A D M I N
topimage

2017-10

最新記事一覧  

幽霊シリーズ8 迷探偵新コンビ誕生!「幽霊半島」(1984年) 赤川次郎 『巷に雨の降るごとく』 - 2017.08.05 Sat

今回より田中邦衛の相棒が浅茅陽子から藤谷美和子へバトンタッチされています。


迷探偵新コンビ誕生!幽霊半島


●迷探偵新コンビ誕生!
「幽霊半島・古代鏡に映る妖しい女の影!?」  1984年4月14日
原作: 赤川次郎  『巷に雨の降るごとく』  幽霊候補生 収録
脚本: 窪田篤人
音楽: 桜庭伸幸
監督: 児玉進
制作: 俳優座映画放送、大映映像
出演: 田中邦衛、藤谷美和子、神山繁、
小沢栄太郎、夏桂子、蜷川有紀ほか

幽霊半島



警視庁捜査一課の警部宇野喬一(田中邦衛)は
恋人だった永井夕子を失った。
以来『夕子ロス』で失態続きだった。


幽霊シリーズ 幽霊半島



見かねた課長(小沢栄太郎)からミドルエイジシンドロームだと茶化され
大分の国東半島へ1週間旅へ行くことを提案され、
航空券と宿泊先も課長の後輩がやっている住吉浜リゾートパークが手配された。
休暇扱いなので費用は宇野の給料から引かれる。


早速宇野は飛行機に乗って久しぶりの休暇を楽しむことにした。

到着し熊野磨崖仏で物思いな表情で涙を流す若い女を
目撃し自殺をしようとするのではないかと思った宇野は
彼女に飛びついて止めた。


幽霊半島 藤谷美和子

女は丸山夕子(藤谷美和子)という女子大生で
父親の七回忌に訪れたが気が進まなく
父の思い出の場所に来てみたということで
自殺するつもりは全くなく宇野の早とちりだった。
夕子はあの夕子と名前が同じだけでなく
好奇心旺盛でチャーミングで宇野は早くも彼女に心を奪われ始める。




二人は同じ宿泊先なので一緒に行きそれぞれチェックインした。
するとフロントに遺跡発掘を終えた学生たちが戻って来た。


城陽大学の田代教授(神山繁)は、亡くなった城陽大学丸山教授の娘だと
夕子を国東大学助教授杉本民子助教授(夏桂子)に紹介した。
民子は3年前まで城陽大学で田代の下にいて
夕子の父には二人とも世話になっていたのだった。
もうひとり城陽大学の川村講師(森下哲夫)と学生たちが一緒だった。


幽霊半島

田代たちは耶馬台国を意味する”耶”の刻印がある『三角縁神獣鏡』という
貴重な遺跡を古墳から発掘して引き上げてきたところだった。
今日は田代の誕生日ということもあり、夕食はレストランでの
貸きりのバースデーパーティが行われる予定だった。
田代は夕子にパーティに来ないかと誘ってきた。



幽霊半島

遺跡発掘を無邪気に喜ぶ学生たちだが、彼らの関係は複雑だった。
リーダー格の西野和子(蜷川有紀)は、田舎の大学を飛び出して
東京へ進出したいという野心があり、男たちを誘惑して楽しんでいた。

馬渕育夫(益岡徹)と二木佳子(中帆登美)は婚約していたが
和子は馬渕にモーションをかけていて佳子は気が気じゃなかった。
深谷吾郎はそんな和子を愛していた。
また、民子も田代を秘かに思っていた。
傍若無人にふるまう和子に振り回される佳子たちを
松沢悦子(黒木真由美)は心配してはいたが
悦子と水戸達夫という学生は和子からの直接の被害はなさそうである。




失恋していた宇野は旅先で思いがけず、
美人で若い夕子と一緒になってウキウキしながら
シャワーを浴びていた。
部屋に鍵をかけるのも忘れていて風呂から出てくると
田代のパーティーへ行ったもののすぐ引き上げてきた
夕子が食事を持って宇野の部屋に入ってきて
そのまま夕子は宇野の部屋に泊まっていってしまう。


部屋にいる夕子の存在が刺激的過ぎて宇野はなかなか
寝付けなかった。
早朝、宇野は海岸まで散歩しに行った。
すると、和子が高い木の枝からぶら下がって死んでいるのを発見した。



はじめは和子の自殺ということで処理をされそうだったが
夕子は自分で高い木の枝に首を吊ったにしては
手に登った時の跡がなくキレイだったことや
殺される前と後で服の趣味が変わっていたことをあげて他殺だという。
夕子は昨夜目が覚めてから外に出たときに、外を走り抜けていく人の姿を見ていた。
犯行時刻とその時間から、自殺に見せかけるにしては
やけに偽装工作に手間取っていたことを推察した。
宇野は推理を進めていく夕子に、永井夕子を重ねていた。



宇野は休暇中で余計なことに巻き込まれたくないため
会社員と身分を偽っていた。
地元の後藤刑事(藤木悠)と佐野刑事(青木卓)は
第一発見者の宇野を疑ってかかっていた。


幽霊半島

宇野は昨夜はホテルの部屋にひとりでいたのでアリバイもないというが
夕子がやってきて朝まで一緒に過ごしたことを証明してくれた。


宇野は和子の髪の毛がべったりしていたことを後藤達にいい
鑑識からの電話を受けた佐野から、和子の髪の毛から
海水と同じ細分と精液が検出され、殺される前にAB型の男と
性交渉を持ったことがわかった。


二次会で酔った和子を女子のロッジまで馬渕が送っていった。
二人の仲が心配になった佳子はこれをつけていき
和子の誘惑に乗りそうになった馬渕と二人でロッジを出ていった。
佳子をなだめて馬渕が男子ロッジへ帰って行ったのは
午前三時で水戸がこれを証言した。

和子に思いを寄せている深谷は一晩中外にいたのでアリバイがなかった。
深谷の血液型はO型で、AB型は馬渕と川村だけだった。
川村は女子ロッジへ夜這いにいくわけはないと
和子との肉体関係を否定した。




幽霊半島 田中邦衛

ひとり散歩に出かけた夕子は岸壁で和子が殺される前に着ていた
ワンピースのボタンがひとつ落ちているのを見つけた。



大分日報の記者が歴史民俗資料館の館長(山本清)のもとに
珍しい『三角縁神獣鏡』が見つかりここが卑弥呼の里だと報告したが
館長はそんなに貴重なものが簡単に見つかるわけがないと
頭からそれを否定した。

だが大分日報に『三角縁神獣鏡』が発掘され
第一発見者が川村であるとのスクープ記事が出てしまった。

学生たちはみんなで見つけた遺跡を
自分が発掘したように発表したことで川村を責めたてた。
川村は田代は慎重過ぎて、もしこれが自分たち以外の手柄になったらと思い
時期を逃さずに発表したと弁解する。
そこへ田代もやってきて川村の行為を責めた。
一講師である川村は、次期助教授になることが有力で
田代の機嫌を損ねたら助教授への道が途絶えてしまうと焦った。


幽霊半島

翌朝、馬渕が川村の姿が消えたと伝えてきて
みんなでその行方を捜した。
近くの小屋から異音がするので宇野が窓を破って中へ入ってみると
電動ドリルで胸を突き刺したまま死んでいる川村が見つかった。
一緒にいた夕子はそこに落ちていた何かの破片を見つけ
ハンカチで包むとこっそり持ち帰った。


田代が民子に預けていた三角縁神獣鏡を紛失してしまったことを知った。
川村はスクープ記事で田代の怒りをかったことで
心を痛めて自殺した可能性もあったが
動機も弱く小屋の扉につっかえ棒の細工がしたあったことからも
他殺の線が濃厚だった。


夕子は最初に拾った和子のワンピースのボタンを宇野に渡した。
和子は殺されるときに服のボタンがとれてしまい
夕子が夜見た人影は着替えを取りに行く犯人だったと推理した。
そしてなんらかの理由でべとついた和子の髪をドライヤーで乾かした。
だとしたら悦子がいた女子ロッジに不審に思われずに
出入りできるのは女性ではないかということで佳子ではないかと考えた。


夕子の推理が冴えていて犯人は彼女が真相を暴くのを防ぐために
夕子はひとりでいるときに二度何者かに襲われた。
二度とも宇野がかけつけ事なきを得たが、徐々に真実に近づいているのは明らかだった。



夕子は大分日報の記者が鏡の件で館長にあったときの話を聞いていて
『三角縁神獣鏡』に秘密があるのではないかと歴史民俗資料館へ宇野と行った。

幽霊半島


館長は和子、馬渕、深谷、佳子の四人から、
田代教授の誕生日に夢の見られるプレゼントをしたいと
館長が持っている三角縁神獣鏡が欲しいと言ってきた。
館長は持っていた三角縁神獣鏡を四人に渡した。


幽霊半島

彫金が出来る和子が鏡に”耶”の文字を掘る。
そして、古墳に埋めて、さも当時の貴重な遺跡が見つかったように
演出して田代教授を喜ばせようということだった。


和子たちは民子にもそのことを話した。
とんでもない計画に民子は当初猛反対したが
やがては自分も夢が見たくなりそれに協力した。


田代もそれに気が付いていたが、ダマされたふりをして
そのプレゼントを喜んで受け取った。


幽霊半島

宇野は夕子の協力もあって、和子殺しのトリックを見破った。
関係者たちを殺害現場に集め、その時の模様を実験することにした。
宇野は犯人を複数だと言い、実験が進んでいくと
馬渕が「あれは事故だった!」と叫んだ。

彼らは真相を話し出した。

和子が殺された晩、彼女は佳子の目を盗んで馬渕を誘惑した。
ふたりの事が心配になった佳子は秘かにふたりを付けてきていた。
ことが始まる寸前に佳子が部屋に乗り込み、馬渕と佳子は部屋から出ていってしまった。


その後、和子が東京に一緒に連れていってほしいと頼んでいた川村がやって来た。
川村は和子の要求を呑むといい、その条件として自分が第一発見者となっている
『三角縁神獣鏡』を盗み出してほしいと言った。
和子は目的のためならば手段を選ばない、当然承諾すると川村を誘い込み肉体関係に及んだ。



幽霊半島

和子はその後、民子のところにあった『三角縁神獣鏡』を盗もうとしたが
民子に見つかり激しい口論になった。
ニセモノとはいえ、田代へのプレゼントで民子に預かるように頼まれた品だ
そう簡単に渡すわけにはいかない。
そこへ深谷も来て民子に加勢した、民子ともみ合ううちに和子の服のボタンが
ひとつ外れてしまい、和子は誤って海に転落してしまう。
慌てた民子と深谷は和子を救出しようとして深谷はボートにあった
縄を和子めがけて放り投げた。
そこへ騒ぎを聞きつけた馬渕と佳子もやって来た。

彼らがようやっと和子をボートに救い上げたとき
投げた縄が運悪く和子の首にかかってしまい
引き上げたときに和子を絞め殺してしまった。
深谷は急いで人工呼吸を施すが、息を吹き返すことはなかった。

佳子は和子が自殺したと見せかけようといい
濡れている服を着替えさせようと代わりの服を取りに行った。
この姿をたまたま外に出てきた夕子に見られてしまった。


木で首を吊ったと見せかけるために
ボタンが取れて濡れたワンピースを佳子が持ってきた服に着せ替え
水で濡れてしまった髪をヘアドライヤーで乾かした。



川村は民子のもとに『三角縁神獣鏡』を取り返しに来たが、それが偽物と知って仰天した。
第一発見者の栄誉どころじゃなくなり、自分の立場が危うくなると
怒りに任せて民子の制止を振り切り、鏡をそばにあった電子ドリルで砕いてしまった。

民子は城陽大学を出て国東大学の助教授にしてもらったが
田代に恋をしていて助教授の地位よりも田代のそばにいたがった。
川村はそんな民子をめちゃくちゃにしてやろうと襲い掛かってきた。


幽霊半島

民子は落ちていたドリルを取り上げると
川村に来ないでと防御するが
怒り狂った川村は民子に向かってくる。

そこへ深谷が入ってきてもみ合っているうちに
ドリルは川村の胸を突き刺してしまった。
深谷は民子をかばい、その後割れた鏡を拾い集め
ドアを閉める時に中から棒を立てて密室にしてしまった。


このとき深谷が広い忘れた鏡の破片を夕子が見つけたのだ。
夕子の推理がどんどん真実に迫っていき
警告の意味で馬渕が夕子を二度襲ったのだ。


事件が解決し、東京へ帰ろうと空港へついた宇野に
夕子からメッセージが届いていた。

宇野が鼻の下を伸ばしながら座席に座ると
いつの間にか夕子がやってきて
証拠を持ち帰った罪で逮捕すると自分の腕に
オモチャの手錠をかけると、反対側を宇野の手首に掛けてしまった。



幽霊半島

夕子のこの芝居に周りの客もスチュワーデスも
不審者を見る感じでふたりを眺めていたが
夕子は全く気にせずに宇野にウインクしてきた。








「幽霊半島」はかなり昔に見てストーリーは全く忘れてました。
ですので今回初めて見るような気分で見てみました。


単に夕子が変わっていてこれまで通り話が進むのかと思ってましたが
永井夕子と新しい夕子は別人の設定だったんですね。
見始めて数十分してから、そういや初めて見たときも
この設定にびっくりしたんだっけと思い出しました。


浅茅陽子の時は女子大生という設定が違和感でしたが
田中邦衛とのコンビは息もピッタリで
恋人というより同士のような関係でした。


今回はパートナーが若返って
新しい夕子は父親を早く亡くしてちょっとファザコンで
だから中年の宇野とくっつくという感じでした。


永井夕子の時とは違って丸山夕子は宇野とはプラトニックな関係。

男は若くてかわいい女性が好きとはいえ
よりオジサン度がキツクみえる田中邦衛と
ファザコンとはいえ藤谷美和子という組み合わせが
イマイチしっくりこない。


といっても、藤谷美和子がとってもかわいらしくて
天然で茶目っ気たっぷりで魅力的。


だけど、田中邦衛との間に男女の愛が生まれるというのは
違和感があるんですよね。

もうホント、劇中で夕子が言っていた「ダディ」そのもので
お父さんもどきではあるけど恋人じゃないよなぁ。


この年の12月8日に最終作「幽霊同窓会」が放送され
それをもって幽霊シリーズは終了します。


藤谷美和子も魅力的だったので残念な気はしますが。
原作の宇野は40歳、夕子も女子大生のままなので
ここらで終わりなのはやむをえないかもね。


「幽霊半島」には「善人村の幽霊まつり」で
青年団長を演じた青木卓が地元の若手刑事で
「幽霊湖の花嫁」資産家の息子を演じた
森下哲夫が城陽大学の講師役で
「幽霊温泉」で同じく資産家の娘を演じた夏桂子が
国東大学の助教授役で出演しています。




浅茅陽子版の過去記事は以下の通り。

「幽霊列車」

「迷探偵コンビ危機一髪!善人村の幽霊まつり」 

「迷探偵コンビは死なず!幽霊湖の花嫁」

「幽霊温泉・迷探偵コンビ死の旅へ!」

「迷探偵コンビの危険旅行!幽霊結婚」



欠けている「幽霊海岸」と「幽霊学園祭」の放送もお願いしたいところです。



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「東京上空2000mワレ操縦不能」、「白い野望のメス」 (1977年) «  | BLOG TOP |  » 恐怖劇場アンバランス 第12話 「墓場から呪いの手」

お気に入り

カテゴリ

鹿島アントラーズ (261)
日本代表・サッカー (41)
雑記 (69)
ライフスタイル (681)
土曜ワイド劇場 (145)
昭和のテレビドラマ (21)
昭和の日本映画 (19)
映画(洋画) (20)
美術・展覧会レポート (60)
音楽・ライブレポート (17)
グルメ (186)
格闘技・プロレス (439)
ご案内 (2)

映画館で見た映画

ライブレポート

タグクラウド


最新記事

「京都花の宿殺人事件・奥嵯峨に消えた婚約者」 (1988年)  Oct 20, 2017
「探偵事務所・奇妙な依頼人!」 (1996年) Oct 19, 2017
「十和田湖畔偽りの花嫁」 (1995年) Oct 18, 2017
「無人霊柩車」 (1998年) Oct 17, 2017
「終着駅(ターミナル)殺人事件」  (1981年)  西村京太郎のトラベルミステリー第1作 Oct 17, 2017
サイゼリアの新メニュー・ノッチョーラがメリンガータに代わって登場! Oct 14, 2017
「密室から消えた美女」 (1992年) 探偵神津恭介の殺人推理第11弾 Oct 13, 2017
「東郷青児展-抒情と美のひみつ-」@損保ジャパン日本興亜美術館 Oct 08, 2017
上野「肉の街」の和牛3種類焼肉ランチ Oct 01, 2017
2017リーグ 第26節 アルビレックス新潟戦、天皇杯浦和戦、第27節 ガンバ大阪戦 Sep 18, 2017

管理人用リンク

他はリンク欄にまとめました

公式サイト

DREAM/ 新日本プロレス/ 鹿島アントラーズ/

国内WEBサイト

スポナビ/ GBR/ デイリー/ J’s GOAL/

海外WEBサイト

SHERDOG/ MMA NEWS/ MMA WEEKLY/ MMA-Core.com/

ランキングからブログを探す

人気blogランキング
鹿島アントラーズ

サイトマップ

カテゴリー別サイトマップへ

当ブログの人気ページ

ブログパーツ

最近のコメント

スポンサードリンク

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  01  12  09  08  12  02  01  12  11  10  01  01  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

リンク


Powered by SEO Stats

RSSフィード

QRコード

QRコード

LINKS

このブログをリンクに追加する

  • 総合格闘技ニュースブログ NHBnews PRO
  • 日刊H.T
  • 『誇り』を継ぐもの
  • Jリーグ(J1&J2)サッカーリンク集
  • スポトラ<スポーツトラックバックセンター>
  • PLAYERS.TV
  • My Sweet Hearts(旧ブログ)
  • 管理者ページ