2017/03/17
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「幻想花・白い肌を男が狙う・・・・」 (1984年)  黒岩重吾 『幻想花』

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 03/ 17
                 
●「幻想花・白い肌を男が狙う・・・・OLの異常な体験
”抱かれて、燃えて、だまされて・・・・”」 1984年3月17日
原作: 黒岩重吾  幻想花 (角川文庫)
脚本: 篠崎好
音楽: 三枝成章
監督: 日高武治
制作: 東宝映像
出演: 藤真利子、あおい輝彦、三ツ木清隆、
島村佳江、岡本富士太、仲谷昇ほか


幻想花


夏子(藤真利子)高層ビルの受付嬢として働くOL。


恋人の岡島孝雄(三ツ木清隆)の会社が急に倒産した。
孝雄は夏子が働くビルに事務所を持つ貿易会社社長の息子
海辺(あおい輝彦)の世話で再就職した。


財界の御曹司でもある海辺はビルで働く女たちのあこがれの的だった。
無事に就職をした孝雄はなぜか夏子に冷たくなっていく。


そして、ある夜孝雄は別な女性と心中を図った。


孝雄との幸せな結婚を夢見ていた夏子は
孝雄を殺された上に商取引の道具として利用されていくことになる。










関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント