Samurai Spirit ※画像転載禁止 

ブログの文章および画像の転載複写はご遠慮下さい
2017-08-08 (Tue)

「密室の死重奏(カルテット)」 (1987年)  藤原宰太郎 『密室の死重奏』

藤原宰太郎のミステリー研究会は植木等のシリーズが有名ですが
こちらはその前に、植木の役を仲谷昇が、助手を中村雅俊が演じたもの。


●「密室の死重奏・美しいマドンナをめぐる連続殺人!
相似形の謎」  1987年8月8日
原作: 藤原宰太郎 『密室の死重奏(カルテット)』  
脚本: 篠崎好
音楽: 大野雄二
監督: 村川透
制作: 松竹
出演: 中村雅俊、斉藤慶子、沖直美、藤堂新二、
長門裕之、仲谷昇、西田健、草薙幸二郎ほか



西川明夫は三十歳の舞台演出家の卵。
ある日、明夫が腹違いの妹で女子大生の中根美和子(内山みどり)の
マンションを訪ねると美和子が殺されていて、助教授の白石(堀光昭)が感電死していた。


密室の死重奏







通報を受けた山下警部(長門裕之)は、第一発見者の明夫を疑うが
彼のアリバイを証明したのは、山下の娘で美和子と同じ大学に通う
洋子(斉藤慶子)だった。



密室の死重奏



その後美和子が妊娠していたことや、部屋が密室だったことから、
白石が仕掛けた無理心中だと推測されるが
明夫は納得が出来ずミステリー研究家の久我京介(仲谷昇)に相談する。
その甲斐あって部屋の密室トリックはすぐに解けた。


白石には大学の理事長の娘・丸木順子(沖直美)と婚約していたという噂があったが
順子の兄・清三(西田健)はこれを否定した。


密室の死重奏




明夫が美和子の事件を追ううちに、彼女の仇を討ちたいと話していた
八木沢進という学生も殺されてしまう。
その現場に明夫がいたことから、またしても山下の取り調べを受けることとなってしまった。


(現在元記事の一部のみ公開しています)








土曜ワイド劇場でミステリー研究会(=久我京介シリーズ)というと
90年代の久我京介を植木等が演じた方が印象に残っていますが
本作はその何年か前に放送されたもの。



※※※ ミステリー研究会シリーズ ※※※


■ 「密室の死重奏(カルテット)」

■ 「瀬戸内ミステリー海流・無人島の首なし死体」

■ 「キャンパス迷路殺人事件・受験疑惑!密室殺人!!車の中に温かい死体が…」

■ 「湖畔の別荘、殺しのパズル・3つの死体に3つのトリック!」






応援よろしくお願いいたします⇒にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

鹿島アントラーズランキング


スポンサードリンク

Comments







非公開コメント