2016/10/29
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

関口宏の弟、関口守(佐野守)「肝っ玉かあさん」であの演技を再び見ることになった

category - 昭和のテレビドラマ
2016/ 10/ 29
                 
我が家ではよくBS12トゥエルビを見ています。
BSを見れる環境であれば無料で見られるチャンネル。

「ありがとう」シリーズや、「女と味噌汁」など
自分が知っていた番組も初めて知った番組も
楽しく見させてもらっている。

最近つけっぱなしにしてよくみているのが
京塚昌子主演のホームドラマ「肝っ玉かあさん」だ。



201610肝っ玉かあさん_1

そこになんと関口守が出ていたのだ!

肝っ玉かあさん

昔なつかしの昭和のホームドラマ。
京塚昌子演じるそば屋「大正庵」のおかみが主人公。

関口守

京塚昌子の娘・沢田正美のボーイフレンド役の
田中公一として関口守が出ている。

関口守(のちに佐野守と改名)は関口宏の弟。
関口宏というと妻は西田佐知子、息子は関口知宏、
そして、父親は昭和のスター佐野周二という芸能一家だ。

佐野周二

関口宏と関口守の父、松竹の二枚目スター佐野周二(本名:関口正三郎)。

この関口守(佐野守)の姿を私が最後に確認したのは
1983年放送の土曜ワイド劇場「天使と悪魔の美女」だ。
ここで鰐淵晴子の助手として出演していた。


そんな芸能一家の一員である関口守なのに
今現在どのような生活を送っているのかについては
一切情報がない状態。

関口宏の口から弟のことについて語られたこともないようで
未だに謎めいた兄弟関係なのだ。

同じ芸能一家の田村三兄弟(田村高廣、田村正和、田村亮)は
次男の田村俊磨が実業家で俳優ではないものの
あるテレビ番組で高廣の存命中に4人揃って出演していて
彼らの父である二枚目スターの阪東妻三郎の想い出を語っていた。


しかしながら関口兄弟では弟がたとえ一時であれ
そこそこ俳優としてテレビに出ていたにもかかわらず
そのようなことは一切なく関口守がテレビから姿を消した後は
どうなったかの情報が全くない。


そんな謎めいた関口守なのだが
彼の演技がこれまたスゴイのだ!

これは、私が初めて関口守を認識したテレビドラマ
「気になる嫁さん」で彼の演技を一目見てから思っていたことだが・・・


201610肝っ玉かあさん_4

とにかく演技が大根なのだ。
というか大根以前の気がする。

「肝っ玉かあさん」は派手さはないが
出演者は芸達者な役者が揃っている。

そんな中、見てはおれないくらいの大根っぷり。


私は以前気になる嫁さんでこの演技を見た時は
本当に驚いた。
「なんだ、この人!?」と一発で印象に残ってしまった。

201610肝っ玉かあさん_6

「気になる嫁さん」ではヒロイン榊原るみの恋人役。

「肝っ玉かあさん」でも主演の京塚昌子の娘
沢田正美の恋人役というように
ある程度のポジションを得ている。


そこそこ出番もあるしセリフもある。

台詞がないシーンだったらいいかというと
また台詞がない場面でもなんというか
表情がつっぱったかんじで不自然さが際立つのだ。


201610肝っ玉かあさん_5

特に、他の俳優たちの演技がしっかりしているだけに
そういうことがより際立って見える。

共演者たちも正直「やりづらいだろうな~」などと
その心の声をあれこれ想像しながら
関口守の演技を見るのが少し楽しくなってきた部分もある・笑


京塚昌子はじめ呆れただろうが
「あの佐野さんの息子だからしょうがないか」と思ったことだろう。

「肝っ玉かあさん」は流し見なので毎回しっかりとみているわけではないが
こういうひねくれた楽しみ方もあるので最後まで見る予定である。


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント