2017/05/10
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「息子殺し」「女主人殺し」「女優殺し」 ロイ・ウィンザー原作の相田博士シリーズ

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 05/ 10
                 
先日少し書いた「相田博士(殺し)シリーズ」の
最初はロイ・ウィンザーの長編小説をドラマ化したものでした。
シリーズはCSでも放送されたのですが
1~3作目は何故か放送されなかったんですよね。



●「息子殺し・エジプト短剣の謎」  1981年10月31日
原作: ロイ・ウィンザー  『息子殺し
脚本: 新藤兼人
音楽: 津島利章
監督: 斎藤武市
制作: 近代映画協会
出演: 愛川欽也、黒沢年男、名高達郎、蜷川有紀、
久保菜穂子、仲谷昇、丘さとみ、滝田裕介ほか

息子殺し・エジプト短剣の謎


相田博士(愛川欽也)は考古学者にして推理マニア。
学問に専念したため婚期を逸し、
土器や矢じり相手の気楽な一人暮らし。


その相田が所用で歴史学者辺見(滝田裕介)の家を訪れ、
思いがけない出来事に遭遇した。

辺見の息子夏人(諏訪圭一)が父の収集品の
エジプト短剣で殺され、夏人の妹の婚約者
反津(名高達郎)に容疑が掛かる。

反津の師である相田が真相を探り出そうとするが、
第二、第三の殺人事件が起きる・・・。



「息子殺し」は大昔に1度だけ見たことがありますが
まだ相田博士の助手の女性が出てくる前で
ちょっと陰りのある湿った空間や演出が
独特の雰囲気を出していて良かった記憶があります。

久保菜穂子の雰囲気もドラマにマッチしていて良かったです。








●「女主人殺し・寝室に鍵を・・・」  1982年5月15日
原作: ロイ・ウィンザー  『寝室に鍵を
脚本: 新藤兼人
音楽: 津島利章
監督: 斎藤武市
制作: 近代映画協会
出演: 愛川欽也、黒沢年男、吉行和子、水野久美、
殿山泰司、早川保、辻沢杏子、高林由紀子ほか



伊豆の大豪邸に住む秋津夕子(水野久美)は
資産5億円を持った秋津家の女主人。
遺産相続人の中に自分を殺そうとしている者が
あることを知り、新しい遺言状を作成した。

女主人殺し

ところが、その夜、夕子は寝室で殺され
同時に客として来ていた夫の友人二瓶(田口計)が
なぞの死を遂げた。

夕子が書き換えたばかりの遺言状を預かった
相田博士も、その夜何者かに殴られたうえ、遺言状を奪われる。

事件のカギを握る夕子の養女麻里子(辻沢杏子)は
ある重大なショックによって失語症になっていた。

屋敷には他に家政婦(吉行和子)がいる。


寝室に鍵を―長編推理小説 (1980年) (カッパ・ノベルス)






●「女優殺し・霧の湖畔を死体が歩いた
”真犯人Xは・・・?”」  1983年11月26日
原作: ロイ・ウィンザー  『死体が歩いた
脚本: 新藤兼人
音楽: 津島利章
監督: 斎藤武市
制作: 近代映画協会
出演: 愛川欽也、黒沢年男、乙羽信子、谷啓、
中村れい子、岡田英次、西田健、三谷昇、
石山律雄、山谷初男ほか


考古学者の相田古志郎(愛川欽也)は
研究のためにやってきた蓼科で
親友の須田警部補(黒沢年男)に再会し
相田は須田を山荘へ誘った。

翌朝、濃霧の蓼科湖畔で車の追突事故が起きた。

ぶつけたのは俳優の坂本(西田健)で
宛てられたのは映画監督板柳(石山律雄)だった。
坂本は軽傷で済んだが、板柳は死亡したらしい。
しかし、不思議なことにその死体が湖の中で発見される。


女優殺し 乙羽信子

発見者はスナックの女主人(乙羽信子)だった。


地元警察の三林(谷啓)の捜査で
興味深い事実が浮かんだ。

板柳は、女優の美恵子(中村れい子)とホテルで会っていた。
美恵子は坂本の妻だったのだ。

愛川欽也 黒沢年男

事件は嫉妬に狂った坂本の犯行と断定されるが、
数日後、美恵子が山中で、下着姿の死体となって発見された。


死体が歩いた (世界ミステリシリーズ)


以降はこれまでの設定そのままで
引き続き新藤兼人脚本でシリーズは継続される。

途中からは相田の助手かおり(川島なお美)が登場する。


今回紹介した3作とも昔、見ているのですが
また再放送して欲しいところです。

私は初期のあの雰囲気の方が好きでした。



関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント