A D M I N
topimage

2017-09

最新記事一覧  

BS朝日 「特捜最前線」は2週で放送終了!最後は『ナーンチャッテおじさんがいた!』 - 2017.04.03 Mon

BS朝日で3/21から「特捜最前線」の放送が始まりましたが
なんと翌週の3/31であっけなく放送終了。

早い・・・

2週目は5作品が放送されました。

#42 「Gメン!波止場に消ゆ」


特捜最前線 Gメン!波止場に消ゆ


消えた麻薬捜査官(小林稔侍)の行方と
覚せい剤密売ルートを押さえるために
桜井(藤岡弘)と高杉(西田敏行)が
港町に船乗りを装って潜入捜査する。

捜査官は足を銃で撃たれ
助けてくれた女と女の兄の元刑事(川地民夫)とともにひっそりと生きていた。


最後は川地民夫が死んでしまうという悲しい結末だが
稔侍と妹は新たな生活に旅立つというもの。


#48 「惜別・指のない死体」

神代課長(二谷英明)の娘夏子の恋愛を絡めたお話。
夏子は派出所勤務の警官と付き合っているが
その警官の元彼女が脱獄犯山岸(田中浩)の娘だった。


特捜最前線 惜別・指のない死体

神代は山岸が死んでいる(替え玉死体)と思っていて
容疑がかかっていた警官と夏子の仲を認めなかった。

だが怪物山岸は生きていて、警官に娘が弄ばれたと信じ
復讐の鬼となった山岸は警官宅に侵入し刺して逃亡する。

結局警官は運ばれた病院で死ぬのだが
死の間際になって神代は二人の仲を認めるという
なんだかよくわかんない展開。

夏子には津上(荒木しげる)が思いを寄せていたのだが。


どうみても中川家礼二似の警官より
津上の方がいい男なんだが。

特捜最前線 惜別・指のない死体

そして、夏子は吉行和子に似てる。

課長もひとり娘で大切なのはわかるが
恋人との仲を認めないという懐の狭さを露呈して
課長のキャラクターらしくなさが不自然。

脱獄犯の山岸役の田中浩だが
どうしても西部警察のときのヘンリー野口の時のイメージが強すぎ。



#52 「羽田発・犯罪専用便329!」

桜井さよなら、紅林ようこその回。


特捜最前線 羽田発・犯罪専用便329

3年前桜井が追っていた麻薬の密売人が日本に戻ってきた。
この捜査に紅林(横光克彦)という刑事が協力をする。

最後、桜井は課長からワシントンの日本大使館付きと
いうことで転勤を命ぜられる。
本国に逃げ帰った男の捜査をすることになる。

代わって特命課に配属になるのが
紅林警部補というラスト。




#53 「背番号のない刑事」


特捜最前線 本郷功次郎

ダンディなイメージがある橘(本郷功次郎)が初登場。
初期はそのイメージからほど遠いものだとは知らなかった。
桜井がいなかうなって、紅林、橘が加わることで
オープニングも新しくなった。

また初期のナレーター森山周一郎がこの回は
元野球選手で橘の友人でもある木島として登場している。

特捜最前線 背番号のない刑事

以前は県警のエリートだったが、友人の木島を逮捕したことで
自ら志願して駐在所勤務となっていた。
小汚い風貌からはかつてのエリート刑事の面影はない。
今回、再び木島を逮捕せざるを得ない状況になり
事件解決後は特命課勤務となる。






#54 「ナーンチャッテおじさんがいた!」

ナーンチャッテおじさんがいた!

江戸川線の車内で煙草を吸ったり、
席をとったりと迷惑行為をしていた
3人の男に注意をした勇気ある男が殺された。
男には娘と息子がいた。
5歳の息子は特命へ犯人を逮捕して欲しいとハガキを出す。

そんな中、息子は車中で”ベロ出しオジサン”と出会う。

ナーンチャッテおじさんがいた! 今福将雄
ベロ出しおじさん(今福将雄)もかつて
迷惑行為を注意した息子が殺されたという過去を持っていた。
その後、ベロ出しオジサンも殺されてしまう。

特捜最前線 大滝秀治 阿藤海

迷惑行為をしていた3人の男のうちのひとりが若き日の阿藤海だった。
取り調べでおやじさんから、顔をなでられたりと洗礼を受ける。



特捜最前線 西田敏行

高杉がナーンチャッテおじさんに扮して
実行犯を見つけ逮捕する。


これ私の好きな回のひとつです。
途中、迷惑行為を注意してくれる善良な市民に感謝しながらも
巻き添えになることを恐れた一般市民の態度に対して
特命内で意見が割れるのですが、自分だったらどうするのか?
いろいろと考えさせられますね。


さて、今後、特捜の放送は再開されるのか?

今回は初期の中でも西田敏行が良く出ている回を放送した印象がある。
特捜を知らない一般層への訴求効果もあったのか?

ファミリー劇場で放送終了してからかなり時間が経つし
東映チャンネルではセレクションばかり。

特捜ファンからも全話放送のリクエストが入っていることだろう。
私も見ていない作品がほとんどなので
この機会に中断期間を設けてもいいので
全話放送をしてほしいものだ。

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

六本木ヒルズで中国料理の定食を! «  | BLOG TOP |  » 「涙・あいつは今夜もいない」  (1978年) 、「息子の心が見えない・ガソリンスタンド殺人事件」 (1982年) ウィリアム・アイリッシュ 『チャーリーは今夜もいない』

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (275)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (69)
ライフスタイル (658)
土曜ワイド劇場 (122)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (59)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (184)
格闘技・プロレス (445)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「女弁護士朝吹里矢子・レイプされた恋人」 (1982年)  夏樹静子 『親告罪の謎』 Sep 24, 2017
美女シリーズ9 赤いさそりの美女・江戸川乱歩の「妖虫」 (1979年) Sep 23, 2017
「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」 (1982年) フルムーン探偵シリーズ第1弾 Sep 22, 2017
「血塗られた薔薇」 (1986年) 探偵神津恭介の殺人推理第5弾 Sep 21, 2017
「35年目の亡霊・学童疎開殺人事件」(1980年)  斎藤栄 『運命の死角』 Sep 20, 2017
「悪魔を見た家族・運命の糸にあやつられる妻」 (1981年)  斎藤栄 『悪魔を見た家族』 Sep 19, 2017
「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾 Sep 18, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる