A D M I N
topimage

2017-08

最新記事一覧  

「京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生」 (1985年) 三ツ矢歌子版 - 2017.06.03 Sat

土曜ワイド劇場の「京都妖怪地図」シリーズ第3弾!


●「京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生」  1985年8月17日
脚本: 保利吉紀
音楽: 東京バックグラウンドミュージック
監督: 田中徳三
制作協力: 京都映画株式会社
制作: 松竹
出演: 三ツ矢歌子、神山繁、児島美ゆき、月亭八方、
藤岡重慶、遠藤太津朗、斎藤林子ほか



京都妖怪地図 三ツ矢歌子


東山女子大学で、歴史学助教授の佐竹まつ子(三ツ矢歌子)は、
京都の塚から古い人骨を発掘した。


京都妖怪地図 三ツ矢歌子


まつ子はその骨が、八百年前の後鳥羽上皇に仕えていた
女官の松虫か鈴虫のものという仮説を立てた。
その人骨を壺に入れて大切に持ち歩くようになる。

まつ子は独身で一人暮らしだった。
研究一筋で生きてきて、浮いた噂もなかった。

帰宅したまつ子は和室に飾ってある観音様を前にして
自慰行為にふけっていた。

チャイムが鳴ったので出てみると、
そこには新しく教え子になった古河すず子(斎藤林子)がいた。
ワイングラスを傾けながら松虫、鈴虫の話しをするふたり。


まつ子には次期教授の椅子を狙うライバルの
香取なおみ(児島美ゆき)がいて、
週刊誌記者の梶岡(月亭八方)を抱きこんで
なんとかまつ子を蹴落としてやろうとたくらんでいる。

今のところ林教授(神山繁)はまつ子の能力を高く評価していて
私的な面でもまつ子に求婚をしていた。




まつ子が発掘した人骨は洛北大学の考古学教室に
詳しい調査を依頼した。
残るわずかな骨を愛おしそうに持ち歩くまつ子。


まつ子は尚古堂の店主(藤岡重慶)に学費やその他で
経済的に世話になっていた。

学校からまつ子とすず子が二人そろって出ようとしたとき
尚古堂がやってきてまつ子に買ってきた仏像の鑑定を依頼する。
何かと物入りな店主はこうやって時折金の工面をしようとしていた。


すず子は松虫と鈴虫の定説をすず子に話して聞かせる。
しかし、すず子は当時を知っているかのように
まつ子が話す定説を否定し、松虫と鈴虫は
同性愛の間柄だったと意見を述べるのである。


まつ子には時々ある光景がフラッシュバックする。

それは、むかし、まつこが幼い頃、寝床で眠れなくて
近くにいたお姉さんに寒いと甘える。
お姉さんはまたかという感じで、着物を少しはだけて
人肌でまつ子をあたためてあげる。
まつ子が眠ると隣の部屋から男がお姉さんを呼び
男の部屋からふたりで何かしている様子が聞こえてくる。

ある日、お姉さんと男が外でいちゃついていると
それを上から見下ろしていたまつ子が、近くの木材の縄を切り
木材が次々と下にいたふたりへ向かって落ちていく・・・。


夜、尚古堂にまつ子が行ったが、どうやら仏像は古売品で
鑑定書をごまかして高く売ることはできないようだった。
あてがはずれた店主は、今度はまつ子の体を求めようと
嫌がるまつ子を畳に押し倒して手籠めにしてしまう。


身支度を整えまつ子が慌てて出ていくと
部屋に忘れていった人骨が赤く光る。

夜、窓越しに店主をすず子が手招きした。
女癖の悪い店主はすず子の誘いにのるため
外まで出てきた。
すず子は腕を広げて店主を迎え入れ
抱きしめると店主はそのまま崩れ落ちてしまう。


すず子は雨に濡れた姿のまままつ子の元へ向かう。
まつ子は衣服を乾かそうと脱がすと
そのまま二人は愛し合ってしまう。


京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生

まつ子がずっと心の奥底にしまい込んでいた感情を
すず子が呼び覚ましてしまった。
ふたりは離れられない仲となった。


翌朝、ベッドにすず子の姿はなかったが
教室へ行くとちゃんとすず子は出席していた。


尚古堂の死体が発見された。
しかし、40半ばの尚古堂は、白髪の老人に変わり
老衰で死んでいた。

早川刑事(遠藤太津朗)がけったいな事件に遭遇するのは
これで三度目だ。




人骨の分析結果が出た。
まつ子の見立て通り750年から800年前の女性のもので
松虫、鈴虫が生きていた時代と一致するのだ。

林教授が推薦して、京都史学会で
このことをまつ子が発表することになった。


なんとかまつ子との教授の椅子争いに勝ちたいなおみは
まつ子の家へ行き隙を見て骨壺を盗んで
帰る途中に周山街道へ捨ててしまった。


まつ子は骨壺が無くなったことに気が付き
なおみに問いただす。
なおみは知らぬ存ぜぬだ。
そのうちに林教授の耳にも紛失事件が伝わってしまった。

林に責められるが、まつ子はなおみが盗んだことは黙っていた。
そして、明日の発表を辞退すると申し出る。

京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生

すず子はずっとまつ子と一緒にいたいといい
いつしかふたりは同棲することとなる。



とうとう発表の日の当日になった。
林教授が終わり、いよいよまつ子の番となった。
すると、まつ子を一人の男が訪ねてきた。
男は落ちていた骨壺を拾い蓋に書いてあった連絡先から
まつ子を探し当てて持ってきてくれたのだ。

盗まれた骨が無事に戻りまつ子の発表は大成功に終わった。
林も研究発表の成果もあり、次回の教授会でまつ子を
教授に推薦すると言った。
今度の、東南アジアの視察旅行に同行して欲しいとまつ子に頼んだ。
そして、発掘した人骨を個人的に所有しているのはまずいので
歴史博物館に預かってもらうことにしたと話す。


すず子にその話をすると骨を預けることに猛反対するのである。

京都妖怪地図 三ツ矢歌子

まつ子はすず子が骨のことになるとむきになることに疑問を持った。
まつ子は一度は預けようとしたものの、結局きっぱりと断ることにした。


なおみも教授の座をあきらめたわけではなかった。
梶岡は身ぎれいなまつ子のスキャンダルを探そうと
まつ子の日常に密着し始める。
スキャンダルがなければでっちあげればいいと言う。

梶岡はまつ子とすず子が同居している事実をつかんだ。
どうやら普通の教え子との関係ではなさそうである。

夜、向かいのマンションでまつ子の部屋を覗き見ていると
痴話げんかや、その後の情事の様子が丸見えで
梶岡はこれをフィルムにおさめた。


梶岡から証拠を手に入れたという報告をうけたなおみは
早速梶岡と会いフィルムを現像する。
まつ子とすず子が恋人同士のように連れ添う写真、
そして決定的な写真を見ようとしたとき・・・

ふたりが見たものはベッドに横たわったまつ子の隣にいたのは
すず子ではなく骸骨だった。


京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生

ふたりがゾッとすると、水場からすず子が姿を現した。
悲鳴を上げて逃げるふたり。

車に乗った二人が夜道を走り出すと
フロントガラスにすず子が現れ
後部座席からもすず子が出てきた。

停車して車から逃げ出すふたりを
すず子は逃がさずに殺してしまう。


翌日、年老いた男女の死体が見つかった。


京都妖怪地図 

早川は最初は老人の心中事件かと思ったが
男は老いぼれて皮膚もカサカサ。


京都妖怪地図 

女も同様の状態で老衰で死んでいた。
早川は女の顔に見覚えがあった。
それは東山女子大学の香取なおみ助教授だった。


まつ子が林教授のもとへいき、骨の件を断ろうとすると
なおみが死んだという報告を先に受ける。
鳥辺山で死体が見つかったということでまつ子は
自分が人骨を発掘したことと何か関係があるのかと思う。


まつ子のマンションに早川がやってきて
梶岡がまつ子のスキャンダル写真を撮ろうとしていたことを知った。
撮影された写真を見て、自分の横に骸骨が寝ていたことで
まつ子はあることに思い当たった。


早川はまつ子が怪しいと思い尾行を開始する。
夜、人骨をもったまつ子は出かけていった。

まつ子には確信があった。
骨を持っていれば、すず子は必ず現れると。

その通りにすず子が姿を現した。
まつ子は尚古堂、なおみ、梶岡を殺したのは
すず子だと言い放つ。

とんだ見当違いにハッとする早川。

まつ子は持っていた骨を川に投げ捨てる。
骨と一緒に消えていくすず子。
まつ子が去ったあと幽霊のように消えた
すず子の姿に早川は怖くなって逃げた。



まつ子は怖くなりその足で林教授の家へ行き
一晩休ませてもらう。


翌日、学校へ行き林に昨晩のお礼を言った。
林はまつ子がプロポーズを快諾してくれたことで
年甲斐もなくウキウキした気分になっていた。
そして、捨てたはずの人骨が拾われて林のテーブルに置かれていた。

人骨は林の手によって京都歴史博物館に展示されることとなった。

その夜、梶岡が撮影した骸骨の写真を見ていると
いつの間にかすずこの姿があった。
すず子は、林教授の愛を受け入れたまつ子をののしる。


まつ子はライターに火をつけて写真を燃やそうとする。
すず子は自分の正体を打ち明けた。


すず子は800年前に死んだ鈴虫だった。
それが再びこの世に出てきてしまった。
そこで、かつて自分が愛した松虫そっくりの
まつ子と出会い、幸せを夢見ていたのだった。



その告白に意識が飛んでいたまつ子は
手に持っていたライターが
写真に近づいて意図的ではないものの燃やしてしまった。
写真が燃えるとすず子は消えてしまった。


まつ子の脳裏にすず子と愛し合った日々が思い浮かぶ。


京都歴史博物館に忍び込んだまつ子は
人骨が展示されているガラスを壊すと
骨を盗んできてしまった。
すると、すず子が姿を現した。


晴れた朝、びわ湖にまつ子とすず子の姿があった。

すず子はまつ子の問いかけに松虫との過去のを話す。
松虫はすず子を捨てて、男のもとへ走ったのだった。
松虫そっくりなまつ子と出会い今度こそ幸せになりたかったのだという。

まつ子はすず子の気持ちを受け入れ、二度とすず子を離さないという。

そして、死ぬ覚悟を決めた二人は靴を脱ぐと
海へ入って行きそのまま永遠に結ばれるのだった。






京都妖怪地図は1980と1981年に宇津宮雅代で2つ作られました。
その後、少し間が空いて、3作目は三ツ矢歌子主演で
やはり2作品制作されています。


噂によると最初は三ツ矢がこの役をやるとことに
夫の小野田嘉幹監督が反対したとか。
だけど、どうしてもやりたくて反対を押し切り、
引き受けたというエピソードがあります。


宇津宮版では、主役の宇津宮雅代が妖怪を演じましたが
今回は斎藤林子が800年前の妖怪をやっています。

その妖怪が惚れたのは男ではなく女であり
最後はちゃんと結ばれて終わるというのも意外性がありました。


この放送の前年度にも長山藍子と秋川リサのレズビアンものがあったので
同性愛者は意外に人気があるのかもしれません。
だけど、あの長山藍子がレズビアンドラマに出演していたとは
これもまた意外なキャスティングですね。

ホームドラマのイメージがある長山藍子だけに
もしかしたら、そういう役は女優としてやってみたかったのかもしれない。


今回も刑事役は遠藤太津朗でした。

京都妖怪地図 

京都出身なだけに、このシリーズも、京都殺人案内シリーズも
雰囲気がぴったりでした。

犯人はいつも妖怪さんで、逮捕できないのがちと気の毒ですが。


京都妖怪地図では5,6作目の刑事は芦屋雁之助が演じてました。
ただ、5作目以降はこれまでの世界観が損なわれているような感じがするのが残念ですが。






京都妖怪地図シリーズ 記事一覧


◆ 「京都妖怪地図・嵯峨野に生きる900歳の新妻」

◆ 「京都妖怪地図・きらら坂に住む400歳の氷女」

◆ 「京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生」

◆ 「京都妖怪地図・河原町に棲む四百歳の不倫女医」



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「ピンク映画史-欲望のむきだし-」と映画「少女」1961年日活 «  | BLOG TOP |  » 「松本清張の”声”・ダイヤルは死の囁き」  (1978年)

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (315)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (72)
ライフスタイル (640)
土曜ワイド劇場 (99)
昭和のテレビドラマ (20)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (61)
音楽・ライブレポート (17)
格闘技・プロレス (529)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

第23節 清水エスパルス戦 Aug 21, 2017
美女シリーズ1 氷柱の美女・江戸川乱歩の「吸血鬼」(1977年) Aug 20, 2017
上野の鳥光國の『光國丼』が美味しかった Aug 19, 2017
「異常の太陽」(1986年) 森村誠一 Aug 18, 2017
「名探偵雅楽三度登場・幽霊劇場殺人事件」 (1980年) 中村雅楽シリーズ第3弾 Aug 17, 2017
「京都妖怪地図・河原町に棲む四百歳の不倫女医」(1986年) 三ツ矢歌子版  Aug 16, 2017
「京都妖怪地図・きらら坂に住む400歳の氷女」 (1981年) 宇津宮雅代版  Aug 15, 2017
「透明な季節・僕が愛した帝国軍人の妻」(1982年) 江戸川乱歩賞 梶龍雄の青春ミステリー Aug 14, 2017
「名探偵雅楽登場!車引殺人事件つづいて鷲娘殺人事件」 (1979年)  中村雅楽シリーズ第1弾 Aug 13, 2017
美女シリーズ8 悪魔のような美女・江戸川乱歩の「黒蜥蜴」 (1979年) Aug 12, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる