Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-07-09 (Sun)

「母に捧げる犯罪・美しい女相続人」 (1983年)  ジョーン・フレミング 『乙女の祈り』

1983年6月28日に新宿の京王プラザホテルから飛び降り自殺した
沖雅也の遺作。



太陽にほえろ!のスコッチがすっごくカッコ良かったし
土ワイでもいろいろと出演していて好きな俳優さんです。


このドラマが撮影された頃はむくみがでてますが、それ以前は長身でスマート、
大人っぽいマスクで男の色気を感じさせてくれました。





●「母に捧げる犯罪・美しい女相続人」  1983年7月9日
原作: ジョーン・フレミング  『乙女の祈り
脚本: 安倍徹郎
音楽: 菅野光亮
監督: 野村孝
制作: にっかつ撮影所
出演: 沖雅也、酒井和歌子、長門裕之、馬淵晴子、
加茂さくら、浅野真弓、長谷川哲夫ほか




母に捧げる犯罪・美しい女相続人




速水貴夫(沖雅也)は高井不動産で営業主任として働いている。
かつては前社長の未亡人で会長をつとめる高井雪江(加茂さくら)の秘書をしていた。
だが一年前に行ったヨーロッパ旅行後、雪江にイタリア人の新しい愛人が出来て
貴夫は秘書から営業部へと回される。



雪江にとって男めかけの貴夫は興味が失われ男女の関係がなくなれば
そばに置いておく必要がない。


雪江が海外へ行くらしいという噂が社内で持ち上がり
貴夫は関係が切れた後も続いていた毎月の手当ての20万円を今後も保証してもらうため
久しぶりに彼女のマンションを訪れた。

母に捧げる犯罪・美しい女相続人





雪江は未だに貴夫が手当てを受け取っているとは知らず、銀行に振込を止める電話をしようとする。
焦った貴夫は色仕掛けで雪江を手なづけようとするが
逆に罵られバカにされたため激しい憎しみが湧きおこり雪江の首を絞めて殺してしまう。



その後、貴夫は神楽坂の下宿先に帰った。
しばらくして、芝居見物に出かけていた大屋の新藤シズ(馬淵晴子)と
その娘・アヤ(浅野真弓)が帰ってきた。
アヤは駐車場に停めてある車の位置が違う事から
外出していたのではないかと疑うが貴夫は風邪で寝ていたと否定する。


母に捧げる犯罪・美しい女相続人



翌朝、貴夫が喫茶店で新聞で雪江の死体が発見されたのを確認すると
目を皿のようにしてマンションを探す佐伯加代子(酒井和歌子)と出逢う。
貴男は天性の美貌を武器に富を得ようとする野心家で
目的のためには手段を選ばない男だった。



豊富な女性関係から新しい獲物になると直感しとっさに名刺を渡して別れた。


出社した貴夫はさっそく社長(上田耕一)から呼び出しを受けた。
社長室には雪江の事件の捜査で本庁の武内警部補(長門裕之)と
部下の刑事(粟津號)がいた。



母に捧げる犯罪・美しい女相続人



武内は長年のカンで貴夫が犯人と睨んでいた。

貴夫は風邪で下宿先にいたとアリバイを主張すると
別れてからも毎月20万円の手当てをくれる雪江を殺すはずがないと撃退した。


その日の昼、貴夫の見立て通り加代子が会社に訪ねてきた。
彼女は近くの区立図書館に勤務している34歳never独身で去年母を亡くしたばかりだった。
現金はあまりないが、青梅に三千坪の土地がありそれを売り払って
五千万円の予算で都心のマンションに住みたいという希望だった。


母に捧げる犯罪・美しい女相続人




三千坪と聞いて、貴夫は絶好の獲物を前に彼女を落とすことを決意する。



(現在元記事の一部のみ公開しています。
続きと他の画像、撮影当時のエピソードは省略しました)





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント