展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「人それを情死と呼ぶ」 (1977年)

category - 土曜ワイド劇場
2005/ 11/ 12
                 
連帯保証した友人の会社が倒産し債務を負ったサラリーマン夫婦が
次々と殺人を重ねるサスペンスミステリー。


●「人それを情死と呼ぶ」  1977年11月12日
原作: 鮎川哲也
脚本: 石松愛弘
音楽: 小野崎孝輔
監督: 小田切成明
制作: 吉田名保美事務所
出演: 佐久間良子、米倉斉加年、南風洋子、観世栄夫、
日色ともゑ、長塚京三、鈴木智、大森義夫ほか



本田(米倉斉加年)と節子(佐久間良子)夫婦は連帯保証をした
友人の会社が倒産し、三千万円の負債を負った。

事情を知った同居中の節子の姉・久子(南風洋子)は、
勤めている外国商社からボーナスが三千万円出ると告げたが
その直後急死してしまった。


ボーナスがもらえなくなるのを恐れた久子は
「死んだことを知らせないで」と遺言を残していたが。



関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント