2017/03/07

Post

        

円谷プロの「怪奇!巨大蜘蛛の館」 

category - ライフスタイル
2017/ 03/ 07
                 
土曜ワイド劇場の円谷プロ制作の恐怖シリーズ
第1作目の「怪奇!巨大蜘蛛の館」を見ました。
先月テレビ前で待機してたのに、将棋中継に変更になった回で
ようやっと見ることが出来てとても嬉しい。


だいぶ前にネットの動画で1回見たっきりです。
犯人の弟がやたらとわめいていたのが印象に残っている。


ヘドロ怪獣ザザーン
毎回、本編前後に登場するヘドロ怪獣「ザザーン」
やたら垂れ下がった体してると思ったら
”ヘドロ”だったんですね・笑

怪獣のフィギュアマニアは結構欲しい形の人形かも。








●「怪奇!巨大蜘蛛の館・復讐を決意した姉の前に
現れるクモは妹のすすり泣く怨霊か」  1978年8月26日
脚本: 田口威光
音楽: 冬木透
監督: 岡本精
出演: 小川知子、中山仁、田口久美、梅津栄、
明石勤、小林文彦、森幹太ほか

巨大蜘蛛の館



津村昭子(田口久美)は作詞家でもあり高級クラブの経営も行っていた。
クラブでは歌手志望の女たちを雇っていた。

怪奇!巨大蜘蛛の館 田口久美


実は、昭子が書いた歌は愛人の西川(明石勤)が書いたものだった。

怪奇!巨大蜘蛛の館 明石勤

西川は不祥事を起こし逮捕された過去があった。
そのことを知っているのは二人に付きまとうトップ屋の千葉(梅津栄)だ。


昭子は西川と関係を続けながらも、店の客の実業家で莫大な資産を
持っている大村武一(森幹太)も狙っていた。
西川とふたりで大村の財産を乗っ取るつもりだ。


しかし、大村は歌手志望でクラブで雇っているカオリ(渡井直美)に
興味を持ちだしてきて、歌手にしてやるために世話してやると言い出した。


そのことを知った昭子はカオリを殺してしまう。
殺害後、昭子の弟の健二(小林文彦)が現場に入ってきて
西川と一緒に死体を埋めに行く。




カオリの姉の彩子(小川知子)は妹が突然失踪したことで不安な日々を送っていた。
彩子に宛てた手紙では「大村との恋で思い悩み、しばらく旅に出る」というものだったが
彩子はこれに納得していない。

それに、失踪後誰もいない部屋でピアノの音が聞こえ
カオリはすでに死んでしまっているのではという予感があった。


怪奇!巨大蜘蛛の館 小林文彦

大村の屋敷や、弟の健二と二人で暮らす昭子のマンションを
訪れてその確信が深まっていった。


その後、昭子と大村の婚約が発表された。

殺されたカオリの憎しみは蜘蛛に乗り移り
昭子たちの前に現れる。

そして欲深い姉とは違い純粋に姉を慕っている
健二はある夜、生きているはずもないカオリを見かける。


不安になった昭子と健二は、嵐の晩、カオリを埋めた場所へ行き
土を掘り起こしてみるとカオリの死体が横たわっていた。

雷と雨が激しくなり、健二は「山が崩れるぅぅぅー!!」と、
わめきながら狂ったように別荘へ逃げ込んだ。


昭子と健二は幼いころに災害で両親を失っており
今でも嵐が来ると健二はその頃の記憶が甦り
錯乱状態に陥ってしまう。


その後もクモやカオリが現れたりと奇怪な出来事が続き
昭子、西川、健二と盗聴してこの事件を知っていた千葉の
4人は再び埋めてある現場まで確かめに行くが
今度はカオリの遺体はなく、そこには大量の蜘蛛がうごめいていた。


彩子は昭子たちを追ってき、屋敷内に入っていた。
そこを西川に見つかり殺されそうになったところ
巨大蜘蛛が姿を現し西川の首に糸を巻きつけ
吊るし上げて絞め殺してしまう。


昭子は千葉が西川を殺したと思いピストルで殺す。


彩子が部屋にいたところ健二が飛び込んできて
窓に映ったカオリの亡霊を見て
「カオリちゃんが生き返ったぁ!!!」と絶叫する。
昭子も戻ってきて彩子を発見し射殺しようとしたところ
誤って健二を撃ってしまう。


最愛の弟を自らの手で殺してしまい涙を流す昭子だが
今度こそ彩子を殺そうとしたところあの巨大蜘蛛が現れ昭子を殺す。


怪奇!巨大蜘蛛の館 小川知子 中山仁


彩子のもとに海外の仕事を終えて帰国した
恋人のしんいち(中山仁)が駆けつけ
蜘蛛の糸に絡んで死んでいた昭子の
最期の姿を見つめていた。




------------------------------------


犯人の弟は小林文彦がやっていたんですね。
石立鉄男と杉田かおるが出演しているあの有名な
「パパと呼ばないで」で石立鉄男の相手役松尾嘉代の弟の昇を
やっていた人だったんだ。

巨大蜘蛛を動画で見た後、「パパと呼ばないで」を見たので
あの時は弟役が誰だったかなんて気にもかけませんでした。


本当にめちゃくちゃ絶叫している印象しかなかった。
喉が痛くなるくらい叫びまくるんですよね。

嵐の晩、死体を確認しに行ったとき
大雨に打たれながら叫んでのたうちまわり
泥まみれで館に逃げ込んでいく姿には
狂いすぎて思わず笑ってしまいます。

雷よりお前の声の方がうるさいよ。


ここでは犯人側として登場しますが
悪役というよりは欲深い姉と、その男に翻弄される
無力な弟といった感じでした。



狂っているといえば、裏街道に棲息するブンヤを演じた
梅津栄も狭くて汚ったない自室で蜘蛛を
ブチブチ潰してたりして気味悪さ全開でした。



怪奇!巨大蜘蛛の館 関谷ますみ

序盤、これから売り出す歌手を関谷ますみが演じていて
劇中歌も歌っていました。
彼女は、「特捜最前線」のカンコのイメージしかありません。

「太陽にほえろ!」は久美ちゃんなんかは活躍してたけど
アッコやナーコなんて添え物みたいな扱いだったが
特捜のカンコはしっかり主役回もあって
ちゃんと活躍してたので結構印象深い。




そして、主役の小川知子や中山仁は
登場することも少なく
田口久美と小林文彦、明石勤中心でした。


ラストなぜか巨大蜘蛛に襲われた田口久美が
その後蜘蛛の糸の中で裸になり
恍惚の表情を浮かべながら死んでいくという
官能的に終わるところがこの頃の土ワイらしい。


余韻を残す終わり方と、規律正しくひかれた白い糸の
中央に女性の裸を吊るし光も効果的に活用した
芸術的な演出でした。




また円谷プロ制作ということで、姉弟たちが住んでいた
地域を襲った自然災害は、特撮で見せてましたね。


おどろおどろしい沢田敏子の語りや
怖さを感じる弦楽器の音色など
空間演出が独特で
怪奇ムードを高めていた。



「怪奇!巨大蜘蛛の館」は同じく円谷プロの
最初のウルトラシリーズとなった
「ウルトラQ」の『クモ男爵』がベースになっているようだ。



さて、EXまにあっくすの1回目をみて
この番組が半年間で月に1回新作を流すということがわかりました。
全部で6作そのタイトルも発表されていた。
以前ブログで書いたタイトルと同じ。

半年後、終了したときは次に何をやるのか?

私が以前、チャンネルホームページからリクエストした作品も
マニアには評判のいいものなので是非放送して欲しい。


関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント