A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEKを見に行ってきました - 2016.10.02 Sun

昨日はTOHOシネマズ新宿にてロン・ハワード監督の
「THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years」を見に行ってきました。

THE BEATLES EIGHT DAYS A WEEK

ロン・ハワードというとトム・ハンクス主演の
「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」が思い出されますが
新作「インフェルノ」も今月末から公開されるということで
こちらもとても楽しみです。


TOHOシネマズ新宿

昨日行ったTOHOシネマズ新宿でもやるようで看板がかかっていました。
どこの映画館で見ようかなぁ。




さて、ビートルズの映画ですがタイトルにあるように
今回は彼らのライブツアーの映像をメインに
全世界が彼らに熱狂している様子や
その時の時代背景も合わせた内容になっており
メンバー4人をはじめ関係者やファン(有名人)らの
インタビューを挟みながら進行していきます。


ライブはリヴァプール時代と1963年から始まったワールドツアー、
1966年8月29日のサンフランシスコ・キャンドルスティック・パークまで。


そして、いつの時代に聞いてもその魅力は衰えない素晴らしい楽曲の数々。


10代の頃の彼らがまるで兄弟のようにいつも一緒にいながら名曲を作っていく様子や
歳を重ねて4人の成長による心境の変化から生まれる4人の距離感の変化。


ライブ映像から伝わる文字通り彼らに熱狂するすさまじいファンの様子。
これらが時代の移り変わりとともにファンの反応も変わっていく。


今のようにインターネットですぐに情報が伝わる時代でもなかったにもかかわらず
世界中どこへ行ってもビートルズはものスゴイ歓迎ぶりを受けていた。

逆に今の時代はここまでひとつのアーティストが世界中を熱狂させるということが
ないので映画を通して伝わってくるこれらの臨場感が新鮮に感じられた。


言葉で書くと平たくて映像を通してみた彼らのすごさというものが
これっぽっちも伝えられないもどかしさを感じるが
ビートルズを発掘した後のマネージャーのプロデュース力もすごい。


アメリカのスタジアムでのライブでは、メンバーは熱狂したファンの声や
アンプの質の悪さもあり音が聞こえない中演奏したのだが
演奏も歌もバッチリあっていて、音が聞こえず演奏してたなんて
本当にビックリだ。

私はカラオケでも彼らの曲をよく歌うし、キーボードでも彼らの曲を
習っていたのだが、教えてくれていた先生が
ポール・マッカートニーのアーティストとしてのレベルの高さを
話してくれたことがありそれを思い出した。

若い時だけじゃなく今でもなぜポールがワールドツアーできるのか
その歌い手としてのポールのスキルについて語ってくれた。

そして、名曲イエスタデイの良さも素人の私に
噛み砕いて教えてくれひたすら家で練習したもんです。


映画は本編が終わった後、米国でのスタジアムライブの模様がながれ
ミニコンサートのようだった。

私はいつの頃からか、ビートルズの武道館ライブに行きたかったという
思いが強く生まれてきており、この映画のミニコンサートは
まるでライブ会場に来ているかのようで違う形でだが
念願が叶ったような気分が味わえた。

マイケル・ジャクソンが亡くなったときも「THIS IS IT」を
映画館で2回見たがあの時を思い出しました。


でもやっぱりこの時代に、この熱狂ぶりを生で感じたかったですね。

20161001_6.jpg

この映画の日本限定のチラシは1966年の日本武道館での来日公演で
メンバー4人がステージに向かう後ろ姿だ。

公式チラシは最初の青背景のカラーである。

心がうるうるしてしまったので昨日感じたことの一部も書けていないが
本当に素晴らしいものはすごかったとしか書きようがないものなのかもしれない。



ということでうまく表現できないモヤモヤがありますが映画についてはここまで。


20161001_2.jpg

久しぶりに歌舞伎町へ行ったら、昔ロッテリアだかマックだかがあったところ(?)に
オシャレなカフェが出来ていた。
昨日はこの後ポケットWi-Fiの契約見直しに行く用事があったので
立ち寄らなかったが時間があればここで休憩してたと思う。


20161001_3.jpg

カフェのそばにあったイタリアンレストランの看板。
オーガニックイタリアンですって。
こちらもランチを取る時間が短かったので見送ったが
次回時間に余裕があれば是非入ってみたいと思ったので
どちらも写真を撮ってみた。

おかげさまで昨日もとても充実した一日でした。

今日からの日々も感謝して終われるよう
1日1日を大切にして生きていこうと決意を新たにしました。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

今日は暑そうなので早朝からやるべきことを済ませてしまう «  | BLOG TOP |  » またまたマックランチ

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (315)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (641)
土曜ワイド劇場 (100)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「涙・あいつは今夜もいない」  (1978年) 、「息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件」 (1982年) ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』 Aug 22, 2017
第23節 清水エスパルス戦 Aug 21, 2017
美女シリーズ1 氷柱の美女・江戸川乱歩の「吸血鬼」(1977年) Aug 20, 2017
上野の鳥光國の『光國丼』が美味しかった Aug 19, 2017
「異常の太陽」(1986年) 森村誠一 Aug 18, 2017
「名探偵雅楽三度登場・幽霊劇場殺人事件」 (1980年) 中村雅楽シリーズ第3弾 Aug 17, 2017
「京都妖怪地図・河原町に棲む四百歳の不倫女医」(1986年) 三ツ矢歌子版  Aug 16, 2017
「京都妖怪地図・きらら坂に住む400歳の氷女」 (1981年) 宇津宮雅代版  Aug 15, 2017
「透明な季節・僕が愛した帝国軍人の妻」(1982年) 江戸川乱歩賞 梶龍雄の青春ミステリー Aug 14, 2017
「名探偵雅楽登場!車引殺人事件つづいて鷲娘殺人事件」 (1979年)  中村雅楽シリーズ第1弾 Aug 13, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる