2016/11/02
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2017年に行きたいと思える気になる美術展

category - 美術・展覧会レポート
2016/ 11/ 02
                 
今年もあと2か月。
そろそろ来年の事も考えたりしています。


9月頃から来年の美術展の予定を調べていますが
かねてより日本に来てほしかった作品がいくつか来ることがわかりました。



自分用のメモとして行きたい美術展候補を
今年から来年に行う会期のものは除いて
来年から始まるもののみピックアップ。

20161101.jpg


1/21~4/2 『ティツィアーノとベネツィア派展』  @東京都美術館

2/4~5/21 『オルセーのナビ派展』  @三菱一号館美術館

3/8~6/5 『ミュシャ展』  @国立新美術館

3/18~6/18  『大エルミタージュ展』  @森アーツセンターギャラリー

4/18~7/2  『バベルの塔展』 @東京都美術館

6/14~9/4 『ジャコメッティ展(仮称)』  @国立新美術館

6/17~9/24  『レオナルド×ミケランジェロ展(仮称)』  @三菱一号館美術館

11/22~2018/1/28  『フランス宮廷を彩ったセーヴル磁器」(仮称)』  @サントリー美術館


今のところこんなかんじなのだが、
この中で開催を知って大喜びしたのが3つある。


あまり時間がないのでサクッと簡単に書いてみる。



1. 「大エルミタージュ展」

これは数日前に知ったばかり。

フランスやイタリアものはよくやるのだが
なかなかロシアの美術館ものはやらなくてずっと見たかったのだ。

エルミタージュ美術館はロシアの国立美術館。
さっそくホームページも出来上がっていて
作品紹介などを見たが今から期待で胸が一杯である。


あぁ、あとはロンドンのナショナルギャラリー展を
どこかでやってくれれば最高なのだが・・・



2. 「バベルの塔展」

一度は生で見たかったブリューゲルの「バベルの塔」
これをついに見ることが出来る!

「バベルの塔」は24ぶりの来日ということだが
もちろん私は初めてでずーっと見たかった作品のひとつ。


またユニークな作風のヒエロニムス・ボスの
初来日作品もあるということで楽しみである。



3. 「ティツィアーノとベネツィア派展」

なんとこれもまた見たかったティツィアーノの
「ダナエ」が初来日するのである!


この美術展のチラシ表面はティツィアーノの
「フローラ」なのだが私的には断然裏面の「ダナエ」の方に心が惹かれる。


あとは、もうふたつみっつこうした大きな美術展を開催して欲しいところ。

日本美術はまだ来年の状況が確認できてないし
モード系(宝飾含む)表慶館あたりでやってくれないかなぁと考えている。

関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント