Entries

最新記事一覧  



Google


展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画


公演中に心霊現象を初体験!稲川淳二の怪談ナイト2016

今年もあいつがやってくる・・・

ということで、急きょ行きたくなり稲川淳二の怪談ナイトへ行ってきました。
記憶に残る1夜となりました。

■稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2016
2016年8月20日(土) 17:00怪演 満員御霊
調布市グリーンホール 大ホール

inagawakaidan20160820_1.jpg

2年前にふとしたきっかけで稲川淳二にハマり毎日のように
「恐怖の現場」や稲淳をいじくって遊んでいる面白動画を見続け
その年は夏と冬の2回も怪談ライブに行ってしまった。


去年はいろいろあり気持ちに余裕がなく見送ってしまった。
ただその後別の予定が入りこれが特別な出逢いを生んだので
人生上手く出来ているなあと思った。



今年もうかうかしていたら夏が来てしまったのだけど
8月にファミ劇で淳ちゃんの「こわい話」を見ていたら
怪談ナイトに行こうぜ機運が高まり即チケットを手配。


当初は地理的にも8月12日の新宿文化センターを検討してたのだけど
その後に調布でも行われることを知り
よく行く新宿をあえて外して20日の調布市グリーンホールを選んでみた。


まぁ12日はもともと映画へ行こうと思っていたのでちょうどよかったかな。


ということで、今回は2階席で見ました。


inagawakaidan20160820_3.jpg

今回訪れた調布市グリーンホールは調布駅からすぐで
調布自体も家からのアクセスもよくとても気に入りました。

怪演時間の5時が過ぎ照明が落とされ例のお姉さんが
注意事項を説明します。


今年のセットは昔の日本家屋で縁側のある家などが組まれていました。

そして、座長の淳ちゃん登場!


ファンの「淳ちゃん~♡」の声援に
笑顔で手を振る淳ちゃん。
怪談じじぃとってもかわいかった♪


この怪談ツアーは今年で24年目だそうで
怪談じじい淳ちゃん本人もこれで食っていけるとは
最初は思っていなかったそうだ。


でもテレビの仕事と並行して片手間にやるのは
来て下さる方に失礼と怪談に専念。


その日のチケットも完売の満員御霊だということで
いつもみなさんからエネルギーを頂いてますという
感謝の言葉を述べていました。


さて、いよいよ怪談が始まります~。


今回は・・・
(注意:ネタバレくさくなっています。読みたくない方は飛ばしてください。)


●1つ目は沖縄本島から宮古島へ男女4人が廃墟となっている
心霊スポットの旧レストランらしきところへ訪れた時の話。

どうやらオーナーが首をつって死んだといううわさがあるところで
そこを舞台に起こった男女4人のうちの一人の男性の不可解な死。


死亡時間の謎。
4時過ぎに4人一緒にホテルに帰ってきた、あの時の男性は
一体生きていたのか死んでいたのか。
車で移動しなければいけない距離の離れた場所で深夜1時過ぎには
死んでいたのだろうか?


-------------------------------------------
1本目が終わり何人かのお客さんが咳をし始める。
淳ちゃんも軽く咳、そして

「あのね、咳は我慢しないでしてくださいね。
咳できなくて怪談より苦しかったってなんないでくださいね」と
優しい気遣いを見せる。

-------------------------------------------


●2つ目はファミレスで働く男性が体験した自宅での恐怖体験。
ワケあり物件に入居した一人暮らしの男性。
その家の風呂は不具合で使えないというもの。
だがその浴室で水を使う音がしてどうやらその中には
若い女性がいるようなのだ。
浴室の扉があき、その女が寝ている男性のもとにやってくる。
その男性が味わった恐怖の体験とは?
その女性の正体は?



●3つ目はある人から空いている古い家を自由に使ってくれていいよと
休暇に利用させてもらったことから体験したこわい話。
二人の男性が出かける中、残るひとりが味わった気味の悪い体験とは?
最後戻ってきたひとりと一緒に見た家の中にあった奇妙な物体の正体とは?



-------------------------------------------
次の話へ行く前に、昔の話なのでその時の状況なんかを
知っておいた方がいいでしょうということで
戦後の日本の状況が語られた。
生きていくために子供を売らなければいけなかったことや
傷痍軍人が町中に普通にいたことなどなど
自分が育ったところの近所の人の話も交え
今とは全く違う当時の日本のことが説明されました。
-------------------------------------------


●最後はそのむかーしの日本が舞台のお話し。
ひとりの女性がある家へ家事などをする手伝いとして
住み込みで働きに行く。
その家には老人とその姪がいて、老人の世話は姪がやっている。

姪といっても独特な艶っぽさがありお妾さんにも見える。

老人たちは坪庭を挟んだところで生活しており
廊下を渡っていくそのスペースには立ち入らないよう固く言われていた。
ある時女性は(枕の下?から)”この家にはいてはいけない”というようなことが
書かれた紙を見つける。
くみはいますか?と尋ねてきた女性。
老人と姪のふたりしかいないはずなのに3膳用意される食事の不思議。
ある日珍しく老人と姪がいなくなったとき思い切って踏み込んだ
その場所にいた者の正体は?


以上、滑舌の悪さもあり聞こえづらい部分もあったのだが
だいたいこんなかんじでした。


個人的には最後の話が時代設定のおかげもあり一番怖かった。
正直DVDやテレビ放送では怖いと思ったことはないのだけど
ライブの力はすごいですね。


演出効果もあり、あの空間で生で聞く怪談はそれらとは全くの別物です。



そして、その後は定番の心霊写真のコーナーへ移る。


6枚くらい写真が紹介される。


その中には進化している有名な写真もある。
この写真の話初めて聞く方?と問われて手を挙げてしまったが
見てみたら前にも見たことがある記憶があった。


湖らしきところから顔が出てくる男性の写真。
湖上に男性の顔があり時間の経過とともに
どんどん水面から上に顔を出していっているということで
写真でありながらもその中で動きが出ているというのだ。


その男性の写真がアップになったところで異変が起きた!


男性の額の部分に薄緑っぽいシミがつき
それがどんどん大きくなっていき
気づいた女性客の悲鳴が聞こえた!


私もそれに気づき思わず声を上げてしまった。


そして、シミはどんどん小さくなり消えていった。



もちろん何の仕掛けもないとのことだが
スライドで映し出された写真に
静かに訪れたこれらの動き。


正直気味が悪くて、思わず寒気がしてしまった。


その次に紹介された写真も以前見たことがあるかも。
これも気味が悪い写真なんだわ。


inagawakaidan20160820_4.jpg

チケットやチラシなんかにもこんな注意書きがされているが
これまでネタだと思っていたがまさか自分が本当に体験するとは・・・


心霊写真のコーナーが終わり淳ちゃんの語りへ。


このグリーンホールの公演のあと深夜に幕張メッセの
「SUMMER SONIC 2016」に出演予定だということ。
サマソニで深夜に怪談をやるそうです。
その翌日?は千葉での怪談ナイトがある。
細いのに本当にタフですね。



最後は感謝の言葉とみんなへ手を振ってくれ
淳ちゃんもファンも別れを惜しみつつ公演は終了となる。






inagawakaidan20160820_2.jpg


怪談ナイトはお客さんの層が若い人から老人まで
男性も女性もいて広くカバーされている。


スポーツ観戦やライブなどこれまでいろんなものを
観に行ってきたがここの客層が今の自分に一番馴染む気がする。


イケメンがきていたりおじーさんもいたりと本当に幅が広い。


そして、怪談なのにもかかわらず温かさを感じるのだ。


稲川淳二の人柄がモロに反映されていて
本当に楽しいし心地よい空間なんだわ。



昔はリアクション芸人としてテレビに出まくっていた稲川淳二ですが
好きな怪談をやろうと14年程前よりテレビからは身を引く形になっています。


やはりまだまだテレビの影響力は大きいので最近見なくなったことで
需要がなくなりテレビから姿を消したと印象を持つ方も多いでしょうが
そうではなく怪談をやるためにテレビの仕事を制限しようと自ら決断したとのことです。



普通に考えたら無謀にも見えますが、本人が本当にやりたいことをやると決断し
やっているとやはり上手くいくんですね。


夏場だけ忙しいイメージだが、実際には冬の方が忙しいとか
なんかのインタビューで行っていたな。

怪談メインの仕事にシフトしてからも毎年忙しく飛び回るくらい
仕事に恵まれている。


何よりやりたいことをやっている本人が一番幸せそう!


そんな姿を見ている私も幸せな気分になれる。



今年はもういけないかなと思ってるところへ
公演間近にもかかわらず誘いがかかりいく事が出来た。


私自身も誘ってくれたことにも感謝の言葉を述べていて
感謝や幸せの循環が起きている。


家を出る直前に豪雨だったのが少し待ったことで弱まり
雨の被害にも合わず会場に無事つくことも出来た。


怖い写真もみてシャワーを浴びている時や寝るときに
フラッシュバックするかと思いきや
シャワーも普通に浴びて、夜も思い出すこともなくぐっすり寝られた。


本当にひさしぶりに行って良かった
楽しかったと心から思えた大満足の1日でした。


ありがとう。





関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

お気に入り

タグクラウド


最新記事

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

右サイドメニュー


当ブログの人気ページ

ブログパーツ

スポンサードリンク


Powered by SEO Stats

  • seo

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム