2017/04/01
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「涙・あいつは今夜もいない」  (1978年) 、「息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件」 (1982年) ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 04/ 01
                 
1978年頃の沖雅也が主演しているということで
ずーっと前から見たくてたまらない作品のひとつ。




沖雅也は土ワイでいろいろと出ていますが
亡くなった年に放映されたものでは
もうだいぶむくみがあって自殺と相まって
見ているのがとてもつらいものがありました。
話の内容も内容だったし・・・。



この頃はまだスッキリした二枚目だったはず。
だから余計に見たいんですよね。
ABC制作の方のトラベルミステリーにも出てて
こちらももう一回見たいんだけどなかなか再放送されませんね。




●「涙・あいつは今夜もいない」  1978年4月1日
原作: ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』 死の第三ラウンド―アイリッシュ短編集 (2) (創元推理文庫 (120-4)) 収録
脚本: 長谷川公之
音楽: 小山統太郎
監督: 中平康
制作: 中平康事務所
出演: 沖雅也、坂東正之助、和泉雅子、
織本順吉、栗田ひろみほか



石川刑事(沖雅也)は、続発するスーパー強盗傷害事件の捜査本部に詰めていた。
犯人の血液型と常用のたばこの銘柄はわかったが、身元は割り出せなかった。


弟次郎(坂東正之助)の血液型とたばこの銘柄が犯人と同じであることを知って、
石川は三回目の強盗事件のあと次郎が手首にけがをしているのに気づき
弟の行動に不信を抱く。










主人公のキーン警部は度重なるタバコ屋強盗を追っていた。
犯人は左利きで帽子を目深にかぶり、ハンカチで顔を隠していたことから
背が高くてがっしりとした体格であることしかわからない。


そして、現場で特徴のあるたばこの吸い殻を見つけた。
それは、きめが粗くて黒いマリワナだった。



キーン警部が帰宅すると妻がいて息子のチャーリーは今夜も家にはいなかった。
夫妻は警官だった息子デニスを殉職で失っている。
チャーリーも刑事になりたがっていたが、キーンは猛反対していた。
チャーリーはその後職にもつかずにブラブラとしていた。


キーンは自宅前であの時と同じマリワナ煙草の吸殻を見つけた。
妻は隠そうとしていたが、チャーリーが腕に怪我を負ったことを知った。


キーンは妻にチャーリーに逃亡用の資金を渡すが
チャーリーは自分の罪を白状するようなものだと行って拒否していた。


チャーリー不在中に部屋に入ると、市街地図あり
そこには印がしてあり、それらはタバコチェーン店の場所を示すものだった。
これまで被害にあったところよりも多くの印がしてある。
その中にチャーリーの筆跡で今日の日付が書かれてあった。


その夜、キーンはお目当てのタバコ展で犯人が来るのを待ち
暗がりの中犯人をピストルで撃ち殺した。
キーンがピストルで頭を撃ち抜こうとすると
明かりがともりチャーリーが立っていた。

チャーリーは強盗を捕まえようと独自に調べていた。
父親が自分を強盗犯だと疑っているのもわかり
犯人を捕まえるつもりだった。

これで晴れてチャーリーは警察学校へ行けることになりそうだ。






********************************
ウィリアム・アイリッシュ
********************************

ウィリアム・アイリッシュ(本名:コーネル・ジョージ・ハプレイ・ウールリッチ  
Cornell George Hopley Woolrich)は1903年ニューヨーク生まれ。
少年時代は革命時のメキシコ、キューバで過ごすとニューヨークに再び戻る。
大学を卒業した翌年、処女作「Cover Charge」を発表。


1940年にはブラック・シリーズの第1作「黒衣の花嫁」を発表。
2年後に代表作「幻の女」を発表すると一流作家としての名声を確立した。


1954年のアルフレッド・ヒチコック監督の映画「裏窓」をはじめとし
多くの作品が国内外で映像化されている。


また、本名のコーネル・ウールリッチでも執筆活動をしていて
土ワイでもウールリッチ名義の「喪服のランデヴー」がドラマ化されている。







今回<アイリッシュ短編集2 死の第三ラウンド>を読みましたが
「消えた花嫁」「墓とダイヤモンド」「殺人物語」「死の第三ラウンド」
「検視」「チャーリーは今夜もいない」「街では殺人という」と7作が収録されていました。

この中で、「消えた花嫁」と「検視」「街では殺人という」が面白かったです。





///////////////////////////////////////////



「涙・あいつは今夜もいない」の原作はウィリアム・アイリッシュの短編小説。
ドラマでは兄弟だがここでは親子となっている。




これ、最初から息子は犯人じゃないんだろってのがわかるし
刑事になりたがっていたという設定からも
犯人の手掛かりをつかむために動いてて
その行動がオヤジの不信感に火をつけたんだろうっていうのが読み取れます。


始まって1年位までの土曜ワイドでは海外小説のドラマ化で
「涙」シリーズ(?)があります。

いずれも監督は中平康で制作も中平康事務所。
原作はバラバラなので厳密にはシリーズではないんですが


「涙・じっと見ている目」  ウィリアム・アイリッシュ

「涙・あいつは今夜もいない」 ウィリアム・アイリッシュ

「涙・暗くなるまで待って」  フレデリック・ノック

と3作が作られています。




さて、最近気が付いたんですが、こちら土ワイでリメイクされてました。
もちろんふたつのドラマの存在は知っていましたが
同じ原作のドラマ化ということは先入観から全く気が付かず。





●「息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件」  1982年1月23日
原作: ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』 死の第三ラウンド―アイリッシュ短編集 (2) (創元推理文庫 (120-4)) 収録
脚本: 広沢栄
音楽: 鏑木創
監督: 瀬川昌治
制作: 国際放映
出演: 若山富三郎、中村玉緒、安藤一夫、
宮内洋、小池朝雄、小林昭二ほか


息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件

狛江署の巡査部長兵藤(若山富三郎)は、多摩地区で続発する
深夜のガソリンスタンドを専門に狙う拳銃強盗事件に頭を痛めていた。

目撃者たちの話しから、その犯人像が、
モデルガン・マニアの次男舜二郎(安藤一夫)とよく似ているのだ。
兵藤は息子への疑いが濃くなり、愛情と職務の板挟みになって苦悩する。





父親と次男ということで、原作の設定のまんま作られた2作目。

「息子の心が見えない」は一度見たことがあるのですが
当時はキャスティングが地味に感じて
知らないおじさんとおばさんが出ている位でしたが
それだけに先回りしてあれこれ考えてみなかったので
ドラマは面白かった記憶があります。


今、考えると若山富三郎と中村玉緒なんて見たくてたまらない!

頑固な刑事のオヤジ富三郎と、父親に反発している息子
家庭に流れる重苦しい雰囲気にオロオロする玉緒。

まず、若山富三郎と中村玉緒のペアで
ウィリアム・アイリッシュっていうのが
いつも自分の頭ン中では忘れてしまいがちで
「涙・あいつは今夜もいない」はアイリッシュ原作という
印象がちゃんと残っているのですが
「息子の心が見えない」は何故かアイリッシュっていう
イメージが残らなかったんですよね。


それよりも若山&玉緒ペアは前年1981年の
「死刑執行五分前」でも共演していたので
自分としては2年連続似たような内容
(刑事の父富三郎が息子の無実を信じる)で
共演したという印象の方が強かった。


記事はコチラ⇒「死刑執行5分前・息子は犯人じゃない!」


あとで、若山富三郎が中村玉緒にとって
義理の兄さんと知ったときもビックリでした。







関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント