A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

土曜ワイド劇場×円谷プロ 「眼の中の悪魔」(1984年) 角膜移植をテーマにしたこれまでとは違う大人の恐怖サスペンス - 2017.05.02 Tue

土曜ワイド劇場の円谷プロ作品の第5弾
「眼の中の悪魔」が放送されました。




●「眼の中の悪魔・角膜移植の人妻が見たものは・・・
”あなたは誰?!”」  1984年8月11日
脚本: 田坂啓
監督: 井上芳夫
制作: 円谷プロダクション
出演: 沢田亜矢子、黒沢年男、萩尾みどり、仲谷昇、
滝田裕介、長谷川哲夫、西岡徳馬ほか


洋子(沢田亜矢子)は、事故で両目の視力を失い角膜移植の手術を受けた。

眼の中の悪魔 沢田亜矢子

視力は回復し夫の宮内(西岡徳馬)の顔も見れるようになった。
宮内の会社の常務(滝田裕介)も手術の成功を喜んだ。




元通りの生活に戻れると思った宮内夫婦だが、
洋子はその日から幻覚に悩まされることになる。

退院祝いのレストランで洋子は
夫の顔が見知らぬ男の顔に変わり
見たこともない断崖の風景が見えた。


眼の中の悪魔

夫に心配をかけぬよう洋子はそのことは宮内に話さなかった。


その日の深夜2時、眠っていた洋子は目を覚ましベッドを抜け出す。
カーテンを開けて外を見ると、外の建物が波に変わって見えてきた。
波の勢いは激しく、ガラス窓を破壊して家まで入り込み
自分を襲ってくるような恐怖に怯える。

しかし、それは幻覚で部屋には何の異常もなかった。
洋子は再び窓に向かうと真っ暗闇の中に映し出されたのは
自分ではなく、見知らぬ若い女だった!
思わずカーテンを引きその場を去ろうとすると
後ろの鏡台の鏡にも自分ではなくその女が映っていた。

心配した宮内が部屋に入ってきた。
鏡の中には宮内と洋子自身が映っていた。
寝付かれないとその場をごまかす洋子。


不安になった洋子は眼科へ行き執刀医の手塚(長谷川哲夫)に相談する。
しかし、検査の結果術後は良好で異常がないと言われる。
洋子はあの断崖をどこかで見たような記憶がある。
手塚は神経質になっているだけだと洋子を諭す。
帰り際、病院の前で洋子はある男を見かけたが
どこかで会った事があるような気がして気にかかった。


そんな中、宮内は出張へ行ってしまい
しばらく洋子はひとりになってしまう。


そして、時計の鐘が深夜2時を告げる。
寝ていた洋子は目が覚め起き上がると
正面の3面鏡の真ん中にはあの女が映っていた!

眼の中の悪魔

女の背後には男が現れ女を襲おうとする。
洋子は怖くなって3面鏡を閉じた。


移植手術の後、精神的に不安定になっている洋子を
眼科の手塚は精神科の平泉(仲谷昇)へまわす。
平泉はいつか病院前でみかけた男で
どこかで会った事があると感じたあの人物だったのだ。


絵の上手い洋子は、幻覚で見た
断崖と男女の顔を書いた絵を平泉に見せた。
平泉は洋子は想像力や造形力が強いから幻覚を見やすく、
午前2時に必ず見るというのも自分に暗示をかけている
半年程、視力を失い社会と隔離した生活を送っていたために
今それを取り戻そうとしていてうまくいくかどうか不安に思っているために
幻覚を見てるだけだと話した。
気分転換をしなさいとアドバイスを受け病院を後にした。

帰り道、洋子は断崖の上に女が立っている写真展のポスターを見つけた。
気になった洋子はその写真展へ行く。
そこには沢山の外国の戦争の写真があり
その中にあの断崖の写真と、幻覚で見た女の写真があった。
気を失い倒れる洋子を、写真展の戦場カメラマン稲田浩介(黒沢年男)が介抱する。
洋子は稲田の顔を見て驚いた。
幻覚の中に現れた男だったからだ。

意識を取り戻した洋子は稲田に写真の女性に会わせてくれと頼むが
写真の女は稲田の妻の美沙子(萩尾みどり)で
あの崖から身を投げて自殺してしまったという。


洋子は宮内と訪れたあのレストランへ稲田と行った。

眼の中の悪魔 黒沢年男

稲田の妻美沙子の母親は一流財閥の男の愛人で
手切れ金代わりに莫大な土地財産を受け取り
それをそっくり美沙子がもらっていて贅沢な暮らしをしていた。

洋子は稲田に美沙子がアイバンクに登録してなかったか尋ね
そうであったことを知ると自分の角膜は美沙子のものだと話した。
そして、明日にでもあの崖へ連れて行ってくれとせがむ。




実際に稲田にあの崖へ案内してもらった洋子は
幻覚で見た崖はここだったと確信する。

さらに洋子は下を見下ろそうとしたとき

眼の中の悪魔

崖にあの写真のポーズをした女の姿が見え

眼の中の悪魔 萩尾みどり

振り返るとそれは美沙子であり洋子は気を失ってしまう。


ふたリは美沙子が持っていた近くの別荘へ行った。
美沙子は2ヶ月前の午前2時頃死んだのだという。

稲田と美沙子は海外で知り合った。
戦場カメラマンの稲田は家を空けがちだった。
財力のあった美沙子は稲田を援助しようと思ったが
稲田の性にそれは合わなかった。
美沙子は持て余すくらい母性愛の強い女だった。

そして、2ヶ月前帰国した稲田は美沙子のメモから
別荘へ向かいあの崖で美沙子の死体を発見した。

美沙子は寂しさの余り複数の男性と浮気をしていた。
その様子を日記に書いて稲田の目の届くところへ置いていた。
心の隙間を埋めるため、稲田の気を引くために
そんなことをしていたのだろう。

稲田と二人で美沙子の写真や日記を見ているうちに
洋子は大学時代の美沙子の写真を発見した。
そこには微笑む美沙子の隣に宮内が写っていた。
宮内と美沙子は顔見知りだったのだ。
ショックを受ける洋子。
そんな洋子に別れ際稲田は「また会ってくれますね。」とつぶやく。



出張から戻ってきた宮内は洋子の様子がおかしいのに気がつく。
洋子はまだ定期検査の必要があるとごまかす。
そして、宮内の顔が稲田の顔にかわり
「また会ってくれますね。」という最後の言葉が。
夫に対する不信感からか稲田に心が傾きかけているのだろうか。
幻覚の中に見た稲田から逃れるように、
洋子は宮内が抱き寄せようとする手を振り払い逃げる。

洋子は幻覚の中で稲田に抱かれていた。
崖にいる美沙子の後姿がフラッシュバックする。
しかし、洋子を抱いていたのは宮内だった。
その晩の洋子はまるで別の女のようになり
宮内の背中に爪あとを残していた。


精神科医平泉のもとを訪れた洋子は
これまでの全てを打ち明ける。
しかし、平泉は洋子の幻覚妄想が
招いたことであり、角膜移植によって
幻覚を見ることはないと断言する。
そして、稲田にも二度と会うなと忠告する。


しかし、その足で洋子は稲田に会いに行く。
そこで、稲田の右腕に戦場で玉の破片が飛んできた時に
出来てしまった傷跡があることを知る。

洋子は稲田に幻覚の中で美沙子が男に
羽交い絞めされて襲われていたことを話す。
稲田も実は美沙子は誰かに殺されたのではないかと疑っているという。
美沙子の日記から死ぬ3日前にイニシャル「M」の男と会っていることはわかった。
洋子はその「M」が宮内ではないかと疑い始める。

稲田は美沙子が角膜を通して自分を殺した犯人を
教えようとしている、もう一度あの別荘へ行って欲しいと誘う。


その頃宮内も洋子の行動を疑い始めた。
洋子の定期健診を、宮内は嘘だと見抜いていた。
洋子と宮内の夫婦仲にも亀裂が入り始めてしまった。

宮内が朝出勤した後、洋子は鏡の中に
美沙子が男に殺される場面を見た。
その男の指には結婚指輪がしてあった。
その指輪をしている手は宮内ではないかと洋子は思った。

真実を確かめたくなった洋子は稲田の誘いにのり別荘へ向かった。
洋子は夫の会社へ決着を付けたいことがあって
今日は帰れないとメモを残した。


宮内は病院を訪ねた。
眼科の手塚から精神科の平泉の診療を受けていることを知らされ
平泉から洋子の幻覚妄想について説明を受ける。
この時初めて宮内は洋子が幻覚に苦しんでいたことを知る。
宮内は洋子が決着をつけるとは
男と別れるということではないかといい、
平泉に洋子が会っている男を知らないかと尋ねた。


病院を出た宮内は車を走らせある場所へ向かう。


洋子と稲田が到着すると別荘は何者かが侵入した後で
写真と日記帳がなくなっていた。
稲田は洋子は亡くなった日アルコールを飲んでいなかったから
自殺ではないし、かといって事故とも思えないと話す。
それに、稲田が帰国する前に美沙子が
もう一度稲田とやり直したい東京のマンションで待っていると話していたという。

眼の中の悪魔

そして、いよいよ午前2時になった。
急に電気が切れ稲田が席を外す。
洋子がひとりになると、美沙子が姿を現した。
その美沙子を男が後ろから襲う。
これまで何度も見た光景だ。
いつも通り暗くて男の顔は見えない。
羽交い絞めにしてくる男から逃れるように
美沙子はそばにあったハサミをとり男の右腕に突き刺す。

急に灯りがともりヒューズが切れていたと稲田が帰ってきた。
その瞬間洋子は気がついた。

右腕に傷跡がある男・・・
動機も十分にある。
洋子は美沙子を殺したのは稲田だと言った。
洋子は部屋を出ると稲田から逃げるように
外へ飛び出した。
稲田は洋子の後を追ってくる。
すると、洋子は1台の車を見つけて夢中で止めた。
乗っていたのは平泉だった。


洋子が平泉の車に乗ると前に追ってきた稲田の姿が見えた。
車を発車する平泉、正面にいる稲田を引いてしまうように
アクセルを上げた平泉だが、稲田は車をよけていた。
平泉は「大丈夫ですよ、轢いたりしませんよ」と洋子に言う。

平泉はこの先に別荘を持っているのだという。
今は原稿の締め切りがあり雑事に煩わされない
別荘で作業をしようと向かう途中だった。


平泉の別荘に着くと、洋子は再び稲田と会うなと忠告される。
幻覚で見た女が男の腕を刺すところも
稲田の傷をみた洋子が自分で勝手に作り出した妄想だという。

すると、チャイムがなった。
平泉が出て行くと稲田が洋子を探しに来たところだった。
平泉がうまく応対して稲田を帰す。
ほっとした洋子は夫を疑ったことを恥じて
電話をかけたいというが生憎別荘には電話は引かれていなかった。


平泉は洋子にもう休みなさい、明日の朝家に送っていってあげるというが
洋子は寝られそうもないというので鎮静剤を打つことにした。

平泉が洋子に鎮静剤の注射をするときに
平泉の指輪に目が留まった。

眼の中の悪魔 仲谷昇

平泉は「この指輪いいでしょ。女房と一緒なんですよ。」と
笑って言うが洋子はどうしてもあることを確かめたくなった。

薄れいく意識の中で必死で平泉のシャツの袖を捲り上げようとする。
洋子はうわごとのように「傷・・・」とつぶやく。
しかし、どんどん意識は遠のいて
傷を確かめたいのに確かめる前に倒れてしまった。


明け方洋子を探しつかれた稲田が別荘に引き返すと
宮内が稲田の前に姿を現した。
宮内は医者から稲田が洋子と付き合っていると聞いていて
別荘まで駆けつけたところだったのだ。
すでに稲田が帰る前に別荘の中に入っていた宮内は
洋子のハンドバッグがあることも知っていて稲田に詰め寄る。

精神的に不安定になった洋子が稲田と不倫していると
思っていた宮内だったが、稲田から全てを聞き
洋子が宮内を美沙子殺しの犯人だと疑っていたことを知る。
洋子は宮内の次に稲田のことも疑ったのだ。

稲田は日記から宮内と美沙子の関係を知っていた。
ふたりは大学時代同じサークルで
1年位前から再び付き合いが始まって
美沙子が死ぬ3日前にも会っていた。
稲田は美沙子の他の男関係を知らないかと聞くと
宮内は美沙子は精神科医との事で悩んでいたみたいだと話す。

宮内の話でピンと来た稲田は宮内に別荘に残るようにいい
洋子を助け出しに行こうとする。


平泉の別荘で目を覚ました洋子は
鏡の中に美沙子の幻覚を見た。
美沙子が殺されたときの様子が映り
今度こそはっきりと犯人の顔を見た。
犯人は精神科医の平泉だった。


平泉は洋子が腕の傷を確かめようとしたことで
美沙子殺しが自分であることを気づいたのだと悟った。
せっかく稲田が犯人だと思い込んでいたのに
そんな洋子をどう始末しようか思案していた。
目を覚ました洋子を犯しその様子をビデオに撮影し
口封じをしようと考えた。


平泉がビデオカメラを設置していると
起き出した洋子がその隙を縫って別荘を飛び出した。
洋子の後を追いかける平泉。

ふたりがいなくなった別荘にやってきた
稲田が暖炉の中に美沙子の写真と日記の燃えカスをみつけた。


逃げる洋子は崖まで逃げるが追ってきた平泉に捕まった。
そのとき、稲田も二人に追いついて崖までやってきた。
稲田は燃えかけた日記を手にして平泉に自白を迫った。

平泉は美沙子を殺すつもりはなく、
逆に美沙子の方が別れてくれなければ殺すと脅かしてきた。

美沙子は稲田の気を引くために男遊びをしてただけだった。
平泉は美沙子に本気になってしまい妻と別れて
美沙子と一緒になろうとしていた。

その別れ話のもつれから崖で誤って美沙子を転落させてしまったのだ。
美沙子が落ちた場所へ行くと美沙子は目を開けたので
今度は海に投げて殺してしまったのだ。


稲田は美沙子の死は自分にも責任があるといい
平泉を残して去ろうとする。
稲田に続いて洋子も去ろうとしたときに
そばにあったハサミを持った平泉は洋子を捕まえ
稲田に崖から飛び降りろと迫り、そうしなければ洋子を殺すと脅す。

稲田が拒否したので平泉が洋子を殺そうとすると
振り返った洋子の顔が美沙子になっていた。

平泉を裁くような目で迫ってきた美沙子。
おののいた平泉はそのまま崖から海へ転落してしまった。

全てが終わり、稲田は海外へ旅立つ。
空港まで見送る洋子。

外へ出て宮内と帰る洋子。
宮内は昨日アイバンクへ登録したのだという。

もう角膜が見せる幻覚もなくなり
もとの洋子に戻っていった。




土曜ワイド劇場の円谷プロ6作品の中でも
ひとつだけ趣が異なった作品。

それだけに、円谷プロファンからすると
やや物足りなさを感じるものだったかもしれない。

幻覚で見る崖の風景や襲ってくるような波のシーンなど
円谷らしさは感じられると思うが。

私自身は単純に面白かったです。
ただ当時の番組の資料から
仲谷昇が犯人なんだろうなと察しがついていましたが。
それでも私的には充分楽しめる作品でした。

また当時は土ワイの裏番組
TBSの「ザ・サスペンス」(1984年9月で終了)があったころで
2サスの原作漁りやら視聴率競争が激しかった頃でした。
「眼の中の悪魔」でも、入浴シーンで女性の裸が出てきたりして
そんな2サスの勢いを感じさせてくれます。


最後犯人仲谷昇が崖から転落するシーンですが

眼の中の悪魔

途中まで人形を使わずにスタントマンを使っていて
結構迫力がありました。


今月はいよいよ最後の作品
「呪いのマネキン人形」が放送されます。

今回は出てきませんでしたが、長門裕之演じる
「ツカさん」こと大塚刑事が姪の久美・真野あずさと活躍するようです。

楽しみですね。

今のところEXまにあっくすは次の回で終わるようですが
円谷プロ作品ではありませんが初期の土曜ワイド劇場を
まだまだ見たいので番組宛てにおハガキでリクエストしますかね。

先日リクエストがあった火曜サスペンスの3作品もみたいですね。
ちょうど火サスが面白い頃の作品ですよ。
「可愛い悪魔」は赤座美代子が金魚鉢をかぶってクルクル回ったり
確か最後秋吉久美子が狂人扱いされたまま終わるやつですよね。




「麗猫伝説」も見たいです。
こちらは見たことがなく以前から気になっていた作品です。




ザザーンがリクエストしてた
「乱れからくり・ねじ屋敷連続殺人事件」は
もしかしたら見たことがあるかもしれない。


「可愛い悪魔」「麗猫伝説」「乱れからくり」
以上の3作品に加え、すでにリクエストがあった
「悪魔の花嫁」なども合わせて絶対に放送して欲しいです。



*** 土曜ワイド劇場の円谷プロ作品 一覧 ****


◆ 「怪奇!巨大蜘蛛の館」

◆ 「白い手 美しい手 呪いの手」

◆ 「怨霊!あざ笑う人形・危険な未亡人」

◆ 「怪奇!金色の眼の少女」

◆ 「眼の中の悪魔」

◆ 「呪いのマネキン人形」





関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

牟田刑事官シリーズ第1作 「事件の眼・信濃路にいた女」 «  | BLOG TOP |  » 2017リーグ 第9節 サガン鳥栖戦、第10節 浦和レッズ戦、ACL 第6節 ムアントン戦、第11節 ヴィッセル神戸戦、ACL ラウンド16 第1戦 広州恒大戦,ACL ラウンド16 第2戦 広州恒大戦 石井監督解任 

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (261)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (682)
土曜ワイド劇場 (145)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

平日朝イチでも混雑!「怖い絵展」@上野の森美術館 Oct 21, 2017
「京都花の宿殺人事件・奥嵯峨に消えた婚約者」 (1988年)  Oct 20, 2017
「探偵事務所・奇妙な依頼人!」 (1996年) Oct 19, 2017
「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年) Oct 18, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
「終着駅(ターミナル)殺人事件」  (1981年)  西村京太郎のトラベルミステリー第1作 Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「密室から消えた美女」 (1992年) 探偵神津恭介の殺人推理第11弾 Oct 13, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ