A D M I N
topimage

2017-09

最新記事一覧  

幽霊シリーズ4 「迷探偵コンビは死なず!幽霊湖の花嫁」 (1979年) 『幽霊候補生』 - 2017.07.21 Fri

浅茅陽子と田中邦衛の幽霊シリーズ第4弾!

前作に続いてシリーズの中でも好きな作品のひとつです。



●「迷探偵コンビは死なず!幽霊湖の花嫁」  1979年10月27日
原作: 赤川次郎  『幽霊候補生
脚本: 窪田篤人、渡辺祐介
音楽: 渡辺岳夫
監督: 渡辺祐介
制作: 俳優座映画放送
出演: 浅茅陽子、田中邦衛、池上季実子、加藤嘉、
香野百合子、殿山泰司、小沢栄太郎、千石規子、
草薙幸二郎、森下哲夫、玉川良一、梅津栄ほか


幽霊湖の花嫁


探偵マニアの女子大生永井夕子(浅茅陽子)と
警視庁警部の宇野(田中邦衛)は1週間の休暇を
どこで過ごすかで対立していた。
心霊写真に凝っていて幽霊が見たいという夕子は
幽霊が出ると噂される福島県の盤霊湖へ1人で旅行することにした。



夕子は列車の中で、強引に行き先を決めてしまい
宇野がいない寂しさを感じていたところ
友人の平松浩二郎が乗り込んできて
目的地が同じことから一緒に行動することにした。


着くと浩二郎は内藤という屋敷へ入っていき夕子は外で待つことにした。
浩二郎は父が死ぬ間際に、出生の秘密を内藤という家へ行って聞くようにと言われていた。
浩二郎が行ったとき、家主の内藤雄造(加藤嘉)は不在で
息子の雄一郎(森下哲夫)が応対した。
浩二郎が自分は内藤の息子で、雄一郎の弟ではないか確認したいと言うと
雄一郎はいいがかりだといい、雄造が戻ってくるまで内藤家の車を借りることになった。
戻ってきた浩二郎は夕子と時間つぶしにドライブへいく。
山道を走っている時に木の間から鏡の反射のような光が差し込んできて
ハンドル操作を誤って車はそのまま転落してしまった。




幽霊湖の花嫁

1週間後、宇野が流しで洗濯板で服を洗っていると、
テレビのニュースが流れて、盤霊湖から内藤家の車が引き上げられて
夕子と浩二郎が乗っていたものとみられているが
水深が深いことから、もし死んでいても死体は上がらないという報道を見た。



幽霊湖の花嫁

宇野は上司の本間課長(小沢栄太郎)に事情を話し休暇を延ばしてほしいと言った。
グチグチ言われたが、最終的には土産を買ってくることでOKをもらい
宇野は早速盤霊湖へ向かった。

列車とバスの中で、平松百合(香野百合子)と一緒になった。
盤霊湖入口で下車すると、百合を女子学生たちが出迎えてくれ
自転車でどこかへ消えてしまった。


宇野は事故が起きた盤霊湖へ行ってみると
満月の晩、全裸で泳ぐひとりの女性を見つけた。
それは、死んだと思った夕子だった。
宇野を見ると夕子は再び湖に入りどこかへ泳いでいくので
慌てた宇野も湖に飛び込み後をつけていこうとするが
溺れてしまい地元の江口(草薙幸二郎)に救出されて
旅館で意識を取り戻した。

幽霊湖の花嫁

宇野は旅館の主人(梅津栄)や、女将(ひろみどり)に
自分が刑事で姪の夕子を探しに来たことを打ち明けた。
女将は盤霊湖で見た女は内藤家の嫁だった
たず子のユーレイだという。

内藤家は300年も続く旧家で、20年前に雄造の妻の
たず子が幼い娘と息子を連れて湖に身を投げた。
満月の晩になると女のユーレイが出ると言ううわさがあった。


しかし、宇野は夕子だと思い、内藤家へ行ってみることにした。
すると、浴室で夕子が入浴中で、そこを使用人(姿鉄太郎)にみつかり
殴られて気絶をしてしまった。


屋敷の中で意識を取り戻し、雄一郎と巡査部長の木戸(玉川良一)がいた。
宇野が事情を説明すると、内藤の遠縁の娘で
階段から落ちて記憶を失っていたアキヅキ キヌエがやって来た。
その女こそ夕子なのだが、宇野は知らない男だといった。
だが、部屋から去る時に宇野にウインクをしていった。


彼女は盤霊湖に車が落ちたとき内藤家に助けられていた。
雄造は雄一郎が仕組んで車を転落させたと考えていて
夕子が記憶を無くしているのをいいことに口封じのためにかくまっていた。


幽霊湖の花嫁


雄造の妻は平松という男と子供二人を連れて駆け落ちしており
雄造が妻を刺殺して、女中のトク(千石規子)も協力して
盤霊湖へ重しをつけて沈めていたのだった。
この辺り一帯の土地を持っている雄造は
雄一郎や親戚関係にある江口が村長の西田伍一(殿山泰司)たちと協力して
東北電鉄という開発業者に土地を売ろうとしていることを阻止したかった。


その後、宇野は百合と学生の悦子(池上季実子)たちが
キャンプファイアーをやっているところに出くわした。
宇野が正体を明かし、内藤家について知っていることがないか尋ねると
百合が話があるといいふたりだけで話すことにした。
それを陰から悦子が聞いていて、悦子は宇野の助手になって
サポートしてあげるという。

幽霊湖の花嫁

内藤家の勝手口に、卵売りに扮した悦子がやって来た。
トクに卵を売ろうとしたところ、夕子がやって来たので
トクに隠れてサインを送ると宇野からの手紙を屑籠へいれた。
悦子が帰って行き、トクの目を盗んで夕子はそれを盗み出した。
これで悦子を介して宇野と夕子は連絡が取れるようになった。
夕子は今夜8時湖のボート乗り場に来てくれと
宇野に手紙を渡してもらった。



夕子は1階の部屋をあてがってもらったが
2階には開かずの間がありそれが気になっていた。
そこへ入ってみようとしたところ鍵がかかっていて
グズグズしているうちにトクに見つかり失敗に終わった。

夕子は宇野に会うために具合の悪いふりをして、早めに部屋にひきあげた。
トクが薬を持ってきた、眠り薬だと悟った夕子は飲んだと装って
部屋の窓からそっと外へ抜け出し無事に宇野と会えた。

幽霊湖の花嫁

雄一郎は車転落の細工を雄造から疑われていたが
あれはあんたがやったんだろうと江口を呼び出し問い詰めた。
江口は浩二郎の出現で遺産の分け前が減ることなど
雄一郎の意思を組んでやったことだと言う。



百合は内藤家にいき雄造に会い、出生の秘密を直接確認しようとした。
百合たちの母は幼い頃に蒸発してしまい、父が死ぬ間際に
ここへ行って話を聞くように言い残していたからだ。
だが、雄三は浩二郎は来てないし、内藤家の車も無断で使ったの1点張りだった。



帰ってきた百合を宇野が待っていて、内藤家の人間がカナヅチであることを聞いた。
百合は雄一郎にあなたの母は自殺ではなく、真相をしりたければ
夜の10時に湖のボート乗り場へ来てくれと手紙をだした。


一方、雄三のもとには雄一郎、江口をはじめ村長ら村の人間が来て
土地の売買について合意してくれないか掛け合うが
雄三はその前に宇野を東京へ返せとつっぱねる。
村長たちは木戸に宇野をなんとか逮捕してくれというが
そんなことはできないと断られる。

幽霊湖の花嫁

百合と雄一郎がボートで会っていると、江口が陰からその様子を見張っていた。
百合は自分が母に似ているので驚いたのだろうといい
浩二郎が湖の底に沈んでいるので、自分たちがここで死ねば
兄妹3人が一緒になれるといい、ボートから雄一郎を突き落とす。
カナヅチの雄一郎は溺れそうになり、浩二郎の車の事故の細工をしたのは
江口であることを叫んだ。

湖に来ていた宇野も雄一郎の言葉を聞いて、
そばにいた江口を捕まえようとするが、村人たちもやってきて
宇野は木戸のところまでつれていかれると
隣の仮拘置所に閉じ込められてしまったものの
宇野を探しに来た悦子たちによって拘置所から助け出された。



一方、屋敷では雄三のもとを江口が訪れていた。
部屋から抜け出した雄一郎の行方を知っているといい
知りたかったら土地売買の契約書に判を押せと迫ってきた。
雄三はトクにハンコを押すようにいい、目配せをした。



その間に夕子が開かずの間の鍵を開けて
とうとう中に入ることに成功した。
部屋には百合そっくりなたず子の肖像画があった。
サインから平松が描いたものだとわかった。
引き出しには内藤一家五人の写真があり
裏に記載されている名前から
雄三、たず子、雄一郎、百合、浩二郎だとわかる。
そこにはナイフも入っていた。

幽霊湖の花嫁

すると、いつの間にか夕子の背後には雄三がいた。
すべて見てしまったんだね、というと
これまでのことを語った。
雄三はたず子と平松との不貞を疑っていて
百合と浩二郎が平松の子どもだと思い
たず子を刺殺し、トクとふたりで湖に沈めた。
その後に、百合も浩二郎も自分の子どもだと知ったが
後の祭りで、雄一郎だけを息子と思い生活してきた。



殺人の真相を知ってしまった夕子を雄三はナイフをもって追いかけまわす。
そこへ、ずぶ濡れになった雄一郎と百合たちが戻ってきて
雄三が殺人をおかそうとするのを制止した。
雄三はその場で自分を刺して死んでしまった。
江口の方も、トクに毒入りの飲み物を飲まされて死んでいた。


幽霊湖の花嫁

事件が解決し、宇野と夕子はゆっくりと温泉につかり一晩過ごすと、
宇野が起きた時には夕子は既に東京へ帰っていた。
慌てて夕子を追いかける宇野は、
課長と約束した土産のまんじゅうを買い忘れたことに気づく。









幽霊湖の花嫁

今回は私が好きな加藤嘉が出ていますが、
その旧家に長年使える家政婦を千石規子が演じています。


いるだけで怪しそうなイメージがあるのに
夕子が屋敷の中で探偵ごっこしているところに
暗闇からすっと姿を現したりして、すごく怖かったです。

すっとぼけた婆さん役もうまい人ですね。

幽霊湖の花嫁

幽霊シリーズでレギュラーの次に登場回数多いんじゃないかという
殿山泰司がまたまた出演。
確かに、このシリーズが持つ雰囲気に合っています。



幽霊シリーズの記事は以下の通り。

「幽霊列車」

「迷探偵コンビ危機一髪!善人村の幽霊まつり」 

「迷探偵コンビは死なず!幽霊湖の花嫁」

「幽霊温泉・迷探偵コンビ死の旅へ!」

「迷探偵コンビの危険旅行!幽霊結婚」

「幽霊半島」

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「三毛猫ホームズの怪談・赤猫は死を招く」 (1981年)  シリーズ第3弾 «  | BLOG TOP |  » 「三毛猫ホームズの追跡・女性専科連続殺人の謎」 (1980年) シリーズ第2弾

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (275)
日本代表・サッカー (42)
雑記 (70)
ライフスタイル (658)
土曜ワイド劇場 (122)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (18)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (59)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (184)
格闘技・プロレス (445)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

美女シリーズ9 赤いさそりの美女・江戸川乱歩の「妖虫」 (1979年) Sep 23, 2017
「じゅく年夫婦探偵・新婚旅行は殺人旅行」 (1982年) フルムーン探偵シリーズ第1弾 Sep 22, 2017
「血塗られた薔薇」 (1986年) 探偵神津恭介の殺人推理第5弾 Sep 21, 2017
「35年目の亡霊・学童疎開殺人事件」(1980年)  斎藤栄 『運命の死角』 Sep 20, 2017
「悪魔を見た家族・運命の糸にあやつられる妻」 (1981年)  斎藤栄 『悪魔を見た家族』 Sep 19, 2017
「変装探偵!殺人鬼はバラが好き」 (1981年)  変装探偵シリーズ第1弾 Sep 18, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦 レアンドロハットトリック Sep 18, 2017
稲川淳二の怪談ナイト MYSTERY NIGHT TOUR 2017@日本青年館 Sep 17, 2017
ベルギー奇想の系譜展@ザ・ミュージアムはおすすめの展覧会 Sep 16, 2017
「ヒット曲は殺しのテーマ・忘れない女」(1982年)  ハドリー・チェイス『暗闇から来た恐喝者』 Sep 15, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる