Post

        

2017リーグ 第4節 清水エスパルス戦 2点差をひっくり返しての大逆転勝利!

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 03/ 20
                 
■Jリーグ第4節 鹿島アントラーズ 3-2 清水エスパルス
2017年3月18日(土) IAIスタジアム日本平 14:03キックオフ/16,951人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 伊東 幸敏、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 永木 亮太 小笠原 満男、土居 聖真、遠藤 康
FW 鈴木 優磨、ペドロ ジュニオール


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 西 大伍、町田 浩樹
MF レオ シルバ、レアンドロ、中村 充孝
FW 金崎 夢生


【得  点】 74分 植田 直通、79分 鈴木 優磨、85分 金崎 夢生


【交  代】 46分 山本 → 西、65分 ペドロ → 金崎、76分 小笠原 → レオ


J2からの昇格組清水ですが、
清水の日本平というと相性悪いというイメージがありましたが
この間は2点リードされてからの気迫がこもった見事なプレーで
なんと11分間で3点を獲り劇的な逆転勝利となりました!


相変わらずのDAZNクルクルに悩まされて
ストレスがかかる観戦環境でしたが・・・


正直2-0となった時点で「やっぱり相性悪いな」と
テンションがグッと下がりましたが見続けた甲斐がありました。
これ現地で見てたらあの11分間は大興奮だったでしょうね。


しかし、スタジアム水を撒きすぎ。
選手がすっころんでて怪我したら困るよ。

最初の失点も昌子が競り負けて
植田のクリアミスが相手にあたりそのままシュートまでいってしまった。
植田もクリアをミスった後に転んでたし。

その植田は後半ヘッドで1点返し
ミスを帳消しした形になったな。
得点感覚も得たようで今年は植田の得点にも期待。


足に不安がある金崎がベンチスタートとなったことから
優磨とペドロの2トップで、パッとしなかったペドロが
優磨とのコンビでこの辺りを打破してくれると良かったんですが
やっぱりまだまだフィットしませんね。

しかも、足元の技術もなんか怪しく見える。
ペドロがうまくはまってくれるとそれこそ力で相手をねじ伏せる
鹿島のサッカーが見られるはずだから
この中断期間を利用してペドロとレアンドロが
早くチームに馴染めるようにしてほしい。

もしペドロがまだだったら金崎&優磨か
金崎の足に不安があるようなら
土居&優磨のユースコンビが2トップでいいんじゃないか。


リーグ3節までは攻撃の形が見えなくて
1点取るのがやっとに見えた鹿島が
植田のあとすぐに優磨、金崎と
前ふたりがトントンと追加点を重ねあっさりと逆転。
優磨の連続ゴールも嬉しいですが
いい動きをしながらも無得点だった金崎にゴールが生まれたことが良かった。
ただ、シュート打ったあと後足が痛そうなそぶりを見せてたので
この期間に回復させてほしいですね。


山本も今年からだがまだなのか
前半終えて西と交代になってしまった。
しかし、どこでもそつなくこなせる西の存在はでかい。

相手からしてもこのあと、金崎、レオシルバが出てきて本当に嫌だったろうな。
やはり新加入でフィットしてない選手がいるとはいえど層の厚さを感じる。

2点もリードされていたけど、ああいう形で試合を終えて
改めてアントラーズの勝負強さ、清水との力の差を実感。
激しい打ち合いになったけど、こういう試合で勝てたことは大きい。


J1に復帰した清水ですが、初めてみるチームのようだった。
鄭大世や枝村くらいしかわからず、自分にとってはほとんどが未知の選手。
まるでひと昔前のように金髪やら茶髪の選手が多くてびっくりした。
ただ、あのサンバのリズムは懐かしかった。


昨日ヤフーのトップに来ていて知ったのですが角田の中指事件。
角田ってしらねーって思ってたけど、若いころの写真見たら思い出した。
あー、いたいた知ってたわ。

まー清水のオフィシャルでもこのことについてのアナウンスがあったようですし
低レベルな話なので鹿島としては次の大宮戦に向けてしっかりと準備をすればいい。

大宮はまだ勝ち点がなく最下位だけど
こういう相手は結構怖い。
下位クラブに優しい鹿島だけど
今年はしっかりと実力差を見せた結果を残してほしい。
無慈悲なくらいに得点を重ねてしっかりと勝ちましょう。


次はBSで放送されるようなので楽しみ。
DAZNはスマホでも見れるから家にいなくても観戦できるのはいいんだけど
通信状態が安定してないのでそこがやだ。
BSで録画しながらリアルタイムでテレビの前から応援します。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント