Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-07-05 (Wed)

美女シリーズ(北大路版) 妖しいメロディーの美女・江戸川乱歩の「仮面の恐怖王」 (1986年)

土曜ワイド劇場の人気シリーズである天知茂主演の
「美女シリーズ」が彼の急死によって終了するかと思いきや、
約1年後には北大路欣也で新・明智小五郎となってシリーズは継続。


ニヒルで大人のイメージがあった天知茂とは違い、
子どもの時に読んでいた少年探偵もので知っていた
明智小五郎の雰囲気を出していた。




●「妖しいメロディーの美女・江戸川乱歩の仮面の恐怖王
”湖底に沈んだ白い肌・・・・”」  1986年7月5日
原作: 江戸川乱歩  仮面の恐怖王 (少年探偵)
脚本: 吉田剛
音楽: 鏑木創
監督: 池広一夫
制作: 松竹
出演: 北大路欣也、夏樹陽子、かたせ梨乃、坂上二郎、
佐藤万理、小西邦夫、立川光貴、有馬昌彦ほか





妖しいメロディーの美女・江戸川乱歩の仮面の恐怖王




バイオリニスト・小早川涼子(夏樹陽子)のもとに恐怖王から
明日の夜12時に彼女が所有する時価三億円の宝石
”アナスタシアの涙”を頂戴するという予告状が舞い込んだ。



恐怖王は有名な宝石や美術品ばかりを予告してから、
その日時に確実に盗みだしている。
変装の名人で、これまで十数件の犯行が明るみになっているが、
指紋一つ残さない鮮やかな手口だった。
恐怖王は盗みは行うが血は嫌いでこれまで殺人は犯していない。
これといった手掛かりもなく、警察はいまだに恐怖王を逮捕出来ずにいる。



波越警部(坂上二郎)は、さっそく内密に捜査の協力を、
私立探偵・明智小五郎(北大路欣也)に頼みに来た。








明日には仕事でイギリスへ発つ予定の明智だが、
波越の強引な誘いにより、涼子の家へ行くことになった。
そこでは涼子のバイオリンの師匠・俵田真一郎(有馬昌彦)の
還暦祝いのパーティーが行われていた。


予告状が届いたにもかかわらず、涼子は堂々とアナスタシアの涙を身に着けて、
明智と波越に会場ではなく外で警備にあたるよう厳しい口調で命令する。



旧華族の一人娘で多くの資産を持ち、バイオリニストとしての才能に加え、
美貌の涼子はプライドが高く、波越は手を焼いているようだった。








いよいよ夜の12時が迫ってきた。
涼子は執事の村木とふたりでアナスタシアの涙を守ろうとするが、
村木に化けた恐怖王にまんまと宝石を盗みだされてしまう。


逃げ出す恐怖王を猟銃を手にした涼子が追い詰めるが、
逆に催眠スプレーを吹きかけられ眠らされてしまう。
明智がやって来てアナスタシアの涙を取り返すが、
恐怖王は波越に変装したため逃げられてしまった。


妖しいメロディーの美女・江戸川乱歩の仮面の恐怖王



明智が予定通りにイギリスへ行っている間に
健康に不安を抱える俵田が引退を表明した。


そして愛用している時価三億円相当の名器ストラディバリを
弟子に譲りたいと申し出てきた。
コンペを開き涼子と大野舞がバイオリンの技を競い優勝者が譲り受けることとなった。
恐怖王はそのストラディバリを盗むと予告してきた。


コンペが開かれ涼子と舞の演奏が終了したが審査は同数となる。
俵田はストラディバリに決めてもらいたいと言い
一人で控え室に入り演奏をはじめた。



控室から会場に戻った俵田は舞に譲ると発表する。
自分が譲り受けると確信していた涼子は
若手の舞が選ばれたことが気に入らない。







舞台では優勝者の舞によるストラディバリの演奏が行われた。
しかし、時すでに遅しストラディバリは恐怖王により偽者にすり替えられていた。
ショックを受けた俵田はその場に倒れ救急車で運ばれていった。


その直後下着姿の刑事が波越のところへ走ってやって来た。
恐怖王は刑事に変装し、控室に忍び込むと俵田を襲いトラディバリを盗む。
そして今度は俵田になりすまして、まんまと会場から出ていってしまったのだ。


そこへ涼子の友人で後援会長アヤコ(かたせ梨乃)が
舞が殺され不審な男を見たと伝えに来る。
舞は細い刃物のようなもので刺されて死んでいた。



帰国 した明智はアヤコから涼子の身辺警備を依頼された。
アヤコは涼子が心配だから自分の家でしばらく面倒を見ると話す。


明智の助手・小林(小西邦夫)が撮影したビデオに映った
涼子とアヤコのやり取りを見た文代(佐藤万理)は
アヤコが涼子とレズの関係を結びたがっていることを指摘した。




妖しいメロディーの美女・江戸川乱歩の仮面の恐怖王



(現在元記事の一部のみ公開しています)
















天知版に比べると颯爽としていてキリッとしたさわやかな明智像なのだが、
やはりチープさが伝わってきても天知版にはかなわない。
何度も見たくなるという気分にはならないんですね。


そう考えると井上梅次監督時代の美女シリーズは
改めて素晴らしかったなと思わされます。


ただ、北大路欣也降板後に二作だけ作られた
西郷輝彦版のぶっ壊れ具合を考えると、
北大路版はそれなりに楽しめるかなぁといったところです。





妖しいメロディの美女 江戸川乱歩の「仮面の恐怖王」 [DVD]




応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント