展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2017リーグ 第9節 サガン鳥栖戦

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 05/ 01
                 
■Jリーグ第9節 鹿島アントラーズ 2-1 サガン鳥栖
2017年4月30日(日) カシマサッカースタジアム 16:03キックオフ/18,462人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、植田 直通、昌子 源、山本 脩斗
MF 永木 亮太、レオ シルバ、遠藤 康、土居 聖真
FW ペドロ ジュニオール、金崎 夢生


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 伊東 幸敏
MF レアンドロ、三竿 健斗、小笠原 満男
FW 鈴木 優磨、金森 健志

【得  点】 28分 金崎 夢生、41分 昌子 源

【交  代】 69分 遠藤 → レアンドロ、85分 金崎 → 三竿、90分+2分 土居 → 鈴木


週末のホームでの試合、先制されたものの
前半で逆転する試合で後半の追加点へと
期待は高まっていたのですが・・・

まぁ、でも、どんな内容でも相手でも
ホームできっちり勝って終われたことはとても良かった。
特に首位の浦和が最下位の大宮に負けるという
一波乱あった節なので勝ち点3を獲ることが重要だから。
これで首位と勝ち点1差となりました。


ホーム通算800ゴールは、PKを与えてしまった昌子の
セットプレーのヘディングシュートでしたか。
記憶に残るゴールとなりそうです。


正直、攻撃に怖さがなかった鳥栖に
PKを決められて嫌な予感がしたんですが
本当によくぞ前半のうちに逆転してくれた。

昨日は土居がキレキレでしたね。
それとは対照的に遠藤が良くなかった。
交代するときも表情が厳しかったし
疲れがたまって体が重いんだろうな。
それにしても、遠藤に渡ってもバックパスで
攻撃のリズムが良くなかったですね。

疲労といえば金崎も気になりますね。
彼がいるのといないのじゃボールの収まり具合も違うから
絶対に外せない選手だから。
石井さんはここからはメンバーを固定して戦っていくと言ってますが
選手の疲労面も考慮して早めの交代をするなどして
うまく使っていってほしいところです。
優磨はもっと早くに投入した方が良かったんじゃないかと思うが。


あと、ペドロジュニオール。
パスも雑だし、シュートも決められないし
ドリブルで持ってくなら最後はきちんとシュートまでもっていかないと。
後半取られたら嫌な位置で相手にボールを奪われたりといい印象がなかったなぁ。
ペドロって得点だけでなく、アシスト面でも活躍してたらしいけど
視野が広いようには思えないのだが。
それと、足元の技術はうまくないのね。

CBの二人は良かったので、あとは攻撃面ですね。
途中出場のレアンドロは守備は頑張ってましたね。
どういう特徴を持った選手なのかよくわかりませんが
ペドロと共にもっと活躍してもらわないと。
今は物足りなさがあります。


とにかく、勝って終わってほっとしてます。

昨日は開始10分前はDAZNで
始まってからはBSに切り替えてみたんですが
DAZNは結構遅れてました。
BSでは選手がピッチに入っていたのに
DAZNではこれから選手入場といったかんじで
リアルタイムとかなりズレがあるんですよね。
やはりテレビだと途中で画像が止まることなく見れてストレスがなくていいです。


次は浦和戦。
絶対に勝ちましょう。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント