Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-06-24 (Sat)

「女弁護士朝吹里矢子・黒白の暗示」(1978年)  シリーズ第1弾

十朱幸代の女弁護士朝吹里矢子シリーズ第1弾。
まだ90分時代の作品で、混血の新進女性弁護士と紹介されています。



●「女弁護士朝吹里矢子・黒白の暗示」  1978年6月3日
原作: 夏樹静子  『黒白の暗示』  星の証言 弁護士朝吹里矢子 収録
脚本: 野上竜雄
音楽: 大野雄二
監督: 中平康
制作: 東映
出演: 十朱幸代、鶴田浩二、小倉一郎、
坂本スミ子、近藤洋介、永島暎子ほか




19780603_1.jpg




朝吹里矢子(十朱幸代)は、アメリカ人の父・ヘンリー・ヴィンスと
日本人の母寿敏江(丹阿弥谷津子)との間に生まれた混血児。
既婚者だった父は敏江との結婚を約束し
妻と離婚をするためアメリカへ帰国する際に飛行機事故で死亡していた。


19780603_2.jpg



里矢子は弁護士になり薮原法律事務所でイソベンをしていて
翻訳の仕事をしている敏江と二人暮らしだ。



事務所には薮原勇之進(鶴田浩二)と事務員の吉村サキ(坂本スミ子)がいて
藪原の甥で検事を目指し浪人中の風見志郎(小倉一郎)がよく遊びに来ている。


19780603_3.jpg




ある日、国選弁護人を引き受けようと弁護士会館へやって来た。
そこで、司法修習生の時の同期だった宮下(西田健)とバッタリ会った。



宮下は国選弁護人は金にならないから簡単な道路交通法違反をすすめてくれたが
里矢子がいざ記録を見てみると、宮下がてこずるといっていた窃盗が多い。
里矢子は目をつぶってその中のひとつをおみくじのように引いた。



それは殺人事件であった。


被告人は大館路子(永島暎子)という23歳の女性で、被害者は彼女と
結婚の約束をしていたゴルフクラブのレッスンプロ・辻井広文(磯部勉)だ。


辻井の部屋を訪れた路子は泥酔して熟睡中の辻井を見て
最近の不誠実な態度を思い出し腹が立ち
衝動的にスカーフで首を絞めたというもので
その現場をゴルフクラブの支配人・岩田(守屋俊志)に目撃されていた。



里矢子は拘置所の面会室で被告人の大館路子(永島暎子)と会った。


19780603_5.jpg






路子は里矢子の読み上げた起訴状の内容を事実と認め
辻井を殺したのは自分だというと何も話すことはないといい
それ以上口を開かなかった。



里矢子は路子知る友人を訪ねていき、
路子が税理士の資格を取ると張り切っていたことや
辻井との馴れ初めを聞いた。


見た目はいいが活動的な辻井は、路子の他にも女がいたのか
最近はうまくいっていない様子だったことがわかった。


目撃者の岩田にも会い倒れている辻井の上に馬乗りになって
辻井の首をグイグイとスカーフで締め上げていた路子の姿を見たことを確認した。



事務所へ帰ってきた里矢子から薮原は事件の詳細を聞き出した。
里矢子は本人が犯行を認めて目撃者もいることから
情状酌量を求めて弁護をするつもりだと言った。



薮原はそれなら弁護をするなといった。

19780603_6.jpg



里矢子は路子がたとえどんな仕打ちをされたとしても
衝動的に人を殺すような人間に見えないと言った。
それを十分に調査をして納得してからならいいが
始めから情状酌量を狙うなら辞めてしまえという事だった。



里矢子は藪原の気持ちを感じ、徹底的に調べてみようと思い
路子の義父大舘栄吉(近藤洋介)に会いに行く。



路子の母は栄吉と結婚したが、路子は二人の間の子供ではなく
死んだ母の連れ子で、栄吉の本当の娘ではなかった。


路子が3歳の時に母親が死に、その後は高校を卒業するまで
二人で三崎の家に住んでいた。
卒業後、東京で働くことになった路子は一人暮らしをするようになった。



路子に会いたがっている栄吉を連れて路子に面会に行くことにする。


19780603_8.jpg




(現在元記事の一部のみ公開しています)









珍しい映画監督中平康の作品。
土ワイでは中平康は海外作家の「涙シリーズ」も監督していて
制作も中平康事務所です。
朝吹里矢子シリーズは東映が制作しています。



応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント