Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-02-20 (Mon)

「恋人交換殺人事件・雪山に消えた七人」 (1982年)  赤川次郎 『死体置場で夕食を』

80年代初頭の単発ものは本当に久しぶりの放送ですね。

吹雪で道に迷ったカップルがようやくたどり着いたロッジに泊るが
そこではスワップパーティが行われたという面白い設定。


翌朝、カップルの男が焼死したことから連続殺人事件が発生するというもの。
スワップパーティに端を発する殺人事件だが、赤川次郎原作なのでエロさはあまりなく軽快なタッチで描かれている。

また、一話一話に丁寧に作り込まれた音楽がドラマに哀愁を添えており耳に残るドラマでもある。


●「恋人交換殺人事件・雪山に消えた七人」  1982年2月20日
原作: 赤川次郎  『死体置場で夕食を
脚本: 福田陽一郎
音楽: 丹羽応樹
監督: 手銭弘喜
制作: 東映
出演: 池上季実子、柴俊夫、小倉一郎、
名古屋章、片桐夕子、高沢順子ほか



恋人交換殺人事件・雪山に消えた七人


カメラマンの紺野芳子(池上季実子)は雑誌編集者をしている恋人の糸井洋一(小倉一郎)とドライブ中に
夜道で吹雪に襲われ森の中に迷い込んでしまい、ようやく一軒の山荘に辿り着いた。


そんな二人はロッジの管理人・福原(三谷昇)から快く迎え入れられ中へ入ると男女六人の先客がいた。
その中のひとり、ホテル会社の役員をやっているという湯川(藤木敬士)は調子が良く饒舌で
芳子と洋一に、ここはロッジではなく安西(佐伯徹)とその妻(弓恵子)の別荘だといい軽い自己紹介を始める。


他の三人は運送業を営んでいる太田竜三(出光元)、元ホステスで後妻のマリこと妙子(高沢順子)夫婦と
夫の到着を待っているという田代美奈子(片桐夕子)で彼らは旧知の間柄らしいがどこかぎこちなく
芳子は住む世界が違うと感じていた。


恋人交換殺人事件・雪山に消えた七人



芳子と洋一は疲れが出てきたこともあり彼らとは別れて夕食は部屋で取ることに。
部屋に入ると洋一は室内が明るいといい隠しカメラの存在を気にしはじめ
以前、取材で盗撮事件を扱ったことを思い出したという。


用意された夕食を食べ終えベッドに入った芳子は女の嬌声で思わず起き上がり扉を開けて廊下の様子を伺い
芳子と洋一は安西ら六人がスワップパーティーをやっていることに気がついた。
いくら不道徳だからといって注意するわけにもいかず気にするなと洋一は言うが
芳子は彼らはスワップパーティーだけではなく何かウラがあるように思えてならない。


(現在元記事の一部のみ公開しています)




死体置場で夕食を: 〈新装版〉 (徳間文庫)



もう一度見たいなぁと長年思っていたので放送されたのは本当に嬉しい。
この時代の単発って本当に放送されなくなりましたね。


CS他局の2時間ドラマってシリーズものがメインで、ピンクハンター、息子殺しのように
はじめの何作かが海外小説の映像化だとそこだけは絶対に放送されない。


たまーーに懐かしいのをやってくれていたホームドラマチャンネルでさえも
韓流ドラマ押しが強くなってきて、国内ドラマのカテゴリーも
国内ドラマ・バラエティーのように縮小化されてきている。


期待していた日本映画専門チャンネルが2時間ものに関してはイマイチなので
回数は少ないが東映チャンネル、AXNミステリーに期待したいところ。






それでも80年代前半までの2時間ドラマ、70年代位までのドラマは面白いものが多いので
これからもバンバン放送して欲しい。



(2020年11月14日 更新)





吹雪の中で道に迷いある別荘にたどり着いたアベック。
そこでは、夫婦交換パーティーが繰り広げられていた。
やがて、殺人事件が発生し二人は事件に巻き込まれてしまう。


●「恋人交換殺人事件・雪山に消えた七人」  1982年2月20日
原作: 赤川次郎  『死体置場で夕食を
脚本: 福田陽一郎
音楽: 丹羽応樹
監督: 手銭弘喜
制作: 東映
出演: 池上季実子、柴俊夫、小倉一郎、
名古屋章、片桐夕子、高沢順子ほか


芳子(池上季実子)と洋一(小倉一郎)は恋人同士。


冬のドライブに出かけた二人は吹雪の中で道を誤り
木立の奥にある山荘にたどり着いた。


その夜、ふと目を覚ました芳子は
隣室から女の嬌声のようなものを聞いた。


山荘では夫婦交換パーティーが繰り広げられており
その後謎の殺人事件が発生し芳子は思いがけない
恐怖に身をさらすことになる。




死体置場で夕食を: 〈新装版〉 (徳間文庫)




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント