A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

「死刑執行五分前・息子は犯人じゃない!」  (1981年) - 2017.03.21 Tue

●「死刑執行五分前・息子は犯人じゃない!」  1981年3月21日
原作: 比佐芳武 
脚本: 高橋稔
音楽: 大野正雄
監督: 荒井岱志
制作: 東映
出演: 若山富三郎、中村玉緒、高岡健二、紀比呂子、
内田朝雄、有川博、花沢徳衛、田中綾ほか



死刑執行五分前


元刑事の岩村彦太郎(若山富三郎)と、妻とき子(中村玉緒)は
長男信之(高岡健二)と次男二郎と4人で暮らしていた。



死刑執行五分前


信之は平井建設で働いていて、この度同僚のキョウコ(田中綾)と結婚することになった。
その結婚式の当日、会場に課長(遠藤太津朗)たち刑事が乗り込んできて
式の最中に信之を殺人の容疑で逮捕しに来た。


死刑執行五分前 若山富三郎


この突然の逮捕劇に、会場内は大混乱した。


信之の容疑は勤め先の社長平井剛造(内田朝雄)の次女
マユミが営利誘拐された上に殺害されたというものだった。
現場には信之のボールペンが残されていて
普段使っている会社の車の助手席からは
マユミが誘拐当日に身に着けていたイヤリングの片方が落ちていた。

さらに会社のロッカーから押収された信之の靴からは
現場の土と同じものが付着していた。


死体発見のきっかけは男から直接署への電話による通報である。


死刑執行五分前

マユミが誘拐されこれを知った警察は
身代金の受け渡しである電車に4人の刑事を張り込ませていた。
だが、その動きを察知したかのように犯人は現れなかった。


刑事を張り込ませていたことを知った犯人からは
専務の清一郎(有川博)宅にマユミは殺すと男から電話があった。
この電話は清一郎の妻で平井家の長女がとりつぎ
清一郎に代わっていた。
清一郎はハンカチで口を押えていたようだが
その声は信之に似ていたと裁判で証言する。



さらに社長秘書の大場奈三子(紀比呂子)も
信之が当日社に戻ってきたのは夜の八時頃であったと
証言したことで信之の容疑は決定的なものとなった。

奈三子は警察では八時といい、証言台では一旦七時と言ったものの
検事にどちらが正しいのかと詰め寄られ八時で間違いないと言ったのだ。




死刑執行五分前


近所からも人殺しと家に落書きされたり
嫌がらせ電話に悩まされてきて
心身ともに病んでいく彦太郎夫婦だったが
彦太郎の刑事時代の同僚で現在は小さな料理屋を娘とやっている
木島孫作(花沢徳衛)が親身になってくれることだけが救いだ。



その間に銀行に就職した二郎も
会社からの圧力がかかり銀行を辞め
その後の就職活動もことごとく失敗してしまい
自暴自棄になり夜にバイクで飛ばしていて事故死してしまう。




死刑執行五分前


彦太郎は勤め先を辞めて元刑事だったことを活かし
自らの手で真犯人を探し出そうと動き出す。




死刑執行五分前


信之は死刑の判決が出て、控訴したものの
最高裁で死刑確定となってしまった。




誘拐殺人から6年、その間信之の無実を信じて待ち続けていた
キョウコもついに両親からの勧めで結婚することになってしまう。




死刑執行五分前


彦太郎は雨の中殺害現場を調べたり
当時電車で張り込んでいた刑事に話を聞くうちに
営利誘拐は偽装で犯人の目的はマユミを殺害することではないかと思うようになってきた。


そうなるとマユミを殺したいという人物は
内部の人間ではないだろうか。
平井家には資産があるが
妻は死亡しているので相続人は娘ふたり。

もし、どちらかが受け取れないような事実があれば
それが殺害の動機かもしれない。
あるいはそれに近いことだと推測した。


門前払いを承知でワンマン社長の平井の自宅を訪ね
一歩も引かぬ構えで説得しマユミへ線香をあげるため
平井家に入ることが出来た。


平井はたたき上げで社長になった人物で
自分に逆らう従業員にも手を挙げるような性格だった。
彦太郎が清一郎を信頼しているかと尋ねると
平井は足が悪くて車いす生活の長女を
もらってくれた清一郎を信頼しているとのことだった。


当時からいる年配の家政婦の話しで
マユミの遺影は友人が送ってきたものだと判明した。
早速その友人に会うと、誘拐前日に高校時代のクラス会が
嵐山であってマユミはある旅館の前を通りかかり
ある男女を見たことにより、それ以降様子がおかしかった事実を知った。


彦太郎は清一郎と奈三子の写真を見せ
旅館から出てきたのはこの二人じゃないかと聞くと
そうであったことがわかる。




車いすの不憫な妻を持っていた清一郎は
社長秘書の奈三子と関係を持っていたのだ。
清一郎はそれが平井にバレるのを恐れて
マユミを殺害したのだった。
平井の性格から言って、信頼していた清一郎が
嫁にやった娘を裏切っていたと知ったら
タダでは済まないのは火を見るよりも明らかだ。




いよいよ、信之の死刑執行が明日に迫り
彦太郎は会社を退職した奈三子が郷里の
淡路島に戻っていることを知り奈三子の実家へ行く。


清一郎宅には奈三子が電話をしただけで
犯人から電話が来たように装っていただけだった。
信之に容疑がかかるように車にイヤリングを落とし
現場に盗んだボールペンを落とした上に靴に土をつけた。


雨でペンの指紋が消えるのを恐れた清一郎は
居所がわかる110番ではなく
署へ直接死体があると通報した。


彦太郎は実家から海辺へ奈三子を連れ出すと
涙ながらに信之の無実を晴らすために
証言して欲しいと頼むが叶わずそまま海辺で朝まで過ごす。


死刑執行五分前


夜が明けてきたとき、海辺へ旅の支度を終えた奈三子が現れた。
彦太郎とふたり停留所でバスを待っていると
車に乗った清一郎が二人をひき殺そうと追い回してきた。


なんとかそれから逃れた彦太郎たちだが
追ってきた清一郎に捕まり彦太郎が殺されそうになる。
そこへ、警察の車がやってきて
死刑執行直前に信之の無実がわかり事件は無事に解決した。




//////////////////////////////////


原作者の比佐芳武は脚本家なので
この人の原案を高橋稔が書いたということかな。


この翌年も若山富三郎と中村玉緒のコンビで
刑事の父が息子が犯人じゃないかと疑う
アイリッシュの短編小説のドラマ化をしている。


今回は舞台が関西ということもあり
土ワイお約束の遠藤太津朗が刑事で出演している。


早くから真犯人の見当はつくのだが
死刑執行が迫ってくるという恐怖と
富三郎と玉緒の地味だけど暑苦しい演技が良くて
それだけでも楽しめる。


富三郎はもっとガンコ親父なのかと思ったら
心労が重なり病んでいく妻を優しく支えてて
それがちょっと意外でした。


玉緒は息子の死刑が確定した日
天井に結んだ紐を使って自殺をしようとするし。
それを帰ってきた富三郎が必死に止める。

玉緒の「お父さん」って呼びかけもそそられるわ~♪
この組み合わせがホントに良いですね~。

死刑執行五分前
死刑執行五分前

6年間の間にどんどん白髪が増えていく富三郎夫婦。
とくに富三郎の白髪は眉毛も白髪でまるで雪をかぶったよう。



花沢徳衛

富三郎の刑事時代の同僚花沢徳衛も
孫作っていう役名とともにいい味を出していた。
富三郎と徳衛のツーショットもまた良いのよね。




紀比呂子


紀比呂子を久しぶりに見たが
この人や新藤恵美や小鹿みきなんかをみると
どうしても火野正平の顔がちらついてしまう・・・。
西川峰子はそうでもないんだけど。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

上野焼き肉 「太昌園」のパワーランチ780円 «  | BLOG TOP |  » 早熟で早逝フランス・ロマン主義の画家シャセリオー展@国立西洋美術館

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (315)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (640)
土曜ワイド劇場 (99)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

第23節 清水エスパルス戦 Aug 21, 2017
美女シリーズ1 氷柱の美女・江戸川乱歩の「吸血鬼」(1977年) Aug 20, 2017
上野の鳥光國の『光國丼』が美味しかった Aug 19, 2017
「異常の太陽」(1986年) 森村誠一 Aug 18, 2017
「名探偵雅楽三度登場・幽霊劇場殺人事件」 (1980年) 中村雅楽シリーズ第3弾 Aug 17, 2017
「京都妖怪地図・河原町に棲む四百歳の不倫女医」(1986年) 三ツ矢歌子版  Aug 16, 2017
「京都妖怪地図・きらら坂に住む400歳の氷女」 (1981年) 宇津宮雅代版  Aug 15, 2017
「透明な季節・僕が愛した帝国軍人の妻」(1982年) 江戸川乱歩賞 梶龍雄の青春ミステリー Aug 14, 2017
「名探偵雅楽登場!車引殺人事件つづいて鷲娘殺人事件」 (1979年)  中村雅楽シリーズ第1弾 Aug 13, 2017
美女シリーズ8 悪魔のような美女・江戸川乱歩の「黒蜥蜴」 (1979年) Aug 12, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる