展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

2017リーグ 第11節 ヴィッセル神戸戦 レアンドロのゴールが収穫だが・・・ケガ人続出

category - 鹿島アントラーズ
2017/ 05/ 16
                 
■Jリーグ第11節 鹿島アントラーズ 1-2 ヴィッセル神戸
2017年5月14日(日) カシマサッカースタジアム 14:03キックオフ/18,626人


【スタメン】
GK クォン スンテ
DF 西 大伍、昌子 源、町田 浩樹、三竿 雄斗
MF 小笠原 満男、レオ シルバ、遠藤 康、土居 聖真
FW ペドロ ジュニオール、 鈴木 優磨


【控え】
GK 曽ケ端 準
DF 山本 脩斗、伊東 幸敏
MF 永木 亮太、レアンドロ
FW 金森 健志、金崎 夢生

【得  点】 89分 レアンドロ

【交  代】 35分 遠藤 →金崎、46分 ペドロ → レアンドロ、62分 レオ → 永木




またもやホームで負けてしまった。
しかも、遠藤、レオと負傷者が出てしまうし
なんかさんざんですな。

救いはレアンドロのリーグ初ゴールが見れたこと。
ゴールに関しては、その前にもチャンスはあったんだが
なんか点が入らない日でしたね。

石井さんって、セレッソ戦みたいに
中盤をごっそり入れ替えたりするくせに
交代がやたら遅い試合があったりと
結構極端な人だって印象があります。


この日は太ももにハリがあった
植田に代えてマチがスタメンへ。
最終ライン、マチと雄斗ってところが不安でしたが・・・


去年のCWCのせいか、リーグよりも
ACLを重視しているような感じがします。



試合は用事を済ませながらでさらっと見ただけですが
結果もけが人も起きてしまったことを
今更あれこれ書いてもしょうがない。

これまで出場機会に恵まれなかった選手は
逆にチャンスです。

今後も厳しい戦いが予想されますが
こういう時こそ底力を見せて欲しい。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント