展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2017 ACL 第3節 ブリスベン戦 ソガが今季公式戦初出場

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 15
                 
■ACL グループステージ第3節 
鹿島アントラーズ 3-0 ブリスベン・ロアーFC
2017年3月14日(火) カシマサッカースタジアム 19:00キックオフ/6,558人


【スタメン】
GK 曽ケ端 準
DF 昌子 源、植田 直通、山本 脩斗、伊東 幸敏
MF レオ シルバ、永木 亮太、土居 聖真、遠藤 康、金崎 夢生
FW 鈴木 優磨


【控え】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、町田 浩樹
MF 中村 充孝、小笠原 満男
FW ペドロ ジュニオール、金森 健志


【得  点】 43分 鈴木 優磨、76分 植田 直通、80分 遠藤 康


【交  代】 62分 永木 → 小笠原、68分 伊東 → 西、84分 中村 → 遠藤


昨日の鹿嶋は大雨、また風も強かったようですね。

悪天候の中でしたけど、3点獲って快勝しました!
これでグループリーグは首位になった。
優磨の試合後のコメントにあるように
昨日の相手ならもっと点をとりたかったところですが
しっかりと勝って終わることが大事なので良かったと思っています。


ソガが今年の公式戦で初起用されました。
なんかの試合でベンチにいたソガがチラッと映ってましたが
その表情からいつでも出れるようしっかりと
準備をしている様子が伺われていたので
昨日のパフォーマンスはやはりというかんじ。
間隔が空いていたのに安定感があってさすがだと思いました。


今年スンテという今までにない強力なライバルが出現し
公式戦で試合に出る機会もなくなり
モチベーションの維持はとても難しいものがあったはず。
それでも日々の練習を怠らなかったからこそ
石井さんも信頼感を持って送り出せたのでしょう。


今、出場機会がなくてモヤモヤしている選手達も
この姿勢を見習ってチャンスが来たときには
それに応えるプレーをして欲しいものです。


優磨も希望していたスタメンで先制点を決めてのフル出場。
マリ戦に引き続き伊東とのコンビで決めた。
二人は居残り練習をやっていた仲だそうで
地道な練習の効果が結果として現れたんですね。
これまでスペースがないとボールを戻してしまったりしていた
伊東でしたが昨日は勝負していってましたね。
後半西と代えられてしまったけど良くなっているだけに
石井さんが西と伊東をどう使いこなしていくか楽しみです。


このところ調子があがらなかった永木は満男と交代。
満男、西の投入でアントラーズらしい戦い方ができるようになってきた。
満男が好調なのも嬉しい。



そして、その後追加点を奪えたことも良かったです。

遠藤も3点目を決めたし、まだゼロックスでの活躍も記憶に新しく
今年はゴールを量産してほしいと思います。
安定した守備に加え、どこからでも点がとれるチームになってくれることを期待。


だから3枚目のカードで金森を見たい気持ちはあったものの
まだアウェーの2試合があり、ホームでも負けたタイということを考えれば
きっちり無失点で試合を終えることを重視して無難に
あつたか投入というのもわかる気がした。
このあたりは監督の中で計算できる選手という位置づけなのでしょう。


グループリーグ首位で気持ちよく通過したいですからね。




ところでレアンドロはどうしたのでしょうか。
このところベンチにも入っていないのだが。
開幕前のweb記事なんかでは
日本でのプレー経験はないものの
すっごく期待を持たせる書き方だったので
ベンチ入りさえもしてない状況にあり非常に気になります。


木曜日はリーグアウェーでの清水戦。
苦手なイメージがあるのでそれを払拭する結果になりますように。
そして、順位も少しずつ上げていきたい。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです