2017/02/26
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「東京湾殺人めぐり」 (1983年)  池島春子シリーズ2作目

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 02/ 26
                 
中田喜子演じる池島春子シリーズの第2弾!





●「東京湾殺人めぐり・隣の主婦は覚せい剤中毒!?
”止めておねがい!”」  1983年2月26日
脚本: 高橋稔
音楽: 津島利章
監督: 山根成之
制作: アズバーズ
出演: 中田喜子、近藤正臣、なべおさみ、石井富子、
長谷直美、島田洋七、根上淳、神田隆、高峰圭二ほか




東京湾殺人めぐり 池島春子シリーズ



池島春子(中田喜子)は駒形署防犯課の婦警で
三年前に夫を病気で亡くし、
今は幼稚園に通う息子の信一(矢島裕史)と二人暮らし。


ある日、町内のレクリエーションで釣りをしに船で東京湾へ出た。
舟の中で隣人の江守玲子(長谷直美)が、
突然覚せい剤中毒の発作を起こし暴れだした。




玲子の手帳から売人らしい次郎(沖雅美)という男をつきとめた春子は
黒幕として暴力団組長の宇佐美(神田隆)が背後にいることを知った。



春子は上司の塚原警部補(近藤正臣)と三浦刑事(光石研)の協力を得て
自らがおとりとなって覚せい剤の密売ルート追及に乗り出す。



ところが、春子が捜査を進めるうち、塚原の行動から
彼が覚せい剤中毒にかかっているのではないかと疑問を抱き始めた。



そんな折、塚原と春子が夜の街を歩いていると何者かが狙撃してきた。


東京湾殺人めぐり 中田喜子 近藤正臣




池島春子シリーズ


■ 「隅田川殺人下り・整形鬼女の復讐」


■ 「東京湾殺人めぐり」




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント