A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

土曜ワイド劇場40年の歴史に幕 時間よとまれ、野菊の墓、昭和怪盗伝(1977年) - 2017.03.09 Thu

テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」が3月で終了することになった。


土曜ワイド劇場

日曜日の午前中に2時間ドラマ枠が新設されるようで
人気シリーズなどは引き続き放送されるようです。

私自身は現在の土曜ワイドには興味がないので
とうとう終わりが来たのか、思ったより長く続いたんだなと思ったくらい。


養命酒 ダイア建設 土曜ワイド劇場スポンサー



1977年テレビ朝日で土曜日の夜9時からの90分枠で
一話完結、一回ごとの局外制作会社による競作、
日本で初めてのテレフィーチャーとして放送された。

その間、スペシャル版などで2時間枠になったこともあるが
1979年4月からは1時間半から2時間へと枠を拡大して放送されることとなる。



特筆すべきは、番組がスタートした時は
今のお手軽な推理サスペンスからは
考えられない位一つひとつの作品の
クオリティが高かったこと。


映画をメインに活動していた監督や俳優など
現在の土曜ワイド劇場のイメージにはない
重厚なラインナップが揃っていた。


サスペンスだけではなく、ホームドラマや
ヒューマンドラマもありバラエティ豊かに
制作されていたのも大きな違いである。






●「時間(とき)よ、とまれ」  1977年7月2日
脚本: 早坂暁
音楽: 菅野光亮
監督: 橋本信也
制作: テレパック
出演: 渥美清、小林桂樹、高橋洋子、市原悦子、
ガッツ石松、八木昌子、柳川慶子、金井大、
草薙幸二郎、三谷昇ほか

時間よ、とまれ 渥美清


大分県の田舎刑事杉山(渥美清)は
東京で行われていたテレビのボクシング中継を見て
観客の中に指名手配犯の男を見つける。


15年前、木材会社の社長や孫娘を惨殺し、
行方を消していた犯人だ。
時効まであと10日しかない。
杉山は東京へ飛ぶ。


渥美清の田舎刑事 高橋洋子


警視庁の若い女刑事(高橋洋子)を案内役に、
杉山の時間と競争の必死の追跡がはじまる。


その男(小林桂樹)は、現在は戸籍も変えて大邸宅に住む
大物実業家になっていた。
政財界にまたがる大物で名前を宮城と代えていた。
だが、杉山は彼こそが犯人の国崎と信じて疑わない。


渥美清 時間よとまれ


土曜ワイド劇場の第1作目ということで
当初は90分枠で、のちに土曜ワイドの
三周年150回記念として
2時間枠に再編集して放送された。

その際は、タイトルが
「渥美清の田舎刑事・時間よとまれ」と改められている。

芸術祭優秀賞受賞など、世評が高かった力作だ。


渥美清演じる杉山刑事はシリーズとなり
「旅路の果て」、「まぼろしの特攻隊」と
計三作が制作されたのだ。


渥美清の田舎刑事 市原悦子


犯人役、小林桂樹の昔の情婦である
ストリッパーに市原悦子という
キャスティングも絶妙である。






「時間よ、とまれ」は後に設定などを改め、
”戦後50年特別企画”として
矢沢永吉、樹木希林などでリメイクされている。


●「時よ、とまれ・父親殺しを追う執念の巡査!
衝撃の真実が今よみがえる」  1995年8月5日
脚本: 竹山洋
監督: 星田良子
出演: 矢沢永吉、平幹二朗、樹木希林、
内藤剛志、森口瑤子、池上季実子ほか

矢沢永吉 時よとまれ 樹木希林


平和な山村の駐在所で働く吉村巡査(矢沢永吉)は、
まだ一歳の時に、やはり巡査だった父親を殺された。
犯人の田中(平幹二朗)は逮捕されたが
取り調べ中にすきをみて逃走していた。

その田中の顔写真を、ある日、吉村はテレビ画面の中に見つけた。


矢沢永吉 時よとまれ


親探しに来日した陳(内藤剛志)という残留孤児の父の写真だという。
上京した吉村は雑誌記者の河原(森口瑤子)と田中を追う。

その最中、石井(樹木希林)と名乗る女性が現れる。
田中のかつての愛人で田中を探していた。



こちらも見たことがありますが
矢沢永吉とインパクトあるキャスティングだが
やはり第1作目と比べると見劣りがしてしまった。






●「野菊の墓」  1977年7月9日
原作: 伊藤左千夫
脚本: 西河克己
音楽: 高田弘
監督: 西河克己
制作: ホリ・プロダクション
出演: 山口百恵、佐久田修、南田洋子、大坂志郎、
北林谷栄、北村和夫、斎藤美和、常田富士男ほか

野菊の墓 山口百恵

平和な地方の旧家を舞台に、15歳の少年と
二つ年上の遠縁の娘との純愛と悲劇的な結末を描く。

斎藤ふき(南田洋子)の家に遠縁の娘・民子(山口百恵)が手伝いに来た。
中学生で次男の政夫(佐久田修)は民子を慕い、
民子も政夫のことになるとほかの用事も忘れて夢中になった。


そんな二人を周囲は冷たく見つめた。
ある日、民子の姉が嫁入りすることになり、民子は実家に呼び戻された。
しかし、式を終えても民子は帰ってこなかった。







2回目の放送は、一見、土曜ワイド劇場のイメージからは
遠く離れた文芸作品のドラマ化。

こちらは、DVDとブルーレイ化がされている。

私は日本映画専門チャンネルの
「山口百恵特集」で見ました。


どうやら山口百恵は以前から主人公の民子を演じたかったようだ。

野菊の墓 佐久田修


相手役には新人の佐久田修が選ばれた。

テレビドラマではあるが言われなければ
映画だと思って見てしまえる重厚な仕上がりとなっている。






●「昭和怪盗伝」  1977年11月19日
原作: 加太こうじ
脚本: 廣澤榮
音楽: 佐藤勝
監督: 岡本喜八
制作: 俳優座映画放送、大映映像
出演: 仲代達矢、田中邦衛、岸田今日子、神崎愛、
松本克平、嵯峨善兵、横森久ほか


昭和怪盗伝 仲代達矢


強盗に入った家で「戸締りが悪い。
犬を飼いなさい。門灯をつけておきなさい。」と
説教して姿をくらます奇妙な強盗が
昭和初期にいた。

東京中を震え上がらせた”説教強盗”である。
この実話を描いた加太こうじの原作のドラマ化。


津田梅吉(仲代達矢)は表向きは左官屋だが
実は警視庁が千円の懸賞金をつけている
説教強盗だった。

いつかは正業につこうと思っている梅吉だが
なかなか泥棒の仕事をやめられない。

そんな梅吉が、場末のカフェの女給
すえ子(神崎愛)と所帯をもった。

まじめな印刷工織本が説教強盗の疑いで逮捕される。



こちらも日本映画専門チャンネルの
「仲代達矢特集」で見ることができました。

映画監督の岡本喜八の作品である。
喜八映画でも主役として起用していた仲代達矢が
主人公の説教強盗・津田梅吉を演じている。

岡本喜八は土曜ワイド劇場で
「幽霊シリーズ」第1作目の
『幽霊列車』でも監督を務めている。

「昭和怪盗伝」では、仲代達矢の語りによって
お話が進んでいく。


刑事役の田中邦衛とのコミカルなやりとりやら、
女流作家の岸田今日子の邸宅へ
強盗に押し入った時の
とても強盗と被害者とは思えない
非現実的な会話なんかも面白かった。


仲代達矢 岸田今日子


そして、昭和初期と現在(放送当時)を
シンクロさせた演出などもいい。


テレビドラマというよりは、映画テイストが味わえます。

仲代達矢の小気味良い語りが面白くて
とてもテンポが良いので
約70分程のドラマが短く感じました。



以上、初年度の3作だが
キャスティングも豪華だが
監督なども出身者だったりするので
そこから生まれた作品も
安易に作られたドラマ感は全くない。



気が向いたらサスペンス以外の
ヒューマンドラマなどについて書いてみようかと考えている。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「雑居時代」 チャンネルNECOで放送中 «  | BLOG TOP |  » ラタトゥイユのドリアとチキンカレーと美術展後の急ぎ足ランチ

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (263)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (678)
土曜ワイド劇場 (142)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (60)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年) Oct 18, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
「終着駅(ターミナル)殺人事件」  (1981年)  西村京太郎のトラベルミステリー第1作 Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「密室から消えた美女」 (1992年) 探偵神津恭介の殺人推理第11弾 Oct 13, 2017
「探偵事務所・7つの予告殺人プログラム!」 (1995年) シリーズ第2弾 Oct 12, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ