展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「女弁護士朝吹里矢子・選ばれた”衝動殺人”」 (1992年) シリーズ第13弾

category - 土曜ワイド劇場
2016/ 12/ 26
                 
十朱幸代の女弁護士朝吹里矢子シリーズ第13弾。




●「女弁護士朝吹里矢子・選ばれた”衝動殺人”
女子高生の堕ちた罠」  1992年12月26日
原作: 夏樹静子  『瀬戸際の期待』 花の証言 (集英社文庫 59-F) 収録
脚本: 重森孝子
音楽: 大野雄二
監督: 鷹森立一
制作: 東映
出演: 十朱幸代、石黒賢、藤田弓子、
大路恵美、下川辰平、福田豊土、大山のぶ代ほか



朝吹里矢子(十朱幸代)は、調査員伊東文次(下川辰平)、
事務員吉村サキ(大山のぶ代)らと一緒に独立して
自分の事務所を持った。


初仕事は、自分の事務所に所属することになった
新米弁護士の三島建吉(石黒賢)が、
かつての下宿の娘・沢木春江(大路恵美)に頼まれた事件だった。



春江には碓氷正一(小磯勝弥)という友人がいる。
正一の父碓氷道造(福田豊土)は土建会社林田組で
建設作業員をしている。

道造は自宅で現場主任の岡堀栄(片桐竜次)を手拭いで絞殺してしまったというのだ。



中国残留孤児だった道造の妻は、帰国後まもなく死亡し、
中国人だった道造は日本に帰化していた。


子どもは長男の正一の下に二人の娘がいる。



道造は岡堀に暴力団がらみの賭博に引きずり込まれ
200万円の借金があった。


警察では、岡堀から多額の借金をしていた道造が
返済を迫られ思い余って殺してしまったのではと見ていた。


調査をすすめた里矢子は、岡堀が暴力団と組んで
少女売春を行っていたことを知る。


その後、道造の体力では殺人は不可能ではないかと考えたとき、
正一が岡堀殺しは自分だと言って自首してきた。




果たして、事件の真相は--?









結果的にはこれが十朱幸代が演じる里矢子の最終作となるのだが
今回、里矢子は独立・新事務所を構えて
かつて自分が藪原のところにいたときと同じく
イソ弁役の石黒賢を迎えている。


この時点では、まだ同じメンバーでシリーズを継続するつもりだったのだろうか?



十朱幸代と石黒賢は今回が初共演。
以前から石黒との共演を望んでいた十朱は
いつにもまして撮影を楽しんでいた様子だったということです。



法廷もののドラマでは難しい法律用語が出てくるために、
役者にとってはセリフ覚えに頭を悩まさることとなるのだが
石黒は楽々とクリアして、そのセリフ覚えの良さには十朱も舌をまいたとか。



************ 関連記事 ************


1. 「女弁護士朝吹里矢子・黒白の暗示」

◆ 「女弁護士朝吹里矢子・黒白の暗示」 (原作)

2. 「天使の証言・女弁護士朝吹里矢子」

3. 「囁く手首の謎・女弁護士朝吹里矢子」

4. 「三重逆転!完全犯罪・女弁護士朝吹里矢子」

5. 「華やかな狙撃者・女弁護士朝吹里矢子」

6. 「女弁護士朝吹里矢子・レイプされた恋人」

◆ 「女弁護士朝吹里矢子・レイプされた恋人」 (原作)

7. 「女弁護士朝吹里矢子・モーテルの女が消えた!」

8. 「女弁護士朝吹里矢子・夫の愛人を二度殺した人妻」

9. 「女弁護士朝吹里矢子・相続欠格の秘密」

10. 「女弁護士朝吹里矢子・軽井沢、白と黒の同窓会!」

11. 「女弁護士朝吹里矢子・小さな目撃者」

12. 「女弁護士朝吹里矢子・相続放棄の謎」

13. 「女弁護士朝吹里矢子・選ばれた”衝動殺人”」





関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント