FC2ブログ
2015/10/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「寝台特急あかつき殺人事件」 (1983年)  西村京太郎のトラベルミステリー第4作

category - 土曜ワイド劇場
2015/ 10/ 01
                 
土曜ワイド劇場のテレビ朝日×東映のトラベルミステリー第4作。




●西村京太郎のトラベルミステリー決定版!
「寝台特急あかつき殺人事件・東京ー九州、日本縦断!
ブルートレインの謎と白鷺の女」  1983年10月1日
原作: 西村京太郎  『寝台特急あかつき殺人事件』  
脚本: 猪又憲吾、名倉勲
音楽: 甲斐正人
監督: 永野靖忠
制作: 東映
出演: 愛川欽也、岡田茉莉子、三橋達也、
浅野ゆう子、高岡健二、正司歌江ほか



寝台特急あかつき殺人事件





佐賀市内で金融・土地ブローカーの菊地功(菅貫太郎)が殺された。
警察は大阪の田辺探偵事務所所長の田辺淳(高岡健二)を逮捕した。
菊地が持っていた田辺の名刺の裏に書かれた20万円の領収書が決め手だった。



田辺は十津川警部(三橋達也)の元部下で、その後田辺から
直接事情を聴いた十津川と亀井(愛川欽也)は田辺犯人説に疑問を抱いた。


寝台特急あかつき殺人事件




田辺は刑事を辞めた後、探偵事務所を開いたが経営が苦しく
次の家賃の支払いにもこと欠く有様だった。


ある日、坂口文子(岡田茉莉子)と名乗る女から
息子の遺骨を身重の嫁・由美子(浅野ゆう子)に付き添って
佐世保の海に巻いてほしいと20万円で依頼が入った。


菊地が持っていた領収書は、その時文子へ宛てて書いたものだった。




寝台特急あかつき殺人事件


仕事を引き受けた田辺は、タクシーで由美子を迎えに行った。
そのまま待たせてあったタクシーで二人は新大阪駅へ到着する。


ふたりはブルートレイン「あかつき3号」に乗り込み佐世保へ向かう。
途中、姫路で由美子が外をじっと見ている様子が気になったという。


寝台特急あかつき殺人事件




佐世保に到着してから、遺骨を海へ撒いた。
その後は由美子の行方はわからなくなり、帰りはバラバラに帰ってきたのだという。


十津川は坂口宅へ事情を聴きに行く。
文子は坂口と再婚したが坂口は死亡して未亡人となり
たいへんな豪邸に住んできた。
由美子は嫁ではなく文子の連れ子だった。


文子は田辺にそんな依頼をした覚えはなく
由美子に付きまとってきて迷惑していたと説明した。
そして、由美子はひとりであかつき3号に乗り
佐世保で偶然田辺と会っただけだと話す。


寝台特急あかつき殺人事件


田辺の供述が本当だとしたら、坂口宅へ由美子を迎えに行った日
二人を駅まで乗せたタクシーの運転手が証言してくれるはずである。





ところがその運転手・米山志郎(青空球児)は突然借金を返済し
品川の自宅で死体となって発見された。
彼は大阪のKOタクシーから届いた酒を飲み毒殺されていた。
亀井らの調べでそれを届けた人物が若い男性であることがわかった。



これで田辺と由美子がふたりで新大阪まで行ったことを
証明できる唯一の証人が死んでしまった。


田辺のアリバイが証明できず、坂口母親に容疑をかける十津川らだが
あかつきに乗っていた由美子も、文子にもアリバイがあり
佐賀で菊地を殺すことは不可能で捜査は行き詰ってしまう。


田辺は由美子はあかつきで、姫路で外を眺めている様子が普通ではなかったと言っていた。
そこで清水(井川大輔)と北条早苗(山村紅葉)が姫路へ飛び
十津川と亀井はあかつきに乗り、事件当日の田辺と由美子の行動を再現した。



寝台特急あかつき殺人事件



十津川はあかつき3号が門司駅で二手に別れることに何かあると思い
亀井は姫路に何かあると考えていた。



亀井は清水から姫路で有力な情報を得たとの連絡を受け、
十津川を残して姫路に合流し小料理屋の女将かよ(正司歌江)から話を聞いた。



六年前、文子はまだ高校生だった由美子を連れて
従業員募集の張り紙を見て店に入ってきた。
文子は店で働くことになり、かよが保証人となり銀行から借り入れし
向かいにふみという飲み屋を開いた。


文子は夫の名取が借金を作り、菊地の厳しい取り立てから逃げてきたのだ。
由美子も変な男に目を付けられないように男っぽい格好をして店を手伝っていた。

寝台特急あかつき殺人事件



そこへ、菊地がやってきて以前のような地獄の生活が始まった。
菊地は文子のいない隙に由美子まで犯し、文子にいい寄っていた
兄の莫大な遺産を相続した田原老人(殿山泰司)から金を奪い田原を殺害した。


その後、文子は坂口と結婚し平和な暮らしが続いたが
またしても未亡人となり菊地と再会してしまう。
恐喝などで逮捕されていた菊地は出所後文子を強請っていた。
これで坂口母娘に菊地を殺す動機が見つかった。



一方、あかつきが門司駅で二つに別れることにトリックがあると感じていた
十津川も列車のトリックを見破った。
時刻表を見ていただけではわからない、乗ってみたからこそ気が付いたものだった。



寝台特急あかつき殺人事件



また米山に酒を贈ったときに現れた男と、菊地のマンションで目撃された男は
由美子の男装であると見破る。



しかし、由美子のアリバイが崩れ菊地殺しの動機が見つかった中
文子たちが国外へ逃亡を図っていることがわかった。


十津川らは田原の死体を見つけようと限られた時間の中で捜査し
ついに田原らしき白骨死体を発見した。



その時亀井は文子と由美子を訪ねて屋敷を訪れていた。


亀井は事件の真相を二人に解き明かすが証拠がなかった。
全てを賭けてこの計画を実行した母娘はそれをいいことに
早く家を出て海外へ逃げようとする。


そこへ遺留品を持った十津川が坂口邸へやってきて
三年前、田原殺しの時に文子たちが使用した
レンタカーの中に落ちていた田原の懐中時計を文子たちに見せた。



寝台特急あかつき殺人事件



文子はついに自分たちの負けを認めて全てを打ち明ける。








今作から音楽が変わり例のテーマソングが使われます。

長距離を走る新幹線が勢いよく走る映像にマッチする
疾走感を感じる躍動的なお馴染みのテーマソングは
このシリーズにとても合ってますね。


今回は時間延長して放送されました。
土曜ワイド劇場の看板シリーズになるという予感がしますね。





************ トラベルミステリーシリーズ ************


1. 「終着駅(ターミナル)殺人事件」

2. 「再婚旅行殺人事件・出雲で死んだ女」

3. 「あずさ3号殺人事件・京都ー信州、婚前クイズ旅行のワナ」

4. 「寝台特急あかつき殺人事件」

5. 「東北新幹線殺人事件」

6. 「寝台特急「北陸」殺人事件」

7. 「特急”白鳥”十四時間」

8. 「特急北アルプス殺人事件」

9. 「寝台急行”銀河”殺人事件」

10.「L特急雷鳥九号殺人事件」

11.「阿蘇殺人ルート」

12.「みちのく湯けむり殺意の旅」





関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント