A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

「白魔の歌」 (1990年) 探偵神津恭介の殺人推理第10弾 - 2016.09.29 Thu

探偵神津恭介の殺人推理シリーズ第10作目。




●「探偵神津恭介の殺人推理・南太平洋の楽園パラオに消えた妹・
白魔の歌」  1990年9月29日
原作: 高木彬光  『白魔の歌
脚本: 下飯坂菊馬
音楽: 津島利章
監督: 永野靖忠
制作: 松竹
出演: 近藤正臣、原日出子、島かおり、
大和田獏、岸部シロー、佐藤仁哉ほか



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌


神津恭介(近藤正臣)の妹信子(森口瑤子)が
友人の薫(露木由美)とトラベルピジョンズが主催する
パラオ旅行へ行くこととなった。


探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌


信子を通じてトラベルピジョンズの創立10周年記念パーティーに
招待され神津も参加することになる。
そのパーティーで社長鳩村玄太郎(佐藤仁哉)の妹綾子が射殺された。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津はカード占いで死神が出たことから信子の身を案じるが
信子は薫たちとパラオへ出発する。


神津は見送りに来ていた社長秘書の南条安奈(原日出子)と
空港でお茶をすることになった。


探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

安奈はパラオの石を身に着けておりそれは心の操を大切にするようにと
プレゼントされたものだと話すと、死ぬときはパラオの海で眠りたいといった。




到着した信子たちはパラオ支店長の桐山芳夫(草川佑馬)の案内で
パラオを満喫していた。
訪れたレストランで経営者の高浜美代(島かおり)を紹介された。
その店には玄太郎の父でトラベルピジョンズ会長の
鳩村俊之輔(田中明夫)の姿も見えた。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津のもとに現地から信子がダイビングの最中に
行方不明になったという連絡が入り、
信子を心配する研三(大和田獏)とともにパラオへ向かうことになった。





探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津は到着すると捜索のため信子が消えた海に単身潜った。
そこで、信子が掛けていたペンダントを発見する。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津が帰ろうとすると何者かに車で襲われひかれそうになった。
すると美代が警察から呼び出され部屋を出ていく。
男の声で美代が信子の行方を知っているのではないかという密告電話があったのだ。
美代はそれが桐山だと思った。


探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

部屋では桐山が美代の店がある場所に玄太郎が
プチホテルを建設する計画を立てていて立ち退きを迫っていることから
会社にケチがつけばいいと信子の誘拐を企てたのではないかと話した。
桐山は美代が得体のしれないところがあり
綾子殺しも美代の犯行ではないかと疑っていた。
安奈がやんわりそれを制すると、桐山は君はどっちの味方なんだと言った。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津は安奈に犯人の標的は自分のような気がすると言った。
信子を旅行に誘い誘拐をして神津をパラオに呼び寄せたのではないか。
信子は綾子から旅行に誘われたと言ったが
その綾子は殺されてしまいその理由が神津にはまだ解けずにいた。



犯人から桐山に信子の身代金10万ドルを持ってオモカン島へ来いという
呼び出しがあり神津たちもそれに同行することになる。
オモカン島へ着くと身代金を入れたスーツケースを持った
桐山一人を海岸に残し一同は周辺へ散り状況を見守っていた。


するとモーターボートに乗った美代の姿が見え
犯人の姿を探そうと周りをキョロキョロと見まわしていた桐山が
消音ピストルで射殺された。
桐山の死体の前で、安奈と美代は十字を切る仕草をみせる。


美代は呼び出し電話がありオモカン島へ来たと言ったが
玄太郎は美代を疑い綾子殺しも美代ではないかと問うと
美代は鶴さんあんたって人はと呟いた。
状況から美代に容疑がかかり美代は警察から出頭を命じられる。




神津は安奈に美代が玄太郎をなぜ「鶴さん」と呼んだのかを尋ねると
玄太郎は10年前に会社を設立した時に鳩村に改姓したのだという。


探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津は安奈にパラオの石を贈った人物の事を尋ねると
それは安奈の母親でもうこの世にはいないのだと話した。


ホテルへ戻った神津は東京の松下警部(岸部シロー)に
15年前の白魔事件についての資料を送ってほしいと依頼し
研三、薫とレストランに繰り出した。


神津は犯人が信子を使って自分をパラオに呼び出し
オモカン島の事件は何かの煙幕だと思うがなぜ桐山が殺されたのかはまだわからず
綾子と桐山はその手口から同一人物の犯行だが
信子の誘拐は別人ではないかと推理を述べた。


神津たちのテーブルに鳩村会長からシャンペンが贈られた。
神津は鳩村の席へ礼を言いに行くと
鳩村はほんの歓迎の気持ちだと言った。


探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津は鳩村が鶴巻だったことを知っていて
鳩村はさすが神津先生だと感嘆していた。


神津が松下に依頼していた「白魔事件」というのは15年前に起こった
ミッション系の大学に通う女子大生の暴行殺人事件だった。
犯人として講師で牧師の藤枝が逮捕された。
藤枝は白人のように色が白いことから、マスコミから白い悪魔「白魔」と呼ばれた。


藤枝は横浜にいたとアリバイを主張して犯行を否認したが
事件を担当した鶴巻俊之輔刑事は厳しい取り調べを行った。

神津は藤枝に病身の妻がいて、その妹が横浜のクラブでピアノを弾いていたことを知った。
妹は覚せい剤に手を出して暴力団のえじきになろうとしていた。
殺人事件が起きた時、藤枝は暴力団に500万円の手切れ金を払っていた。
その後、藤枝の妹は海外に脱出した。


神津は証言台にたち検察側の証拠を次々覆して藤枝は釈放されたが
牧師であった藤枝は容疑が晴れたものの自殺してしまい
後を追うように妻も自殺した。


真犯人はポルトガルの留学生に思えたが
帰国してしまいわからないまま終わる後味の悪い事件となった。


鶴巻は誤認逮捕で名声を失い、海外へ行ってしまう。
その鶴巻が鳩村俊之輔であることを神津は見破った。



美代釈放の知らせを受け神津が向かうと美代はピアノを弾いていた。
安奈の居所を尋ねると教会だといい神津は会いに行った。


探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

神津は安奈に白魔事件の事を話し
安奈は神津が全てを知ったことを悟った。




神津が玄太郎のところへ行くと電話で信子の居所がわかったと知らせが入り
研三、安奈も一緒にイノキ島まで行く。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌


そこにいたのは鳩村だった。

神津をパラオにおびき出すために信子を旅行に誘い誘拐した。
ナイフを突きつけられた信子が姿を現した。


鳩村はガンを宣告され、自分を失職させた神津に一言誤らせたかった。
だが、神津が土下座を拒否すると鳩村は信子を始末するよう命じた。
するとピストルを構えた安奈がそれを阻止した。


安奈は海外へ逃亡した母の妹美代から全てを聞き
両親を自殺に追いやった鳩村に復讐するつもりだった。



パーティーで花束に銃を隠し綾子を射殺した。
パラオに到着した晩、綾子殺しが安奈の仕業とわかった美代は
安奈に恐ろしいことをやめさせようと説得していた。
その様子を桐山に聞かれてしまい安奈は桐山を殺害する。


安奈が鳩村に銃を向けようとしたところ美代が駆けつけてやめさせた。
安奈は銃口を自分に向けると引き金を引いた。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

全てが終わり神津たちはパラオの海を眺めていた。
安奈は自分が死ぬときはパラオの海で眠りたいと言っていた。


美代は神津たちに料理を振る舞い、掛けてあった絵をプレゼントした。
その絵の恐ろしいが美しいストーリーを神津は安奈から聞いていた。


安奈は神津に恋心を抱いていたようだった。
神津は安奈が自殺すると思っていたが
彼女にふさわしい美しい最後を飾らせてやりたかった。















節目となる10作目ということもあってか
ついには海外ロケが行われた。


第1作目の「刺青殺人事件」の陰湿なイメージから
大きな変貌を遂げてやたらと明るくなっている。


あの時はうつ病でやたら偏屈で人嫌いなイメージだったのが
今回は青空をバックに美しい海に潜るシーンがあったりと
気が付けば神津が人当たりの良い好青年(??)に変身し
犯人役の女性に好意をもたれるまでに成長している。



探偵神津恭介の殺人推理・白魔の歌

ラストは「イノキ島」が登場する。
これは島の所有者が大のプロレスファンで「猪木島」と命名したらしい。
近藤正臣は「まさしく平和島(トウ)だね」と言ったとか。




近藤扮する神津はパラオに到着してすぐに海へ潜ったあと車で襲われたのだが、
その後、現地の少女から花をもらう。

それを研三たちに話すときに

「さすがパラオだね。危険の隣にも善意の花が咲いている。」

なんてキザなセリフも吐いている。



近藤はパラオ通でもあって、女優陣をパラオ料理店に招待していた。
そこで最後に登場したメニューが”コウモリ”で
そのままの姿でプカプカと浮いていたとか。


ドラマでも、信子が誘拐される前にレストランで食事をする場面で
桐山が帰り際に「明日はコウモリのスープだよ」と言ってましたね。






***** 探偵神津恭介の殺人推理シリーズ  関連記事 *****

1. 刺青殺人事件

2. 影なき女

3. 魔笛に魅せられた女

4. 初夜に消えた花嫁

5. 血塗られた薔薇

6. 私は殺される

7. 呪縛の家

8. 伊豆下田海岸に赤い殺意が走る

9. こだま号遠隔マジック!?人形はなぜ殺される

10.白魔の歌

11.密室から消えた美女






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

久しぶりにライブのチケットを手配しました! «  | BLOG TOP |  » 自分が心地よい人とだけ繋がればいい、断捨離と完璧主義をゆるめてみる

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (258)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (693)
土曜ワイド劇場 (157)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「危険な童話・私は殺さない・・・・」(1977年)  Oct 22, 2017
平日朝イチでも混雑!「怖い絵展」@上野の森美術館 Oct 21, 2017
「探偵事務所・奇妙な依頼人!」 (1996年) Oct 19, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦、29節 サンフレッチェ広島戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ