FC2ブログ
2018/02/20
展覧会レポート昭和のドラマ昔の土曜ワイド劇場懐かし邦画

Post

        

「画家一族150年の系譜 ブリューゲル展」@東京都美術館は混雑もなく前期は一部の作品が撮影可能

category - 美術・展覧会レポート
2018/ 02/ 20
                 
国立博物館で「仁和寺と御室派のみほとけ」を見に行った日に
東京都美術館で行われている「画家一族150年の系譜 ブリューゲル展」も見てきました。



ブリューゲル展




ということで、私が行ったのは金曜日の午後1時頃。
午前中の仁和寺展とうって変わり空いていたので、
落ち着いて鑑賞することが出来ました。




ヒエロニムス・ボスの影響が強いピーテル・ブリューゲル1世にはじまり、
その息子、ピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世、
孫のヤン・ブリューゲル2世とひ孫たちの作品が展示されています。



こちら会期の前半は、なんと一部の作品が撮影可能となっていました。


・・・ということで、撮影した作品の一部をご紹介。




ブリューゲル展 野外での婚礼の踊り

≪野外での婚礼の踊り≫ ピーテル・ブリューゲル2世   1610年頃


父ピーテル1世の数多く模写していたピーテル2世の作品。
ピーテル1世は農民の婚礼の場面を何点か描いており、
彼の死後、これらの作品は人気を博した。





ブリューゲル展 バグパイプ奏者と旅人のいる村


≪バグパイプ奏者と旅人のいる村≫ ピーテル・ブリューゲル2世 1580~1590年頃





ブリューゲル展 ガラスの花瓶に入った花束


≪ガラスの花瓶に入った花束≫ ヤン・ブリューゲル2世   1637~1640年頃

ピーテル・ブリューゲル1世の孫、ヤン・ブリューゲル2世。
彼は父ヤン1世と同じ作風を描いていた。





籠と陶器の花瓶に入った花束


≪籠と陶器の花瓶に入った花束≫ ヤン・ブリューゲル2世   1640~1645年頃







ブリューゲル展 彫刻と鍍金の施された花瓶に入った花束


≪彫刻と鍍金の施された花瓶に入った花束≫ ヤン・ブリューゲル2世、フランス・フランケン2世 
1625~1630年頃


ブリューゲル一族と同じく、画家一家のフランケン家の中でも最も著名な画家
フランス・フランケン2世との共作。
ヤンが花を描き、フランケン2世が彫刻の施された花瓶を担当している。





ブリューゲル展 果物と東洋風の鳥

≪果物と東洋風の鳥≫ アブラハム・ブリューゲル 1670年

ピーテル1世のひ孫、アブラハムはイタリアへ渡りローマとナポリで活躍しました。
こちらもローマで描かれた作品である。











ブリューゲル展 習作

≪蝶、カブトムシ、コウモリの習作≫ ヤン・ファン・ケッセル1世 1659年







全て見終わったところにある記念写真を撮影するスペース。


ブリューゲル展


こちらはチラシにもなっていた、ピーテル2世の「野外での婚礼の踊り」




ということで、一部の作品が撮影可能な前期でも平日の午後の入りは落ち着いていたので
おそらく土日でも混雑なしでゆっくり鑑賞できるのではないでしょうか。






近くの西洋美術館では、2月24日より「プラド美術館展が始まります。

プラド美術館展


以前の記事に書きましたが、チケットは購入済なので
なるべく早めに見に行きたいなと考えています。




関連記事
スポンサーサイト
                         
        

スポンサードリンク

                         

コメント

非公開コメント