2017/07/27
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

幽霊シリーズ7 「迷探偵コンビの危険旅行!幽霊結婚」(1982年) 『青ひげよ、我に帰れ』

category - 土曜ワイド劇場
2017/ 07/ 27
                 
浅茅陽子と田中邦衛の幽霊シリーズ第7弾!

永井夕子役を浅茅陽子が演じたのはこちらで最後になります。



●「迷探偵コンビの危険旅行!幽霊結婚」  1982年5月8日
原作: 赤川次郎  『青ひげよ、我に帰れ』  幽霊愛好会 収録
脚本: 窪田篤人
音楽: 桜庭伸幸
監督: 日高武治
制作: 俳優座映画放送、大映映像
出演: 田中邦衛、浅茅陽子、荻島真一、
結城しのぶ、小沢栄太郎、大塚道子ほか


幽霊結婚

警視庁捜査一課の宇野喬一(田中邦衛)は
恋人の永井夕子(浅茅陽子)と三ヶ月も会っていなくて
課長(小沢栄太郎)から男のヒステリーなどといわれていた。


幽霊結婚

そんなとき同僚が持っていた週刊誌を見て驚いた。


若き実業家で青ひげと言われる大谷進二(荻島真一)が
近く夕子婚約するというのだ。
大谷にとって夕子は三人目の婚約者で
すでに前の二人はナゾの死を遂げていた。


幽霊結婚

そこへ夕子から電話が入り、大谷が殺人鬼かどうかを
身をもって調べたいので二人で千葉県の福之江村へ旅行に行くという。



幽霊結婚

村では村長選が行われることになっていて
現村長魚住清造(嵯峨善兵)たちが祈願に来ていた。
魚住派は村会議長村松とみ(大塚道子)と組合長本田(浜田寅彦)
建設会社の社長田所がいる。





大谷の婚約者だった安藤紀子は大谷と二人で部屋にいたときに
テレビの郷土芸能で太鼓の音を聞くと
フラフラとベランダへ向かい飛び降り自殺をした。




夕子はもともと紀子とは知り合いで
今回は彼女の墓参りをする目的だが
大谷は現地に着くと村長選に立候補していたのだ。


紀子の故郷福之江村が良くなるように立候補したのだった。


大谷派には村の青年片倉みちお(山本紀彦)ら若手がいた。

 
魚住には後妻の奈美子(結城しのぶ)と先妻の娘の浩子(高橋恵子)が
いて二人の折り合いが悪いのが悩みのタネだった。





宇野もそわそわして落ち着かない様子から課長に行って来いといわれ
福之江村にやってきたが、選挙カーに乗る夕子をみかけて驚く。
大谷の選挙事務所に来た宇野を、夕子は東京の私立探偵で
大谷が紀子を殺したのではないかとしつこく調べていると話す。



幽霊結婚

大谷事務所から追い出された宇野を社長が手引きして
魚住の家に招いて、大谷のことを探ろうとする。
浩子は宇野に紀子が東京へ行く前におんだし太鼓の
巫女をやっていて、巫女は催眠にかかりやすくないと
出来ないことを話す。


村松が山道を車で走っていて事故を起こし
「ぴかっと光った」と言い残して死んでしまった。


夕子は宇野とふたりきりで会うことが出来た。
宇野は大谷の最初の婚約者は妊娠していて自殺するというのは不自然だし
大谷の本籍は東京だが、亡くなった父の本籍はこの村であり
旧姓が草間であることを夕子に教えた。
夕子は宇野を小屋に誘い出したがそこには先客がいて
女が小屋を飛び出すと、後から本田が出てきた。


金の入ったトランクを運ぶために車を運転していた本田が
事故を起こしぴかっと光って目がくらんだと言い残してて死んでしまった。



幽霊結婚

駐在所の大崎(三角八朗)が呼んだ千葉県警の坂本(平泉征)もやってきて
課長からの電話で宇野が探偵ではなく警視庁の警部であることがバレた。

奈美子が道を歩いているときに大谷を見かけ
大谷が草間進二であることを思い出して
魚住たちのもとへそのことを告げに行った。

幽霊結婚

村の収入役をやっていた草間進作の息子だとわかると
大谷が来て村の公金の遣い込みをしたと汚名を着せられて
鬼岩から身を投げて父が死んだあとは母と二人東京へ逃げたことを話した。


魚住たちは紀子を殺したと決め付けられるが
大谷は誰も殺していないし、村が良くなって欲しいと
その気持ちからだけで立候補したのだと言い張る。


幽霊結婚

夕子と宇野が現場を調べていると駐在が来て
本田の検視の結果も薬を飲まされなどの
不審な点はなく、車に関してもそういう痕跡はみられなく
事故だというが、ふたりは殺人であると言い切った。

幽霊結婚

太鼓の音が聞こえふたりがいってみると
浩子がおんだし太鼓の巫女となって踊っていた。
終わるとその場に気を失った。
ふたりが駆け寄ろうとしたところみちおが止めた。

自然に起きるまで手を触れたり
この村の美しい娘は巫女となることで一人前の女になるのだという。
紀子がテレビでみたおんだし太鼓の巫女は
奈美子がやっていたことがわかった。


ここは御神体が鬼鏡であるといい、ふたりはそれを見ようとしたが
社長が来て奈美子に魚住が鬼岩で突き落とされそうになったと呼びにきた。
魚住は鬼岩で大谷の父に済まない事をしたことを侘びにきていた。
そこへ大谷がきて許さないといい迫ってきたので足を踏み外した。
夕子はみんなは大谷が魚住を殺そうとしたといい
村松や本田を事故に見せかけて殺したのも大谷だと思っていると言うが
魚住が落ちたとき知らせに行ったのは自分なのでそんなはずはないという。

幽霊結婚

そして、この村へ来た目的は村長に立候補することと
紀子がなぜベランダから落ちて死んだのか真相を知りたいためだと話す。
しかし、駐在は大谷に事情を聞きたいと連れ出してしまう。

夕子は鬼鏡を見に行こうとした。
すると太鼓の音が鳴り響き、巫女が出てきた。
催眠にかかった夕子は、入ってきた宇野をナイフで刺し殺そうとする。
正気に戻った夕子は、宇野と一緒に鬼鏡を現場に持って行き
鬼鏡を使って運転席に光を送りまぶしさから操作を誤らせて
村松と本田を事故にみせかけて殺したのだ。


魚住はみちおをとりこもうとして浩子との結婚をちらつかせた。
それを知った浩子はみちおに結婚しても良いという。
浩子はみちおと奈美子が愛し合っていたことを知っていた。
それを遠くから奈美子が聞いていた。


宇野も駐在に酒を飲ませて、紀子が本当に愛していたのはみちおで
奈美子の許婚がみちおだったことも聞き出していた。
紀子にテレビの芸能番組を見るように電話した声は女だった。
ふたりが小屋へ入ると浩子が手にボタンを握って殺されていた。


宇野は大谷が全てを知ったら危ないと思い
夕子には駐在へこのことを電話するように言った。


釈放された大谷が歩いていたところにみちおがやってきた。
大谷はみちおと奈美子がグルになって紀子を殺したのではないかと思い
それを探ろうとしてみちおに近づいていたのだが
逆に大谷はみちおに腹を殴られて気絶してしまい神社に運ばれてしまった。


夕子と宇野が歩いているところへ車で帰ろうとしたみちおが通りかかり
浩子の死を知らせるため警察に行くという宇野に車を貸してやった。

みちおとふたりになった夕子はさっきみつけたボタンを見せたが
みちおのシャツのボタンが取れているのを見つけたところで
殴られて大谷がいる鬼面神社に連れて行かれた。

幽霊結婚

大谷を見張っていた村の青年達に
片岡みちおは大谷が村松たちを殺したのだといった。
車で通りかかる宇野をみちおは鬼鏡を使って事故を起こさせ
大谷と夕子を鬼岩で心中に見せかけて殺そうとする。

そこへ車の中で真相に気がついて向こうからぴかっと光った時に
車からとっさに飛び降りていた宇野が助けにやってきた。


幽霊結婚

宇野は夕子たちと魚住のところへ行き、犯人が奈美子とみちおであることを言った。

紀子の死は東京でみちおと再会した彼女が
やけぼっくいに火がついて、嫉妬から
テレビで巫女になりおんだし太鼓で
元巫女の紀子に自殺をするように催眠をかけ
ベランダから墜落させていた。



父の借金の肩代わりに魚住と結婚させられていた。
それに加担した村松たちを許せなかった。
奈美子は許婚のみちおが未だに好きだった。
それをネタに本田は奈美子の体をむさぼっていた。



みちおと奈美子は逮捕された。

幽霊結婚

大谷はあんなことが会っても紀子を愛していて
彼女のために作ったウェディングドレスを墓に入れようと思ったが
夕子にプレゼントした。
夕子とは友達のままで、彼女が愛しているのは宇野だという。


幽霊結婚

夕子はドレスを着たまま宇野と東京へ帰る。







シリーズはじめの方は、宿で一夜過ごした後に、
宇野が起きると夕子は一足早く宿を出ているのに
終盤になるとふたりで一緒に東京へ帰ると変化しているんですよね。



幽霊結婚

このシリーズで毎回顔を見ていたような印象がある
殿山泰司は出ていなくて、三谷昇が出演していました。

ちなみに原作では大谷進二は役者で、村長選などの話もありません。
原作とは登場人物なども違っています。
ただ最初の週刊誌の記事で、大谷の三人の婚約者が事故死していて
夕子を大学生の恋人とスクープしている記事は書かれています。




今回で浅茅陽子がシリーズ卒業となるわけですが
これってはじめから決まっていたんですかね。
ラストのウエディングドレスを着て登場したところで
セリフ言うときに言葉に詰まったようにも見えたんですが。


荻島真一が珍しくいい人で終わりました。
これまで曲者的な役どころが多かったんですが
今回は最後に清々しい(?)笑顔をみせて
自分と婚約しながらも山本紀彦と再会したことで
愛が再燃してしまった紀子に対して
あんなことがあっても僕は紀子を愛してました
といいながら彼女のために作ったドレスを
村にある墓に埋めてやろうとしていて
ムダに善人ぶりを発揮させてました。



一癖ある役が多かったから、今回も何かたくらんでいる表情をみせて
コイツが怪しいと思わせるようなシーンが多かった。


婚約者の不可解な死が続いている実業家荻島真一が
突然村長選に立候補しそれを支援する村の青年
山本紀彦から最後に腹に一撃を喰らい気を失う場面はウケました。


悪者対悪者の表情で荻島真一がやられちゃう。
今回はコッチがワルだったか~みたいな。


荻島真一の善人ぷりに違和感といえば
山本紀彦がモテモテなのもしっくりこない感じありまくり。


浅茅陽子がシリーズを卒業してしばらくしてから
永井夕子を藤谷美和子が演じる
「新迷探偵コンビ」として突然幽霊シリーズが復活します。

だけど2作だけ放送され、こちらはあっけなく終了。


藤谷美和子の「幽霊半島」も持っているので
気が向いたらブログに書くかもしれません。


幽霊シリーズの記事は以下の通り。

「幽霊列車」

「迷探偵コンビ危機一髪!善人村の幽霊まつり」 

「迷探偵コンビは死なず!幽霊湖の花嫁」

「幽霊温泉・迷探偵コンビ死の旅へ!」

「迷探偵コンビの危険旅行!幽霊結婚」

「幽霊半島」


関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント