FC2ブログ
2017/01/29
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

鹿島新体制発表と新加入選手の紹介とタイでの試合、柴崎のCDテネリフェ移籍が発表された

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 01/ 29
                 
今日は鹿島の新体制発表の日!
ということでネットでこの模様を見ていました。
記者会見の様子もっと見たかったなぁ。


新人の安部くんが端正な顔立ち&しっかりしていて
とっても好印象だった。
安部くん、小田くん共々緊張している感じが伝わってきて
フレッシュな感じで初々しかったですね。


柴崎の移籍のゴタゴタが気になるけど
私があれこれ考えてもしょうがない
なるようになるだけと思っています。


あと、昨日は体制発表直前に韓国から
クォン・スンテの加入も発表され
今年の補強の本気度がビンビン伝わってきました。

すごく礼儀正しい感じがして実力だけでなく
人柄も良さそうで早く鹿島でのプレーが見たいです。

リーグ開幕が待ち遠しい!

今週はタイでの試合もYouTube観戦できました。

といっても1戦目はハイライトしか見れず
2戦目の後半途中でライブ配信されていることに気がつき
スマホとノートパソコンで見た。
後半20分位は見れたかなぁ。


スマホ、ノーパソともに自宅の無線Wifiにつないでいたにも関わらず
この二つに若干の時差があったのが面白かった。

デスクトップは有線なので通信環境が一番良いのだが
鳥さんを遊ばせていたため鳥さん部屋にノーパソを持ち込んで
こたつでぬっくり暖まりながら粗い画像と時折静止画になりながらの
観戦というとても目が疲れる環境だった。

でも、カクカク映像でも見たかった鹿島の試合が見れて良かった。

2戦目は前半に4失点してたということで
後半追い上げてはいたんだが、追いつく事すらできなかったのが残念でした。

それでもこの2日日間でペドロ・ジュニオール、レオ・シルバ、レアンドロという
新加入ブラジル人が全て得点できたのは良かった。

特にレアンドロは国外からの移籍で
これまで期待していたにもかかわらず
フィットしなかった助っ人も結構いたので
動きも良かったし期待できそうでホッと一安心。

そして、レオ・シルバはCKあんまり良くないなぁと
思っていたら、最後になってFKを直接決めてくれた。


しかし、2戦目の負けはやっぱり嫌なもんです。
勝負にこだわるのが鹿島だと思っていますから。


大洗大使 蝶野正洋

昨日埼玉へ行ったら駅にこんなチラシが。

大洗って茨城県なのに、と思って
持って帰ってきました。

プロレスラーの蝶野正洋が大洗大使に就任したらしい。

大洗のアクセスの案内のところに
しっかりと「鹿島サッカースタジアム駅」も載っていた。


今年はホームでの試合も見に行きたいと思っています。



■柴崎のCDテネリフェ移籍が発表された


昨日ようやく柴崎の移籍の発表が公式にされましたね。
背番号は「20」でかつて鹿島で付けていた番号と同じ。

柴崎選手がCDテネリフェに移籍

日本のマスコミの記事が2転3転したりで
決まるまで翻弄されて疲れましたが
決着して良かったです。

柴崎のスペインでプレーしたいという
強い思いが今回どういう結果を迎えるのか
興味津々で見守っていました。


今回、身の回りのものも最低限にして
残りは実家に送ったという記事を読んで
彼の並々ならぬ決心を感じました。


絶対にスペインで契約を勝ち取る!
彼は退路を断ってこのチャレンジに臨みました。


以前スペインを旅行して自分がここで
プレーをするということを先取りで体感してたという
記事にも共感を覚えました。


結果が出る前に先にそれを体験して
自分がここへ来るんだという信念を
自分の中で確信に変えていく。


私自身も普段こういう先取りの体験&心境を
得て自身に信念を植え付けるということと
決断して退路を断って進むべき道へ行くしかない
状況に自らを追い込むことを実践していたので
彼の今回の移籍までの経緯は共感できることが
数多くありました。


これは私にとってとてもひと言では言い表せない位
いろんな気づきと学びがありました。


だって、言うのは非常に簡単ですが
これらを実際に行動に起こすって
とっても勇気がいるんです。


安定している場所にいさせようとする
自分の無意識との戦いで
時には大きな恐怖心が噴き出してくる。


だから、最後はどれくらい自分を信じられるのか。
内なる自分との戦いなんですね。


時にはまわりのアドバイスが雑念になることもある。
それらに自分が揺さぶられないという
自分軸の確立も必要となります。


そういう意味では早々とスペインへ発って
日本にいなかったことも彼にとっては良かったのでは。

今、やるべきことだけに自分の意識を向けられますからね。


個人的には鹿島に残ってプレーをして欲しかったですけど
ここまでの彼の気持ちを考えたら快く送り出したいですね。


篤人や大迫のようにまたいつの日か
帰国した際に鹿島を訪れてくれたら嬉しいですね。


さぁ、今日から鹿島も宮崎での試合が始まります。


今年の鹿島がどんな感じなのかすごーく気になります。



(2017年2月2日 追記)




関連記事
スポンサーサイト



                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント