Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-05-26 (Fri)

恐怖劇場アンバランス 第1話 「木乃伊(みいら)の恋」 円谷プロのホラードラマ

---心臓の悪い方、お一人でご覧になる方は
この「恐怖劇場アンバランス」はご遠慮ください---


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



***************************************

ブログで画像の転載禁止と書いているのですがアンバランスの複数の記事から
多数の画像が無断転載されました。
とりあえず署名入りのもの画像と差し替えます。


***************************************


私が”恐怖劇場アンバランス”を知ったのは3,4年位前だろうか?
土曜ワイド劇場の「白い手・美しい手・呪いの手」が見たくて
そのもととなったのがアンバランスの「墓場から呪いの手」
であることを知り、レンタルDVDを借りたことがキッカケだった。


「墓場から呪いの手」から見始めてDVDを全て借りた後、
チャンネルnecoで全話放送された。
2年ほど前にアンバランスの記事を書こうと思ったものの
頓挫してしまっていたのでこの機会に書いてみる。


恐怖劇場アンバランスは円谷プロ制作のテレビドラマ。
フジテレビ系列で1973年1月8日から4月2日まで
毎週月曜日の深夜に放送されていた。

制作自体は1969年~1970年にかけて行われていたが
あまりにも怖くて3年もの間放送されなかったのだ。



全13回のアンバランスは制作順には放送されていない。
第1回目の放送は10番目に制作された作品のようだ。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」


■ 「木乃伊(みいら)の恋」  1973年1月8日
原作: 円地文子  『二世の縁 拾遺』
脚本: 田中陽造
音楽: 冨田勲
監修: 円谷英二
監督: 鈴木清順
制作: 円谷プロダクション/フジテレビ
出演: 渡辺美佐子、浜村純、大和屋竺、加藤真知子、田中筆子、瀧那保代、
昔々亭桃太郎、早川研吉、白田和男、中原淑子、中原成男、相生千恵子、
関陽子、市来まさみ、恒𠮷雄一、羽鳥靖子、川津祐介



則武笙子(渡辺美佐子)が大学時代の恩師で国文学者の布川(浜村純)の家へ向かう途中、
車に乗っている男女の二人連れを見た。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



笙子は何故か人形だと思ってしまった。
と、同時にあの若い坊様はこれから入定するのだと感じた。
入定とは、生きながら棺に入り座禅し続け即身仏となることをいう。


布川の家へは、笙子が務める出版社の読み物に上田秋成の「春雨物語」を入れることになり
その口語訳を布川に依頼していたためだった。
だが、布川は寝たきりなので布川が口語訳したものを笙子が筆記する。


以降は、布川の語りによって、ある物語が再現される。



正次(川津祐介)は亡くなった父同様に学問に打ち込む男だった。


ある雨の晩鐘の音を聞いた。
母は鐘の音など聞こえず雨の音しかしないというが正次は翌日鐘の音が聞こえた場所を掘り返す。


すると、長髪で座禅を組んだ1体のミイラが見つかった。
正次はミイラが高僧だとありがたがり面倒を見ることになった。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



正次の熱心な世話のおかげでミイラは甦った。
入定した僧のようだったが記憶をなくしているのか自分の名前すら思い出せない。



正次は入定の定助(大和屋竺)と名付けた。


だが、正次の思惑とは裏腹に定助は欲だけ旺盛で、食べ物は平らげて
おかわりを要求するは、挙句の果てには性欲もすさまじく、子供だろうが老人だろうが
女と見るやその尻を追いかける始末だった。


定助は入定する前に果たせなかった性欲を満たすためだけに甦った男だったのだ。



定助の異常な性欲は村中に広まっていた。

男女の契りを交わしているところを覗き、女から「歌舞伎役者みたいな色白の男になったら
ここで相手にしてやるよ」と言われ真に受けた定助は顔中に白粉を塗りたくり
歌舞伎役者のようになってその場所へ行く。



恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



結局その女には逃げられたが、川の向こう側にいた
夫に先立たれた頭の弱い女(加藤真知子)を見つける。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」

未亡人は定助に微笑んだ。

脈ありと見た定助はその女と一緒に家に向かう。
そして、7日間の間定助は未亡人と交わり続けた。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



8日目にはさすがに未亡人にも呆れられ定助は家を閉め出される。
直後、未亡人は腹痛に苦しんだ。
それは、陣痛で未亡人は定助の子どもを出産する。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」


生まれたのは色情まみれの定助の子供にふさわしいろくでもない黄金の菩薩たち。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



定助の子どもが生まれたことは村中に知れ渡った。
正次と村人たちが駆けつけてきた。

手のひらサイズの色情菩薩たちを正次たちは殺してしまう。
そして、みんなは定助の行方を追う。

定助は逃げる最中に車から転落し死亡する。

正次にもとの平穏無事な生活が戻った。




正次はようやっと嫁を迎えることになる。
初夜の晩、あの鐘の音が鳴った。


恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」



正次は半狂乱になりながら鐘の音が聞こえる場所へ飛び出していくが・・・


その後、妻の体に触れようとする晩だけあの鐘の音が聞こえて正次を狂わす。
この噂は妻の実家へも届き、妻は実家に連れ戻された。

それから、正次は一度も女と交わることなく生涯を終えた。



恐怖劇場アンバランス「木乃伊の恋」


(現在は元記事の一部のみ公開しています)




DVD恐怖劇場アンバランス Vol.1





恐怖劇場アンバランス Blu-ray BOX





************ 恐怖劇場アンバランス 記事一覧 ************


1. 「木乃伊(みいら)の恋」

2. 「死を予告する女」

3. 「殺しのゲーム」

4. 「仮面の墓場」

5. 「死骸(しかばね)を呼ぶ女」

6. 「地方紙を買う女」

7. 「夜が明けたら」

8. 「猫は知っていた」

9. 「死体置場(モルグ)の殺人者」

10.「サラリーマンの勲章」

11.「吸血鬼の絶叫」

12.「墓場から呪いの手」





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント