったかに見えたが、恒子の妹でカメラマンの尾形明美(浅茅陽子)は、
恒子の自殺説を信じずに、独自に真相を暴こうと調査を始めた。









************ カメラマン尾形明美シリーズ ************


◆ 「瀬戸内海殺人事件・女28歳の疑惑」


◆ 「ハイミス探偵日記・空中サーカス殺人事件」





関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント