Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2016-08-06 (Sat)

「外科病棟の女医・片腕を切り取られた恋人」 (1983年)  井口民樹 『外科病棟の陰謀』

●「外科病棟の女医・片腕を切り取られた恋人
”まさかガン細胞にトリックが・・・・”」  1983年8月6日
原作: 井口民樹  『外科病棟の陰謀
脚本: 播磨幸児
音楽: 小六禮次郎
監督: 日高武治
制作: 東映
出演: 真野響子、田村亮、岡江久美子、高岡健二、
中尾彬、下元勉、北村和夫、葦原邦子ほか




北陽大学医学部附属病院で外科医として働いている
和泉加代(真野響子)は、同じ課の交野修治(田村亮)と恋人同士だった。


結婚を決めた二人はある日、教授の緋田騎一郎教授(下元勉)に報告すると
かねてより加代に野心を抱く緋田は、学位を取るまで待てと阻止された。

しかし、二人の決意は固く、交野は医師会長の叔父・津沼詮造(北村和夫)の
力を借りて強引に押し切るつもりだった。



すると、緋田は交野の右腕の痛みを悪性腫瘍だと診断し、切断してしまう。


だが、手術後に助手の大石慎一(高岡健二)から切断の必要はなかったと
聞かされた交野は教授に復讐を決意するが、真相追及の途中でナゾの死をとげた。


最愛の人が亡くなり、加代は白い巨塔に張りめぐらされた陰謀を暴こうとする。






(現在元記事の一部のみ公開しています)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント