Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-04-28 (Fri)

「整形復顔未亡人」(1986年) 整形復顔シリーズ

なんだか、だんだんサブタイトルのセンスがなくなってきますね。
自分で考えたわけではないけど、書いてて気恥ずかしさが。。。

昔の短くてツボにはいるやつが好きでした。




●「整形復顔未亡人・私は名門夫人になりたい・・・
美しい看護婦の変身願望」  1986年4月5日
脚本: 下飯坂菊馬
音楽: 鏑木基盟
監督: 高橋繁男
制作: 国際放映
出演: 岡江久美子、松尾嘉代、並木史郎、
江藤潤、高木美保、仲谷昇ほか



富豪的場(安井昌二)は落馬事故で妻を亡くし
自分も半身不随で車いす生活となった。
的場は看護婦の玲子(岡江久美子)に好意を持っていて
退院後は専用看護婦として自宅での看護を依頼した。
同僚のナツエ(泉じゅん)も雇い入れることにした。
屋敷には家政婦のよし子(松尾嘉代)がいた。


整形復顔未亡人・私は名門夫人になりたい・・・ 美しい看護婦の変身願望





玲子には刑事(江藤潤)の恋人がいたが
的場のオファーが魅力的で別れを告げた。
的場はナツエの素行が気に入らずクビにすると
本命の玲子にプロポーズをして結婚をした。
だが、時がたつと玲子の態度がガラッとかわり
本性を現した玲子は男が出来たようで家を出てしまった。



パブで働く明美(高木美保)のもとへ、亡き母の友人だと言うよし子がやって来た。
明美はよし子とは初対面だったが、彼女は明美のことをよく知っていた。
そして、整形手術をして行方不明になった玲子になりすます計画をもちかける。
明美は整形外科医の杉山(並木史郎)と付き合っていた。

整形復顔未亡人・私は名門夫人になりたい・・・ 美しい看護婦の変身願望



最初は渋った明美だったが、杉山にこのことを話すとノリ気だった。
よし子にきっぱりと断るが、杉山がそれを知ると態度が冷たくなり
よし子に誘われて食事から帰った晩、酔った明美はヤケになり
手術を受けて玲子になることを承諾した。


本物の玲子は駆け落ちではなかった。
よし子と結託した杉山は玲子にうまく近づいて関係をもつと
彼女を殺し林の中に埋めていた。


よし子から実家に帰っていたと聞かされていた玲子が戻り
的場は喜んで家に迎え入れた。
しかし、車いすの的場は2階から降りてくるときに
ブレーキがきかなくなり衝突死を遂げてしまう。


的場が亡くなると杉山が病院建設の資金を玲子にねだってきて
玲子は杉山に一億五千万渡す。

あるアパートの床下から白骨死体が見つかった。


(現在元記事の一部のみ公開しています)










高木美保が若くてビックリ。
こんなだったんですね。


シリーズ最後の二作は松尾嘉代が出演しています。

彼女の事だから、高木美保を使って
財産をひとり占めしようかと計画して
利用するつもりだけなのかと思ってましたが。

だけど、実の娘の顔を整形して
父親の妻とすりかえてしまうというエグさ。



仲谷昇が復顔をする役で少しだけ出演しています。



****** 関連記事 *****



◆ 「整形復顔の花嫁」

◆ 「整形花嫁の復讐」

◆ 「整形復顔未亡人」

◆ 「整形復顔女流デザイナー殺人事件」





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント