Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-05-25 (Thu)

「オフィス妻のさけび」 (1985年)

●「オフィス妻のさけび・超高層ビルから死の投身!?」  1985年5月25日  
脚本: 原教子
監督: 小沼勝
制作: にっかつ撮影所
出演: 水沢アキ、山口果林、山口崇、丹阿弥谷津子、
宮下順子、松本ちえこ、高橋昌也、勝部演之、室井滋ほか




妻子ある課長・三沢(山口崇)とオフィスラブの関係になった
奈津子(水沢アキ)は、ある夜ホテルから出たところを
同じ会社の先輩の千枝子(宮下順子)に目撃されてしまった。




オフィス妻のさけび







千枝子が自分と三沢の関係をいつバラすかという恐怖におびえた奈津子だが、
彼女は二人の仲を口外する気はなく、逆に三沢を真剣に愛する
奈津子を気遣う態度を見せた。


オフィス妻のさけび





その千枝子が無断欠勤をした。
心配になった奈津子が彼女のアパートへ行ってみると千枝子の姿はなく、
職場では地味な彼女がプライベートでは派手な生活を送っていることを知った。




依然として行方がわからなかった千枝子だが、約10日後に高層ビルの植え込みの中で
腐乱死体となって発見された。
千枝子はホストに貢いでいたらしい事がわかる。


しかし、後日奈津子がそのホストに会うと、
千枝子は株でしくじっていて金に困っていた。
そして、どうやら二人の人間の弱みを握っていて
強請っていた可能性が出てきたことを知った。





刑事が会社にやって来て、千枝子のロッカーの中身を調べたときに
三沢の妻・貴子(山口果林)と一緒に献血した時の写真が出てきた。
三沢は裏面に記された貴子の血液型を見てショックを受けた表情を見せる。
三沢と貴子は社内結婚で、貴子と千枝子は同僚だった。





千枝子の仕事は奈津子が引き継ぐことになった。
ある日、山崎部長(高橋昌也)へ書類を届けに行った奈津子は、
電話を受けていた山崎のメモの取り方を見てハッとした。
千枝子が死ぬ少し前、同じ書き方をしたメモを持っているところを見ていたからだ。
奈津子はそのことを同僚の長谷(松本ちえこ)と三沢に話した。



オフィス妻のさけび





三沢はメモの内容から、夜9時にオフィスで会おうという内容だと解く。
ホストから千枝子のことを聞いていた奈津子は、
彼女が山崎を強請っていてその金の受け渡し場所のメモだと考えた。



(現在元記事の一部のみ公開しています)


応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント