2016/02/13
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

重症貧血が急に治った

category - ライフスタイル
2016/ 02/ 13
                 
一昨年の健康診断で初めて自分が
重症貧血であることを知りました。


多分それ以前から貧血だったと思う。
道を歩いている時に心臓が苦しくなることがあり
体調の変化について自覚症状があったので。


今考えるとそんな体調にも関わらず
ボクササイズ等の激しい運動も含め
月に半分位はスポーツジムへ通い
ガンガン体を動かしていた自分が恐ろしい。



その時のヘモグロビンの数値は
基準値の半分以下の4.7でした。
先生から日曜日の朝に連絡を受けて
とても驚いた記憶があります。


それから数日以内に病院へ行き
鉄剤の点滴を受けました。



そして数年間は数値が6~7を行ったり来たり。


去年末に病気と本気で向き合おうと
中断してしまっていた薬をもらいに病気へ。






治療中断期に棄ててしまった鉄剤のお薬
フェロミアをもらって来ました。


副作用として便が黒くなったり、吐き気がしたり
胃が重苦しくなるため胃の粘膜を保護したり
胃炎の症状を改善させる胃薬レバミピド(ジェネリック)も
合わせてもらってきました。



貧血治療中断前はフェロミアを一日3回1錠ずつでしたが
今回は一日2回1錠ずつです。


治療再開1週間程はたまにムカムカする感じもありましたが
飲むのがためらわれるほどの不快感はありませんでした。



今回は飲み初めてわずか1週間で
4年程続いていた口角炎と口内の粘膜のしみる症状が治り
効果を感じられたことから約1ヵ月服用。


1月20日に婦人科検診と合わせて採血。
その結果が昨日出たのです。


ヘモグロビンは12.1であっさり基準値内に戻っていました。

他ヘマトクリット値も基準値内に、
MCV、MCH、MCHCも大幅改善
高かった血小板数も基準値内になっていました。


癌検診のMRIも陰性。


ただし婦人科系は治療が必要な疾患があるんで
化学的治療ではなく代替治療にする。



このあたりは結果がどうであっても
自分で決めていた事でその覚悟があるので。



幸い10年程前より様々な療法に出逢い
中途半端に実践してきましたが
今はジブン事として本格的にやっています。


今朝はプチ断食。


癌の食餌療法としても有名なゲルソン療法でもやっている
人参ジュースを1杯飲んで朝食としました。



今回は久しぶりにセロリがとりたくて
ジュースにセロリも混ぜてみました。


ニンジンやりんごの甘さとセロリの香りが
うまくミックスして美味しかった。



その後は生姜紅茶を小さな湯飲みで2杯飲みました。


1杯目は黒糖、2杯目はハチミツを入れました。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント