2005/10/28
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「刑事・湿原に幻の鶴を見た」 (1978年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 10/ 28
                 
●「刑事・湿原に幻の鶴を見た」  1978年10月28日
脚本: 小川英、四十物光男
音楽: 小川よしあき
監督: 手銭弘喜
制作: 俳優座映画放送、大映映像
出演: 東野英治郎、長山藍子、村野武範、奈美悦子、
中野誠也、桜井センリ、山本麟一、嵯峨善兵ほか



刑事・湿原に幻の鶴を見た


ある夜、一人の男がマンションから墜落死した。
男が握りしめていた未現像のフィルムには、
北海道釧路の広大な湿原と、一組の男女が写っていた。


当局は殺人事件とみて捜査を開始し、定年間近の
岩田(東野英治郎)が特命を受けて北海道に飛び
道警の東刑事(村野武範)とまず男女の身元を洗うことになった。



男の方は二週間前まで原子力開発庁に勤めていた
エリート技術研究員の西尾浩(中野誠也)で
女は幼馴染の人妻・石川知子(長山藍子)と判明した。


しかし、調べるうちに、事件のうらに原子炉建設をめぐる
巨大な黒い霧が動いていることがわかってきた。




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント