Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2016-11-16 (Wed)

「棟居刑事の復讐」 (1996年)  棟居刑事シリーズ第2作目

佐藤浩市の棟居刑事シリーズ第二作目。


●森村誠一の作家30年記念
「棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?
突然の婚約破棄と母親殺しを結ぶ点と線・・・」
1996年11月16日
原作: 森村誠一  棟居刑事の復讐 (講談社文庫)
脚本: 長坂秀佳
監督: 星田良子(共同テレビ)
制作: 東宝
出演: 佐藤浩市、水野真紀、地井武男、
薬丸裕英、すまけいほか





棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?






警視庁捜査一課の棟居弘一良警部補(佐藤浩市)の妻子が殺された
「成城母子殺人事件」は、未解決のまま4年が過ぎた。
事件の主任刑事は先輩の横渡武警部補(地井武男)で、
棟居は手掛かりがありながらも未だに犯人を見つけられない苛立ちをぶつけてしまう。



棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?




その後、「バーおりえ」で横渡とママの朝田織江(川口節子)が何者かに刺されたうえ、
店に火を放たれるという事件が発生。
織江は死亡し、横渡は集中治療室に運び込まれ意識不明の重体である。
病院へ行った棟居は、横渡の娘・瑞恵(山本麻生)が二年前に
ジェットスキーの当て逃げ事故により車いす生活を送っていることを知った。



妻子が殺害された時、ある事件を通して知り合った妻に瓜二つの本宮桐子(水野真紀)は、
そんな瑞恵の話相手になっていた。
棟居は桐子から、横渡が瑞恵を事故に合わせた犯人を挙げようとしていたようだと知らされる。




消火後のバーおりえからは、二十八年前の捨て子の新聞記事が見つかり、
棟居たちは赤ん坊の引き取り先の愛児園を訪ねた。
そこで、赤ん坊が玉川幸一という名であることや、
十五歳になると施設を飛び出し行方不明であることがわかった。



棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?


横渡の爪からは幸一のタオルについていた毛髪と同じDNAの皮膚組織が検出され、
幸一が自分を棄てた母に復讐した可能性が出てくる。
横渡は愛児園に聞き込みへ行っており、なぜ幸一の行方を追っていたのか謎が残る。



そんな時、瑞恵は当て逃げ犯は、政治家・藤枝是明(すまけい)の令嬢・佳子(大竹一重)と婚約した、
新進画家の大江雅弘(薬丸裕英)だと言い出した。
棟居は大江と幸一が同一人物ではないかと疑いはじめる。



そうであれば自分を棄てた織江に復讐し、当て逃げ事故を探っていた横渡の口封じと、
二人を殺害するだけの動機がある。



大江の戸籍を取り寄せるとこれまでの経歴を洗い出した。
棟居は大江と直接会い本物の大江雅弘かどうか少年期のことを尋ねるが、
大江は子供時代の思い出話をよどみなく語りスキがない。


棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?






しかし、ぶしつけな尋問に憤慨した大江は佳子にこのことを話したため、
藤枝を通じて課長(浜田晃)から圧力をかけられてしまう。



棟居は愛児園に残されていた幸一の遺留品のひとつ信州上田のお守りの”蘇民将来”が、
横渡の机の引き出しの中にもあるのを発見して現地に飛んだ。




そこで大江が藤枝たちと一緒に蕎麦を食べていたことを知った。
大江の少年時代を知る友人の話では、大江は重度の蕎麦アレルギーだった。
これは今の大江が別人ということなのか、アレルギー克服をしたのか判断に迷った。



東京へ戻った棟居は十年前に大江を見かけたという友人から話を聞くことが出来た。
当時、大江はホームレスになっていて、愛児園にあった幸一の少年時代の写真とは
全くの別人だという証言がとれた。


棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?



その後の捜査で大江雅弘と思われる身元不明の死体が発見され、
棟居は幸一がホームレスだった大江と親交を持ち、大江の死後に幸一が大江になりすますと、
大江の遠縁の画家の巨匠に弟子入りをしたのではないかと推理した。




横渡が奇跡的に意識を回復し、棟居に大江の捜査を託した。
その強靭な生命力には驚かされるばかりだった。



棟居刑事の復讐・死んだはずの容疑者!?




なんとしてでも瑞恵に怪我を負わせた犯人を捕まえたかったのだろう。




(現在元記事の一部のみ公開しています)





棟居刑事の復讐 (講談社文庫)




棟居といいペアだと思っていた横さんが、まさか2話目で消えてしまうとは・・・。
奇跡的に意識を取り戻したときは、そのまま順調に回復するのだと思っていたんだが。



90年代半ばにはじまったシリーズものだが、結構しっかりしたつくりです。




ただ、犯人の代議士役を演じたすまけいがイマイチ悪人らしくなく、
どこか物足りない感じが「あぁ、90年代なんだなぁ」と思わせられた。
まぁ、ヤックンも出てるしなぁ。







************ 棟居刑事シリーズ 関連記事 ************

1. 「棟居刑事のラブアフェア」

2. 「棟居刑事の復讐」

3. 「棟居刑事の情熱」

4. 「棟居刑事の複合遺恨」

5. 「棟居刑事の黙示録」




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント