Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-03-04 (Sat)

「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年)  コーネル・ウールリッチ 『THE LIGHT IN THE WINDOW』

コーネル・ウールリッチの原作を片平なぎさ主演でドラマ化。


●「十和田湖畔偽りの花嫁・化粧室が火の海に…
すりかわった妊娠8か月の私…」  1995年3月4日
原作: コーネル・ウールリッチ  『THE LIGHT IN THE WINDOW』
脚本: 竹山洋
音楽: 甲斐正人
監督: 池広一夫
制作: 大映テレビ
出演: 片平なぎさ、岡田茉莉子、並木史郎、
鹿内孝、片岡五郎、木村元ほか



寺井京子(片平なぎさ)はヒモの小川明夫(鹿内孝)の子を妊娠し妊娠8ヶ月になっていた。
結婚してくれと言ってもそうはしてくれず、逆に出産費用を巻き上げられて
傷心を紛らわせようと六本木のナイトクラブを訪れた。


化粧室で、同じく妊娠7か月の樋口晴美(根本里有子)と出会う。
晴美は両親もおらずアメリカで暮らしていた。
十和田湖で大きなホテルを経営している沢野一枝(岡田茉莉子)の息子
清(江原正士)と交際していたが両親がいない晴美との結婚を結婚を反対されていた。
ようやく一枝から許しが出て、明日初めて会うことになっていた。


十和田湖畔偽りの花嫁




晴美は婚約指輪がきついといい、京子が試しにはめてみるとピッタリだった。
そんなさなか、突然ガス爆発事故が起こり辺りは火の海に包まれた。



1か月後、京子が病院で目を覚ますと、死亡した晴美と自分が
間違えられていて、意識を失っている間に京子は男の子を出産していた。
息子は一枝から清一と名付けられていて、不幸な身の上だった京子は
これを機に晴美になりすまして幸せな生活を手に入れようとする。



顔に火傷を負った京子は整形手術を施し、いよいよ包帯を取る日に一枝も病院へやってきた。
晴美はまだ入籍をしておらず、一枝は京子はまだ若いので一枝が清一を引き取るといい
晴美になりすました京子に人生をやり直すように諭す。
京子は清一は渡さないというと、清の弟仁(並木史郎)がやってきて
一枝を説得し京子は清一を連れて一枝たちと一緒に十和田へ行くことになった。




十和田湖畔偽りの花嫁






いよいよ退院することになった京子のもとへ晴美の友人が見舞いにやってきた。
ボロがでないようにする晴美は友人に一枝に自己紹介してもらうよううまく対処した。
一枝と友人は軽い自己紹介をして名刺を交換した。


京子たちが病院を去ると、友人は別人のように顔が変わったと感心していた。
担当医の前田(木村元)は別人のように変わったということに不信感を抱いた。


ホテルへ着くと、一枝は京子に従業員は派手なものを身に着けていてはダメだといい
婚約指輪を外すように命じた。



十和田湖畔偽りの花嫁

指輪を預かった一枝は、晴美の指のサイズに合わせて10号に直したはずが
それより小さいままだったことに気づく。
京子は以前は太っていたからとなんとかごまかした。


ナイトクラブでの家事騒ぎで化粧室で寺井京子が死に、
樋口晴美が生き残ったとマスコミにも報道されていた。


一枝は清一がちっとも清に似てないと言い
晴美と京子があの時逆になることもありえたと話
すりかわった京子は気が気でない。


動揺した京子は部屋に流れている音楽の名前を聞くと
一枝は清が大好きな民謡でよく晴美に歌っていたと聞いていたと
疑問をなげてきた。
京子はあわててそれを思い出した風を装ってその場を取り繕う。



客商売をしている一枝はこれまでいろんな人を見てきて人を見る目があり
京子の様子が変なことが引っかかっていた。
一枝は友人の名刺を持ち出すと、晴美の特徴などを聞き出し
彼女がピアノが得意なことを知った。


一枝はホテルの喫茶室に京子を連れていくと、置いてあったピアノを
弾いてほしいと言った。




(現在元記事の一部のみ公開しています)



//////////////////////////////////////////////////



原作はコーネル・ウールリッチの「THE LIGHT IN THE WINDOW」ということで
このドラマで初めてウールリッチの作品でそういうタイトルがあるのだということを知った。
ウールリッチというと土ワイでもドラマ化した「喪服のランデヴー」や
「黒衣の花嫁」がまず思い出されます。



コーネル・ウールリッチというよりも、ウイリアム・アイリッシュといった方が
お分かりになる方もおおいのではないでしょうか。
ペンネームのウイリアム・アイリッシュ、本名のコーネル・ウールリッチでも
作品をだしていて精力的に活躍する人気作家のイメージがありますが
私生活は波乱万丈で、晩年には糖尿病や壊疽による足の切断もしていて
作家の人生そのもののドラマ化できそうですね。


今回片平なぎさと岡田茉莉子が嫁姑を演じていて同じ設定の「高台の家」を思い出しました。
また片平なぎさと並木史郎の組み合わせも何気に多いような。
土ワイの好みなのでしょうか、この組み合わせ。





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント