Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2016-09-24 (Sat)

「刺青殺人事件・天才神津恭介の推理」 (1983年) シリーズ第1弾

高木彬光の処女作「刺青(しせい)殺人事件」(1948年)のドラマ化。
土ワイの”神津恭介シリーズ”の1作目でもある。



●「刺青殺人事件・天才神津恭介の推理
”浴室から女体が消える”」  1983年9月24日
原作: 高木彬光  『刺青殺人事件
脚本: ジェームス三木
音楽: 羽田健太郎
監督: 貞永方久
制作: 松竹
出演: 近藤正臣、叶和貴子、高田美和、
大和田獏、志垣太郎、仲谷昇ほか



刺青殺人事件・天才神津恭介の推理






松下研三(大和田獏)は料亭で開かれた
彫勇会の入れ墨コンクール「刺青競艶会」へ
神津恭介(近藤正臣)を誘った。
入れ墨は嫌いだといいながらもしぶしぶいくことになったが、やはり途中で抜け出していた。


研三はコンクールが始まる前に、偶然ある女に再会した。
以前、飛行機で隣になり会話をしたことがあったのだが
それは双子の妹だといい、女は野村絹枝(高田美和)と名乗った。

コンクールが始まると研三は驚いた。
そこには見事な大蛇丸を彫った絹枝が出てきて見事に優勝を果たしたのだ。



刺青殺人事件・天才神津恭介の推理



絹枝の店「セルパン」で祝賀会が行われた。
彼女は土建屋の最上竹蔵の内縁の妻であり
竹蔵の弟の久(志垣太郎)も来ていた。


入れ墨博士の異名をとる早川平四郎(仲谷昇)が遅れてやってきて
絹枝の大蛇丸に感心すると、彫ったのも彫安だと当てた。
そして、絹枝が彫安の娘であることを知ると
絹枝に死後、背中の皮を売ってくれと熱心に申し込んでいた。


祝賀会の後、早川は研三と絹枝に自分のコレクションを見せた。
そこで改めて絹枝を口説くが、絹枝はきっぱり断ると
研三と一緒にタクシーで帰り研三を自分の部屋へ入れた。



ふたりはその夜、情を交わし、研三が帰ろうとすると
自分が殺されるような気がして怖いからいてくれというので泊まって行く事になった。
竹蔵は仕事で名古屋に行っていて今夜は帰ってこない。


絹枝は寝物語に自分の生い立ちを話してくれた。
父は有名な彫師彫安で、蛙を背中に彫った兄常太郎(宮口二郎)と
蛞蝓を背中に彫った双子の妹の珠枝がいると
三人の彫り物を撮影したアルバムを見せてくれた。



蛙、蛇、蛞蝓は三すくみといわれていて、一人の人間にこの三つを彫ると死んでしまうのだという。
父はタブーへの挑戦で三人の子供にそれぞれひとつずつを彫ったがその後すぐに死んでしまった。
兄は常太郎は彫常という彫師となったが、
殺人事件を起こして刑務所に入っている。
妹も災難を恐れて中国人と結婚してシンガポールへ行ったが
離婚して五年ぶりに帰国したということだった。
絹枝は珠枝が帰国したので悪いことが起こる前兆だという。




深夜、研三のもとに絹枝から風呂場に大きな蛞蝓がいて
自分が殺されるから家に来て欲しいと電話があったが、
研三はそれを断った。
だが、翌朝絹枝の様子が気になり家に行ってみた。
しかし、絹枝の部屋からはなんの応答もなくノブを回すと開いたので研三は部屋に入った。
すると中には皮を売ってくれと頼みに来た早川が立っていた。
浴室から水の音が聞こえるのだが、中から鍵がかかっていてドアが開かない。


ベッドの上に白い布があり中をめくると血液があった。
研三が外からガラス窓を壊し
浴室の中の様子をのぞいてみると
絹枝がバラバラ死体になっているのを発見した。
研三は兄で捜査一課長の松下(橋本功)にこのことを連絡した。


早川が来たときには玄関のドアは開いていた。
浴室のドアは中から鍵がかかっていて密室状態。
水が出っ放しで、ノコギリと、バラバラになった絹枝の遺体があり
頭と手足だけ残っていて、胴体だけが無くなっていた。


研三は密室殺人のトリックを神津に解いてくれと頼みに行ったが
入れ墨は嫌いだと躁鬱病がある神津はそれを断った。
研三は資料だけを置いて に見送られて帰るところに
研三が絹枝のマンションへ行ったことを知った刑事が現れた。
研三は警察へ行き、松下と刑事達に聞かれるまま絹枝とのことを話した。


研三は絹枝の双子の妹珠枝が帰国したことも話した。
警察はまだこのことを知らず、殺されたのは珠枝かもしれないと言い出したので
玉枝は手首まで入れ墨があるので、死体は絹枝であると言った。
研三はどうしてそんなことまで知っているか聞かれたので
部屋へ行ったときに兄妹3人のアルバムを見せてもらったことを話した。
しかし、絹枝の部屋にはアルバムはなかった。
それは入れ墨好きの早川があの時に持ち出していたのだ
だが、絹枝は殺していないと言った。


刺青殺人事件・天才神津恭介の推理


研三が神津の家へ行くと神津の妹信子(叶和貴子)がいて
神津は強度の欝で入院してしまったというが
松下の無実を晴らしたい信子は神津に真相解明に
協力するように頼んでいてくれていて
密室のトリックを解き明かした資料を手渡した。



(現在元記事の一部のみ公開しています)


















***** 探偵神津恭介の殺人推理シリーズ  関連記事 *****

1. 刺青殺人事件

2. 影なき女

3. 魔笛に魅せられた女

4. 初夜に消えた花嫁

5. 血塗られた薔薇

6. 私は殺される

7. 呪縛の家

8. 伊豆下田海岸に赤い殺意が走る

9. こだま号遠隔マジック!?人形はなぜ殺される

10.白魔の歌

11.密室から消えた美女






応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント