2016/02/07
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「滋賀銀行九億円横領事件・女の決算」 (1981年)  和久峻三 『裁かれた銀行』

category - 土曜ワイド劇場
2016/ 02/ 07
                 
昭和四十八年、滋賀銀行の女子行員・奥村彰子が
総額約九億円を横領した事件を
当時の世相を背景に描き出した実録ドラマ。



●「滋賀銀行九億円横領事件・女の決算」  1981年2月7日
原作: 和久峻三  裁かれた銀行―滋賀銀行九億円横領事件 (角川文庫 緑 421-32)
脚本: 長谷川公之
音楽: 桑原研郎
監督: 千野皓司
制作: S.H.P
出演: 大楠道代、火野正平、坂上二郎、北村和夫、
松山英太郎、柳川慶子、小夜福子、楠トシエほか



京都に生まれ育ち、地方銀行の支店に勤める麻子(大楠道代)は
勤続十七年、母、姉と暮らす真面目な女子行員だった。


しかし、ふとしたことで元タクシー運転手の花形(火野正平)と知り合ったことから
彼女の日常生活が大きく変化することになる。

滋賀銀行九億円横領事件・女の決算





九歳年下の花形とデートを重ねるうちに彼女の貯金は底をつき
せびられるままに客の定期預金に手を出してしまう。



滋賀銀行九億円横領事件・女の決算





これまで仕事一途だった麻子は、年下の男との甘い結婚を夢見て
競艇につぎ込む花形にみつぐために運命が狂わされてしまった。


滋賀銀行九億円横領事件・女の決算


ひとりの男と出会ったために破滅に向かう女の姿を描く。








原作は和久峻三、銀行や犯人の名前などは変えられている。
ドラマはほとんどが京都市内のロケで行われた。




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント