Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-07-30 (Sun)

「火の坂道・乳母車はいつも5分前に通る」 (1983年)

小林久三の原作を近藤正臣主演でドラマ化。





●「火の坂道・乳母車はいつも5分前に通る
妻と別れて、あの女と・・・・」  1983年7月30日
原作: 小林久三  『火の坂道』  火の鈴 (1980年) (角川文庫) 収録
脚本: 猪又憲吾
音楽: 福井崚
監督: 須川栄三
制作: 松竹
出演: 近藤正臣、岡江久美子、中村れい子、仲谷昇、
横山道代、塩屋智章、菅野忠彦、浜田寅彦ほか





真下勝一(近藤正臣)は、弁護士を目指していたが
司法試験に落ち続けて今では二流不動産会社に勤めていた。



これまでまだ早いと、妻の千江子(岡江久美子)を何度も堕胎させ
もう子供を産むことは出来ない体になってしまい
弁護士の勉強もあきらめた勝一に千江子も失望していて口論が絶えず
坂下の陰気なジメジメとしたアパートでの夫婦生活は破綻していた。





そんな勝一は毎朝の通勤時に密かな楽しみがあった。
それは坂下のボロアパートを出て急な勾配の坂道を
駅へ向かって上って行く途中ですれ違う
美也子(中村れい子)を眺めることだった。



火の坂道




彼女は雨の日以外、いつも乳母車を押して坂道を下ってくる。
勝一の憧れの高台に住んでいるであろうこの若くて美しい女の存在が気になっていた。





そんなある日、美也子が初めて勝一に会釈をした。



美也子のことを知りたくなった勝一は高台へ行き美也子の住まいを突き止め
彼女の夫が著名な弁護士の東田総平(仲谷昇)だと知った。





看護婦として働いている千江子の方にも、ロマンスがあった。
勤務先の医師・山田基晴(菅野忠彦)は妻と別居中で離婚を考えている。
山田はロサンゼルスの友人から内科医として招かれているといい
千江子にプロポーズした上で、旅行に誘ってきた。
しみったれた勝一との結婚生活に疲れ果て
エリート医師からの誘いに千江子の心は揺れ動く。




会釈をされてウキウキしている勝一は、雨が降った翌日の朝に坂道ですれ違う時、
美也子から初めて声を掛けられた。
その様子を駅まで買い物に行った帰りの千江子に見られてしまう。




美也子が散歩から帰えると書斎で東田が何者かに刺殺され
やってきた家政婦が通報し警察が来ていた。



宝石類と三十万円が盗まれており、犯行時刻頃家から飛び出す若い男が目撃されたことから
警察は犯人が美也子が出かけたあと開いていた窓から侵入したものとみていた。




事件後、勝一がいつものように坂道へ上ると乳母車を引いた美也子の隣に
志賀刑事(浜田寅彦)たちがいた。



火の坂道





美也子が赤ん坊を散歩させた後に東田が殺されたことから
勝一が彼女に九時五分前にこの坂道で会ったことを確かめに来たのだ。
毎朝決まった時刻にここを通るため、勝一は美也子のアリバイを証言した。



その後、勝一は東田の妹の寛子(横山道代)から喫茶店に呼び出され
美也子と勝一がグルになって偽の証言をしたと難癖をつけてきた。
美也子はもともと赤坂の三流バーのホステスで東田をたぶらかして後妻におさまり
財産目当てで東田を殺したのだという。



勝一がそれを否定し当日その時刻に確かに美也子に会ったというと
寛子は自分が財産を相続したらその中から分け前をやると勝一と取引しようとした。





勝一はすぐに美也子の家へ行くと、寛子から言われたことを話し
司法試験を受けようとしたときの知識を活かし
美也子に寛子に財産を渡す必要がないとアドバイスし、
寛子にもあきらめるよう仲裁に入ってやった。


そんな勝一に美也子は感謝の意を込めて料理を振舞った。



火の坂道



ひそかに恋していた美也子の料理を食べながら、
勝一はますます美也子に気持ちが傾いていった。








帰宅すると、千江子は勝一に旅行へ行きたいと話した。
美也子に気持ちが傾斜している勝一は、何の疑いもなく何日でも行ってきたらいいと
山田と一線を越えることに戸惑いを感じていた千江子を送り出した。






自分に親身になって行動してくれる勝一に美也子も心なしか優しく
二人の距離は縮まったかに見えた。


火の坂道





次に坂道で会ったときには、自然と会話もするようになった・・・。



火の坂道



(現在元記事の一部のみ公開しています)










東田の殺害方法は、ドラマでは刺殺と原作と違っていましたね。
確かに原作のトリックはちょっと微妙だなと感じたので、わかりやすくて良かったと思います。



終盤にきて、美也子が肉体を使って勝一の口を塞ごうとしたり、
千江子が山田の誘いに乗りホテルで一夜を過ごしたりと
畳みかけるようなラブシーンが続きましたね。





応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント