2017/01/04
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「俺たちの世直し強盗・平均年齢72歳の痛快計画!」 (1997年)

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 01/ 04
                 
”俺たちの強盗シリーズ”(?)の第二作め。





●「俺たちの世直し強盗・平均年齢72歳の痛快計画!
教祖様は年寄りの涙を金にかえる?
消えた20億が暴く色と欲!!」  1997年1月4日
脚本: 橋本綾
監督: 小田切正明
制作: ザ・ワークス
出演: 植木等、いかりや長介、谷啓、所ジョージ、
千堂あきほ、加藤治子、石橋蓮司ほか



俺たちの世直し強盗



元刑事の久保平助(植木等)、時計屋の野村常次(谷啓)、
元泥棒の山本巌(いかりや長介)は1年前の銀行強盗を成功させた仲間。




作戦の最中に他界した進吉の命日を常次の店で偲ぶことになった。
しかし、なぜか巌だけが姿を現さない。





巌は食中毒で入院しているときに、看護婦の江里子(千堂あきほ)と、
偶然再会した同級生の桜子(加藤治子)が持っていた
”神の石”で治ってしまった。



俺たちの世直し強盗

その後、巌は「神の石の会」という宗教に入会していた。


「神の石の会」は元エリート官僚を自称する高山創雲(石橋蓮司)によって創設され
老人たちが働いた金で老人ホームを作り年寄りを救済することを目的としていた。


平助は元刑事のカンで詐欺だと見破るが
巌だけでなく常次までもが入会していた。




ところが、老人ホーム建設資金が事務局長に持ち逃げされるという事件が起こり、
桜子が過労で他界していたのだった。


平助は詐欺集団の悪事を暴くために、ユニークな作戦で立ち向かう。








//////////////////////////////////////////////////////////////////




前年の1月第一週に放送された「俺たちの銀行強盗」の続編。
下元勉が死亡した(ドラマの設定上)ということで、
今回は植木等、いかりや長介、谷啓の三人組となる。



このシリーズは二作で終わるのだが、渋くてユニークで
いろいろと考えさせられる面もあり好きなシリーズでした。



************ 関連記事 ************

「俺たちの銀行強盗・平均年齢72歳の痛快計画!盗んだ1億が3億に化ける」



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント