A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

「ピンク映画史-欲望のむきだし-」と映画「少女」1961年日活 - 2017.06.04 Sun

人から紹介されて「ピンク映画史-欲望のむきだし」という本を借りて読みました。


面白いかと思って読み始めたのだが
なんだか自分の思っていた内容と違い
ところどころパラ読みしただけ。


この中で、最初の方に香取環というピンク女優の名前があり
彼女の名前が何故か印象に残っていた。
多分初めはちゃんと本を読もうと思っていたので
流し読みながらもきちんと読んでいたから
たまたま目に留まったのだと思う。



香取環はピンク映画第1号と言われている
「肉体の市場」(1962年)に主演していて
バストも露出していたようだ。

香取環という芸名はこの映画の役名からつけられとのこと。



この本を借りてきた日に、録画してあった1961年公開の
日活映画「少女」という映画を見た。


なんで録画しようという気になったのかわからなかったのだが
せっかくなので見てみたという次第だ。


笹森礼子主演で、これといってレビューを書くほどではない
短い時間の映画だった。


笹森礼子 少女

ヒロインの笹森礼子がとっても愛らしい。
田舎の娘なんだが、とにかくポジティブで
エネルギッシュなのが良かった。


彼女は日活で多くの映画でヒロインをつとめたものの
わずか5年程で結婚引退したようだ。
いい時期にスパッと辞めてしまったのね。
この辺りも役同様にカッコいい。



笹森礼子演じる主人公の秋元カネ子は
田舎の貧乏な子だくさん一家の娘。
家族を支えるために都会に働きに出ることになった。

従兄の由造(川地民夫)の家へ世話になりながら
就職先を探すことになる。
由造の両親(殿山泰司、初井言栄)も協力的だ。



由造はトランペットを吹いてばかりいた。

川地民夫



小説家をめざすカネ子だったが
憧れの作家(永井智雄)に無碍にされたり
美容師の見習いもけんかしてすぐにやめて
夜のバー勤めは働く前にダメにすると
就職がことごとくうまくいかないところ
母の体調が悪くなったと知らせを受けて
故郷へ帰ってしまう。




カネ子が滞在中に由造は、カネ子に惚れてしまい
故郷まで追いかけていき、プロポーズして二人は結婚を誓うというもの。




カネ子が美容院で働いていた時に
カネ子にいじわるをする先輩美容師を
演じていたのが久木登紀子で
この人がのちの香取環だったのだ。


少女日活


もともとが日活のニューフェイスだったとかで
ピンク映画の前に日活の映画に多数出ていたようだ。
「少女」が公開された年に日活を退社して
翌年にはピンク映画「肉体の市場」が公開されている。




久木登紀子




しかも、ピンク映画以前だとは思うが
久木登紀子=香取環は船戸順と結婚していたようだ。
(のちに離婚)

結局その後も結婚と離婚を繰り返し
3度目の離婚以降は一人だったようだ。
(子供あり)


香取環は2015年にお亡くなりになっている。


映画も本も、たまたま出会っただけだったのだが
面白いことに同日に映画と本で
香取環(久木登紀子)という女性の存在を知ることとなった。


些細な事だが私はこういうシンクロが頻繁に起こる。
私はこのような小さな出来事を結構大切にしている。









ピンク映画史: 欲望のむきだし (えろこれ)



さて、ほとんど読まずに終わった「ピンク映画史」だが
その中で面白かったのは宮下順子のエピソードがあったことだ。



彼女はもともときちんとお勤めするのが嫌と
スナックの手伝いなどをしていた。
喫茶店でアルバイトをしては毎晩お酒を飲んでいたようだ。

そこに新たな女優探しをしに来た小林悟監督が訪れて
口説かれて葵映画から「私はこうして失った」という
ポルノ作品でデビューすることとなる。


金沢英子から宮下順子となり
女優としての人生がスタートする。


その後は日活ロマンポルノなどに出ていたが
芝居の世界の水があっていたのか
ポルノだけではなく、一般の映画やドラマにも出演し
息が長く活躍されていますね。

演技力もありますが、運もあったのでしょう。


あとは、これも最初の方に書いてあったので
まだちゃんと読んでいたので記憶に残っているのですが
北里俊夫監督の「野性のラーラ」(1963年)で
主演を務めたニーナ・ウォーガンスカヤが
新潟で上映された際に突然全裸で登場したようで
場内は当然大興奮!


すごいというか、おおらかな時代だったというか
インターネットもない昔の話だけど
衝撃の大きさからも、ピンクファンに語り継がれているのかもしれませんね。


残念ながらピンク映画に詳しくなく、
いろいろ羅列されても興味がわかず、
また本自体が読みにくかったことから
ほとんど読まずに終わってしまいました。


関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

2017リーグ 第14節 サンフレッチェ広島戦、第15節 北海道コンサドーレ札幌戦、第97回天皇杯 2回戦 FCマルヤス岡崎戦、リーグ 第16節 アルビレックス新潟戦 «  | BLOG TOP |  » 「京都妖怪地図・鳥辺山に住む八百歳の女子大生」 (1985年) 三ツ矢歌子版

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (263)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (679)
土曜ワイド劇場 (143)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (60)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「探偵事務所・奇妙な依頼人!」 (1996年) Oct 19, 2017
「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年) Oct 18, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
「終着駅(ターミナル)殺人事件」  (1981年)  西村京太郎のトラベルミステリー第1作 Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「密室から消えた美女」 (1992年) 探偵神津恭介の殺人推理第11弾 Oct 13, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦 Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ