A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

「雑居時代」 チャンネルNECOで放送中 - 2017.03.10 Fri

チャンネルNECOで、石立鉄男主演「雑居時代」が3/5より放送されています。


石立鉄男・ユニオン映画シリーズの第4作で
第1作「おひかえあそばせ」のリメイクです。


雑居時代

「おひかえあそばせ」はハンパな終わり方でしたが
「雑居時代」はハッピーエンドで終わります。



石立・ユニオンシリーズは「きまぐれ天使」の
最終話付近を見てこのシリーズに興味をもったところ
次に放送されたのが「雑居時代」だったのです。

以前は木曜日(?)の夜8時から放送されており
見やすい時間帯でもありドラマ自体も面白く
このシリーズに嵌りました。


今回は日曜日の朝8時から、1回だけの放送のようですね。


雑居時代 大坂志郎


栗山信(大坂志郎)は妻に先立たれ
長女春子(冨士眞奈美)、次女夏代(大原麗子)、三女秋枝(川口晶)、
四女冬子(山口いづみ)と五女阿万理(杉田かおる)の
5人の子供がいる。

雑居時代 栗山家


栗山は性格は気が優しく、女ばかりの家庭で
男がひとりと気を遣うことも多い。



雑居時代 冨士眞奈美

春子は看護婦で婚約者の青木(山田吾一)がいる。



雑居時代 大原麗子

そのためしっかり者の夏代が栗山家の家事などを任されている。



秋枝は当初宝石の営業をしていたが、
ひょんなことから「シャングリラ」という喫茶店のマダムとなる。

雑居時代  川口晶

ボーイッシュで男勝りな性格だ。
夏代のことも「姉御」と呼んでいる。



雑居時代 山口いづみ

冬子は大学生、親友の秀子(浅野真弓)がいて

雑居時代 浅野真弓

互いに「フーコ」、「デコ」と呼び合っている。


雑居時代 杉田かおる

末っ子の阿万里は小学生でマリと呼ばれいる。


狭い家に一家6人が暮らしていたところ
栗山の友人で外交官の大場鉄也(山形勲)から
ケニンゴに赴任となったため屋敷をただ同然で譲り受けることとなった。


雑居時代 山形勲 加藤治子


その際大場の妻邦子(加藤治子)から10年前に勘当した
一人息子の十一(石立鉄男)を同居させてやって欲しいと頼まれる。


自分と同じ外交官の道を歩んでほしかった大場は
十一を勘当した時から絶縁状態だが
邦子は十一が心配で大場には内緒で栗山に頼んだのだ。



雑居時代 石立鉄男


年頃の娘ばかりを持つ栗山は、娘達の猛反対にあうが
結局は大場の屋敷へ引越し、カメラマンの十一を2階に住まわせる。


栗山一家と、十一の雑居生活がスタートする。


十一は稲葉勇作(川崎敬三)という高い技術力がありながらも
野心がなく金にならない山の写真ばかりを撮っている
カメラマンの弟子になっている。


雑居時代 川崎敬三


十一は「先生」、稲葉は「といち」と呼んでいる。

優柔不断でのんきな正確なため金のことにも疎く
十一に仕切られている状態でどっちが師匠だかわからない。

十一は粗野で口が悪いため、栗山家の女性陣からの評判は悪い。
中でも栗山家を取り仕切っている夏代とは
何かにつけて衝突し合っている。


そんな中で末っ子の阿万理とは最初から気が合い
「チビちゃん」、「ジャックさん」(十一なのでトランプのジャックから)
と呼び合っていて、栗山とともに十一の良き理解者でもある。


このように十一を栗山と阿万理は認めているものの
夏代たちは反感を持って接しているのだが
やがて夏代はあれだけ嫌っていた十一に惹かれていくことになる。



デコがフーコの家に遊びに来たとき
十一を気に入ってしまったり
稲葉先生が夏代に淡い恋心を抱いたりと
全26話、十一と夏代が結ばれるまで
互いに理解しあえず喧嘩ばっかりしたり
十一に好意を持ち出してからも
それに反する行動をとってみたりと
ドタバタしながら進行していく。


そこに春子が婚約者青木がいながらも
同じ病院で働く妻子もちの医師(岡田真澄)に憧れたり、
阿万理が栗山の本当の子供でない事が判明したりと
十一、夏代以外の家族のストーリーも盛り込ませる。


阿万理は妻と他の男との間に出来た子供で
妻は阿万理を出産した後に死んでしまう。

栗山は実子でなかったが阿万理を
自分の子どもとして育て出生の秘密を守っていた。
栗山の複雑な胸中もあり阿万理(あまり)と名付けられた。




雑居時代 山本紀彦

また石立鉄男というとセットで思い出す山本紀彦も
大学の後輩でプロダクションの社長として登場している。
社長といっても損な役回りで十一にいいように使われている。


この歌のオープニング曲は山口いづみが歌っている。


雑居時代 大原麗子

何よりもこの頃の大原麗子がとってもチャーミング。

十一に心が傾いていくところなんかも
すごくかわいらしいのだ。


「雑居時代」は「気になる嫁さん」と並んで
私がこのシリーズで大好きな作品です。

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「三井家のおひなさま」@三井記念美術館とカフェと丸善の陶磁器展 «  | BLOG TOP |  » 土曜ワイド劇場40年の歴史に幕 時間よとまれ、野菊の墓、昭和怪盗伝(1977年)

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (315)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (641)
土曜ワイド劇場 (100)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「涙・あいつは今夜もいない」  (1978年) 、「息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件」 (1982年) ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』 Aug 22, 2017
第23節 清水エスパルス戦 Aug 21, 2017
美女シリーズ1 氷柱の美女・江戸川乱歩の「吸血鬼」(1977年) Aug 20, 2017
上野の鳥光國の『光國丼』が美味しかった Aug 19, 2017
「異常の太陽」(1986年) 森村誠一 Aug 18, 2017
「名探偵雅楽三度登場・幽霊劇場殺人事件」 (1980年) 中村雅楽シリーズ第3弾 Aug 17, 2017
「京都妖怪地図・河原町に棲む四百歳の不倫女医」(1986年) 三ツ矢歌子版  Aug 16, 2017
「京都妖怪地図・きらら坂に住む400歳の氷女」 (1981年) 宇津宮雅代版  Aug 15, 2017
「透明な季節・僕が愛した帝国軍人の妻」(1982年) 江戸川乱歩賞 梶龍雄の青春ミステリー Aug 14, 2017
「名探偵雅楽登場!車引殺人事件つづいて鷲娘殺人事件」 (1979年)  中村雅楽シリーズ第1弾 Aug 13, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる